タヌキおやじの日々の生活 ガンダム関連     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太田垣康男「機動戦士ガンダム サンダーボルト外伝」を読破!!



ガンダムサンダーボルトのサイドストーリー。
いささか、本編と画風が変わっていて、いつもの太田垣キャラよりリアルである。
サンダーボルトのキーワードの一つが音楽という文化であり、それを提供する登場人物がサンダーボルト放送局のDJであるナオミ(だっけ?)である。
サンダーボルト放送局というのは、連邦にもジオンにも属さずに運営されている海賊放送局であり、どのような放送局なのか、未だ不明である。
主人公のひとりのイオがジャズを好み、もうひとりのダリルはポップスを好む。
ある意味、伝統的な音楽と新鋭の流行歌のぶつかり合いとも言えるであろう。

目次
第1話 サンダーボルト放送局
第2話 ラストダンスは君と
第3話 Rescue me ①
第4話 Rescue me ②
第5話 Rescue me ③
第6話 レナードの帰還

サンダーボルト宙域で、一対一のMS戦に勝利するも、自機が大破し、行動不能になった連邦軍MSパイロット、シムズ少尉。
残った酸素が少なく、救援もすぐには望めない状況で、撃墜した敵のザクから酸素を奪おうとするも、敵のパイロットが負傷、意識を失っており、少尉は、彼を殺して酸素を奪うことに躊躇を覚える。
第一次世界大戦の塹壕戦でスナイパーが毎日、ある敵兵の様子を観察し続けるうちに敵兵に親近感を持ってしまい、ついには殺せなくなってしまうという逸話をどこかで聞いたことがあったが、そのような人間の心情の機微をうまく描いているといえると思う。
ラストダンスは君と、、、は、恋人のマーガレットを故郷において出征したボールのパイロットのトーマスが主人公。
まあ、あれです。男というのは、何かが成功に終わったら、おんなにプロポーズをしようとか、交際を申し込もうとか、よくあるわけです。
そういうときというのは、ある意味、男としての自信が高揚している時であり、また、時期的にもいいわけですよ。
ところが、往々にして、そんなにウマく事が運ぶわけもなく、ことが不成功に終わることが多いわけです。
管理人としては、そんなん関係なくプロポーズとか交際申し込みとかしちゃえば良いのにねと思うのですが、人間の心理としては、何かに成功したらとか条件をつけたがるわけですよ。
ある意味、「やる」「やらない」とかつぶやきながら花から花びらを一枚一枚抜いていって、やるかやらないか決めるのと本質的には同じであると思います。
この主人公のトーマスは、ほぼ迷いはないみたいですが、そんな最中の男の心情を描いた短編かと。。。
Rescue meは、戦争において多々ある戦争犯罪にまつわる話かと。。。。
現実問題として、戦争という非日常においては、いつもより多くの犯罪が起こるらしいです。
捕虜を虐殺したり、民間人を虐殺したりと。。。。
現代の軍隊においても、レスキュー部隊というのがあるわけです。
特に、戦闘機のパイロットというのは、育成に長時間とコストがかかっていて、簡単に育成できないので、撃墜された場合に、救助するための特殊部隊的なレスキュー部隊があります。
これらのレスキュー部隊は、自衛隊でもあって、災害派遣とか救難救助で活躍しています。
ジオン公国軍に敵味方なくレスキューするレスキュー部隊というのがあって、そればかりを条約に違反して攻撃する連邦軍のMSパイロットがいて、それに対して、救助されたジオン軍と連邦軍の将兵がレスキュー部隊と協力して、そのアブノーマルパイロットと戦うというストーリー。
管理人は、むかし語学留学して感じたのは、どこの国の人は仲良くできないとかそういった単純な考えではなくて、比率はあるものの、自国だけでなく、外国でさえ、仲良くなれる人となれない人がいるという現実ではなかろうかと。
ある状況に置かれれば、敵同士でさえ、協力することはあるという人類の未来を考える上での希望をみせようとした短編ですかね。
ドイツ軍とイギリス軍で一緒に大西洋で遭難して協力してボートの排水をしながらオールを漕いで生き残ったという例もあるそうなので、まあ、現実は、一般の人々が考えているよりはるかに複雑であると。。。。
相性もあるし、状況とか、文化の違いとかいろいろな要因が絡んでくるわけです。
最後のレナードの帰還はある意味、この短編集の中では一番単純かと。。。
サバイバルという一言につきます。
まあ、この短編集、すべてサバイバルにまつわる話ばかりなのですが。。。。
ファーストガンダムでのナレーターのあの名言、「君は生き延びることができるか?」というやつですね。

自分の評価
★★★☆☆55点

初巻の記事太田垣康男「機動戦士ガンダム サンダーボルト」1巻

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

太田垣康男「機動戦士ガンダム サンダーボルト」8巻を読破!!



内容の紹介(カバー裏面より引用)
『「一年戦争」におけるサンダーボルト宙域での激戦を生き延びたイオ・フレミングとダリル・ローレンツ。
ふたりの宿命は翌0080年、「地球」へと持ち越された。
カルト教団「南洋同盟」に奪われた「リユース・P・デバイス」を取り戻すことが使命の「サンダーボルト作戦」で、アトラスガンダムを与えられたイオ。
一方、開発者であるカーラ教授への愛から、ジオン残党として小隊を率いてデバイス奪還を目指すダリルは、サイコ・ザクの鍵を握る傷痍軍人の町・リグへと潜入する―――。』

このシリーズが映像化されるということで、だいぶ発刊が遅れた本巻。
初代ガンダム放映から30年以上が経った今でも根強いファンが多いガンダムシリーズ。
バンダイとか関連企業にとっては、確実に売り上げが見込めるコンテンツであろう。
地球でのダリルたちの乗機は、アッガイ。
モビルフォートレス「ゾック」に搭載されたダリル小隊は、南洋同盟の基地を襲撃する。
ジオン残党の上層部は、何千もある南洋同盟の拠点を虱潰しにしようとするが、ことごとくはずれであった。
そこで、ダリルが見た光景は、民間人と南洋同盟の僧侶の凄まじいまでの殺戮であった。

また、ジオン残党上層部の腐敗なども書かれ、敗れた軍隊の残党が一枚岩ではないことがわかる。
そして、業を煮やしたダリルたちは、傷痍軍人が消える町リグに潜入を果たす。
そこで、ダリルたちが見たものは。。。。

おそらく東南アジアの町であろうリグ。
地球の文化に、ダリルらスペースノイドたちが触れるシーンが印象的である。
宗教をはじめとして、食文化に家族文化に風俗文化。。。
宇宙にまで人類の居住範囲が広がった世界では、人類が現代より多様性を広げたというような設定になっているのであろうか。
多様性が広がった一方で、食文化に風俗文化と、人間の根本である部分は変わらないと。。。。
そのような記述が所々にある。
地球の文化がサンダーボルトの地球編のひとつのキーワードであるのかと思う。

自分の評価
★★★☆☆70点

前巻の記事太田垣康男「機動戦士ガンダム サンダーボルト」7巻
初巻の記事太田垣康男「機動戦士ガンダム サンダーボルト」1巻
外伝の記事太田垣康男「機動戦士ガンダム サンダーボルト」外伝

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

太田垣康男「機動戦士ガンダム サンダーボルト」7巻を読破!!



内容の紹介(カバー裏面より引用)
『サンダーボルト宙域での殲滅戦を生き延びたイオ・フレミングとダリル・ローレンツ。
 ふたりの宿命は翌0080年、「地球」へと持ち越された。
 カルト教団「南洋同盟」に奪われた「リユース・P・デバイス」を取り戻すことが使命の作戦「サンダーボルト作戦」で、アトラスガンダムを与えられたイオ。
 一方、開発者であるカーラ教授への愛から、ジオン残党軍として小隊でデバイス奪還を目指すダリル。
 そしていよいよ、連邦と南洋同盟の戦いが始まった。
 そこでイオが見た衝撃の光景とは――――。』

アトラスガンダムとガンキャノンアクアが修理のため、待機中のイオとビアンカ。
そのさなか、南洋同盟のMSグフの大群がスパルタンを迎撃するためにドダイにのってやってくる。
その指揮官は、サンダーボルト宙域で死んだはずのクローディアであった。
映像に映されたクローディアを見たイオは逆上し、クローディアに接触するための行動を起こす。
ここらへんは、あれでしょう、広大な戦場で会いまみえる可能性が極めて低い主人公格ふたりが何度も出会ってしまうというロボットアニメにはよくある設定です。
ものすごく現実的にロボットアニメを作ってしまうと、敵同士に分かれた主人公格のふたりは一度も戦場では会わないまま戦闘や戦争が終わってしまうという結果になるわけです。
そもそも敵パイロットの素性とか顔が分かる必要があるのかと。。。。
顔が分かってしまうと、殺すのに躊躇するようになるのではなかろうかと。。。。
管理人は思うわけですが。。。。
ともあれ、南洋同盟の宗教にはまっちゃったっか、洗脳されているかのクローディアは、スパルタンにはひたすら反抗的な態度を取ります。
そして、ついに戦闘開始と。。。。
サンダーボルト宙域では、かなりのあまちゃんだったクローディアですが、ここでは、その欠片もありません。
いったい、クローディアに何があったのかと。。。。
イオもそれを考えて、クローディアに接触するために、クローディアが登場するドダイを見つけようと、アクロバティックにMSジム改を操ります。
まあ、アムロレイのガンダムの操作も顔負けに、ビアンカの操縦するベースジャバーを足台にしてジム改に自由に空を舞わせ、バッタバッタとドダイを撃墜していきます。
そして、クローディアが乗ったドダイを見つけ出し、コックピット越しに対面というときに、お邪魔が入り、、、

また、一方でスパルタンではグフの背中に乗っていた南洋同盟の歩兵が侵入して白兵戦が行われていました。
その目的は。。。。

サイドストーリーですが、これにはニュータイプが出てくると。。。。
敵ボスのレヴァン・フウは、連邦の施設で実験体であったニュータイプであると最後に参謀から一同は知らされるわけです。
そして、南洋同盟の本拠で祈祷をするレヴァン・フウ。
その前には、完成間近のサイコ・ザクの姿がありました。
はたして、サイコ・ザクの復活はあるのかどうか???

自分の評価
★★★☆☆70点

次巻の記事太田垣康男「機動戦士ガンダム サンダーボルト」8巻
前巻の記事太田垣康男「機動戦士ガンダム サンダーボルト」6巻
初巻の記事太田垣康男「機動戦士ガンダム サンダーボルト」1巻
外伝の記事太田垣康男「機動戦士ガンダム サンダーボルト」外伝

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

Ark Performance「機動戦士ガンダムMSV-R ジョニー・ライデンの帰還(12)」



ジョニーライデンの帰還12巻が出たので、さっそくキンドルで購入。
ジャブローでの戦いが収束し、戦いは宇宙(そら)へと移行しようとしています。
そのために、テミス(オクスナー陣営)、ヤザンたち(ゴップ陣営)、レッドたち(FSS陣営)でその準備を開始します。
宇宙での戦いの前の静けさといった巻でしょうか。
宇宙では、シャア・アズナブル率いるネオ・ジオンとキマイラの勢力がサングレ・アスルを狙っています。
五つの勢力がザビ家の遺産に群がるという状況。

MATERIAL-L060 ”BRIEFING”
キマイラ第二小隊の面々が茨の園に拠点を構え、サングル・アスルに気がつくという場面。
一方、地球では、ヤザン、イングリッド、ゴップで会合が開かれています。

MATERIAL-L061 ”ACTIVITY CLUB”
また、スペースコロニーの一つ、スウィートウォーターでは、シャア大佐とその幕僚たちが会合(ブリーフィング)を開き、ザビ家の遺産を奪取することを決定。

MATERIAL-L062 ”TRAIL BLAZER”
FSSの面々は、キャリフォルニアベースに。。。
ここには、アーガマを打ち上げるためのブースターがありました。
フーバーは、このブースターを使って、アーガマ級巡洋艦ニカーヤを宇宙に上げようと画策します。
ここでは、フーバーの実力の片鱗が示されます。
財務省に連絡して、巡洋艦一隻分の予算を獲得したり、ムサイ級三隻を獲得したりと。。。。
このおっさんも、ゴップやオクスナーと同じでかなりのタヌキぶりです。
ジオン潜水艦隊の面々は、FSSで新たに結成される艦隊の乗員となることが決定。


MATERIAL-L063 ”...SIGH”
サラミス・ネルソン級巡洋艦。
従来のサラミス級の両側部に格納庫とカタパルトを設置して、MS母艦機能を持たせたもののようです。
これは、一年戦争末期のもののようです。
そして、フーバーとディドコットの過去が描かれます。
ディドコットがネルソン級の艦長で、艦隊の指揮を取り、フーバーはMS隊の指揮を取って、ジョニーライデンが収容されている病院船を護衛しているようです。
しかし、ジオン軍の残存勢力の襲撃があり、病院船は小破し、負傷者のなかの誰がジョニーライデンかわからない状況になってしまいます。
しかし、時が経って、フーバーらが言うには、各証拠からレッドは99%ジョニーライデンであると。。。。
そして、ジャコビアス率いるテミスは、ネェル・アーガマで宇宙にいくことに。。。


MATERIAL-L064 ”IN KENNEL”
MCV-73 ブランリヴァル
これもホワイトベース級だったと思います。
プレステのゲームに出てきた艦ではなかったかと。。。

ブランリヴァルには、ヤザンやイングリッドが搭乗しています。
ヤザンら三人は、ジェガンの改良機に乗り、イングリッドは、ヘビーガンダムに乗って、模擬戦を行っております。
ヘビーガンダムは、まるで自分が意思を持っているかのように、勝手に動くと。。。
ヤザンはそれに気づいており、イングリッドに尋ねます。
その勝手に動くガンダムの調子はどうかと。。。

懐かしい新たな艦艇や、ジェガンが出てきてMS好きにはうれしい巻でした。
次巻では、FSSの新MSが何なのか、楽しみです。
それにしても、フーバーの胡散臭い裏技の数々には驚かされます。
このおっさんのキャラもジョニーライデンの帰還の魅力でしょう。

自分の評価
★★★★☆75点

前巻の記事 ジョニー・ライデンの帰還(11)
1巻の記事 ジョニー・ライデンの帰還(1)

ポチっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ

太田垣康男「機動戦士ガンダム サンダーボルト」6巻を読破!!


内容の紹介(カバー裏面より引用)
『宇宙世紀0079年、サンダーボルト宙域での殲滅戦を生き延びたイオ・フレミングとダリル・ローレンツ。
 ふたりの宿命は翌0080年、「地球」へと持ち越された。
 カルト教団「南洋同盟」に奪われた「リユース・P・デバイス」を取り戻すことが使命の作戦「サンダーボルト作戦」で、アトラスガンダムを与えられたイオ。
 一方、開発者であるカーラ教授への愛から、ジオン残党軍として小隊でデバイス奪還を目指すダリル。
 ふたりの思惑も超えて、今、南氷で戦争が始まる――――。』

GUNDAM FIX FIGURATION #0028 ガンキャノンMG 1/100 ジオン公国軍量産型水陸両用モビルスーツ MSM-03 ゴッグ (機動戦士ガンダム)
いきなりビアンカのガンキャノンがゴックを撃破した後の場面。
ビアンカは敵パイロットを拘束すべく、吹雪のなか、氷雪の上を銃を持って歩いている。
そして、敵パイロットに照準を定めた直後、増援のズゴックらが。。。
MG 1/100 MSM-07 ズゴック (機動戦士ガンダム)

6巻のストーリー構成は、かなり変わっている。
まず始めにビアンカがジオン残党軍のゴックを倒している光景。
その2時間前の状況、8時間前の状況、13時間前の状況、15時間前の状況、30時間前の状況、35時間前の状況と遡り、ビアンカがゴックを倒した状況を解明していく。
そして、現在。。。
アトラスガンダムが登場と。。。。
機動戦士ガンダム サンダーボルト 5 フルカラー設定集付き限定版 (ビッグコミックススペシャル)
新兵器のレールガンで敵水陸両用MSをバッタバッタと倒していきます。
その後、敵潜水母艦を撃沈すべく、水中に潜るもグラブロが立ちはだかると。。。
1/550 MAM-07 グラブロ (機動戦士ガンダム)
アトラスガンダム、ありえない万能さです。水中戦もできると。。。。
戦闘が終わって、スパルタンのクルーは、はじめての戦死者に沈痛なムードが流れています。
この巻は、かなりいつもと異なるストーリー構成になっています。
いきなり、ビアンカの死闘が終わったところから始まるので、面喰うことはあるのですが、一種の推理小説的な楽しみ方ができる艦といってよいかと。。。
次巻は、ついに南洋同盟の支配地域に進撃するらしいです。

自分の評価
★★★☆☆70点

次巻の記事太田垣康男「機動戦士ガンダム サンダーボルト」7巻
前巻の記事太田垣康男「機動戦士ガンダム サンダーボルト」5巻
初巻の記事太田垣康男「機動戦士ガンダム サンダーボルト」1巻
外伝の記事太田垣康男「機動戦士ガンダム サンダーボルト」外伝

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。