タヌキおやじの日々の生活 塩野七生     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塩野七生「皇帝フリードリッヒ二世の生涯」下巻を読破!!

皇帝フリードリッヒ二世の生涯 下皇帝フリードリッヒ二世の生涯 下
(2013/12/18)
塩野 七生

商品詳細を見る


下巻は、はてしないローマ法王との戦いとフリードリッヒの国づくりに多くが費やされる。
ナナミンによればフリードリッヒは、政教分離を推し進めようとしたとあるが、そこまでは考えなくても、ローマ法王が口出しできない国づくりをしようとしていたということは言えるのかと思う。
しかし、フリードリッヒは、先駆者でありすぎた。
また、彼がつくった国は、彼の力量によるものが大きかった。
そのため、彼の帝国は、彼の子たちが次々に非業の死を遂げ、ついには瓦解してしまう。

目次
第七章 すべては大帝コンスタンティヌスから始まる
間奏曲(intermezzo)
第八章 激突再開
第九章 その後

宗教というのは人の助けにもなるのだろうが、厄介なものでもある。
特に、宗教指導者とか信者が狂信的になったとき、厄介だ。
ルネサンスや産業革命を経て、キリスト教は穏健化するが、現代でもイスラム教の一部は、狂信的といえるのかと思う。
フリードリッヒの時代にローマ法王がはじめたのが、異端裁判だそうな。
魔女狩りというやつである。
現在では、過去にローマ法王が行った過ちの一つであるとされる。
その災厄というと、すさまじいものであったらしい。
フリードリッヒは、北部イタリアの都市国家の攻略を始める。
このことは、政教分離などと同じく、ローマ法王の反感を買うことであった。
彼の子たちは、ローマ法王と和解しようとして失敗するが、フリードリッヒがローマ法王と敵対しすぎたのが原因ともいえる。
フリードリッヒのやり方はあまりにも急進的過ぎたと言えるであろう。
かれは、何度も結婚して愛人もたくさんいたので、嫡子や庶子がたくさんであった。
おもしろいのは、跡継ぎ以外は、一緒に育てたこと。
また、将来の国の幹部である諸侯の息子たちも一緒に育てたことである。
神聖ローマ帝国の士官学校みたいなものであろうか。
そのため、フリードリッヒの死後も、仲間割れはほとんどなかった。
フリードリッヒの時代に、幹部候補生による反乱未遂があったくらいである。
前に、チェーザレ・ボルジアが日本の織田信長に似ていると書いたが、この人も織田信長に似ているところがあると感じた。
時代の革命児たちがどのように生き、その影響が現在にどのように及んでいるかを知るためによい本かと思う。

自分の評価
★★★★☆70点

上巻の記事
塩野七生「皇帝フリードリッヒ二世の生涯」上巻

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

塩野七生「皇帝フリードリッヒ二世の生涯」上巻を読破!!

皇帝フリードリッヒ二世の生涯 上皇帝フリードリッヒ二世の生涯 上
(2013/12/18)
塩野 七生

商品詳細を見る


ナナミンの最新刊である。
一連の作品から、また、ナナミンが語ったことからすると、ナナミンのミッションは、地中海世界の歴史を網羅しながら、作品にしていくことらしい。
フリードリッヒ二世という人も、その過程において重要なピースであると。。。。
フリードリッヒ二世という人がどういう人かは、あまり日本では知られていないと思う。
簡単に説明すると、12~13世紀の人で、神聖ローマ帝国の皇帝であった。
日本の源頼朝より少し後の時代の人である。
また、世界で初めての専制君主と呼ばれる人である。
神聖ローマ帝国というのは、軍事力を持たないローマ法王が自分を守らせるために任命した皇帝が統治したドイツ諸侯からなる連邦国家みたいなものである。
統治といっても、ゆるいもので鎌倉幕府と同じようなものであったのではなかろうかと我輩は思う。
それから、ナナミンは、彼をルネサンスの先駆けであったとする。

目次
第一章 幼少時代
第二章 十七歳にして起つ
第三章 皇帝として
第四章 無血十字軍
第五章 もはやきっぱりと、法治国家へ
第六章 「フリードリッヒによる平和」(Pax Fridericiana)

日本では、戦国時代というのは、百年くらいで終わったが、イタリアでは、古代ローマ帝国消滅後、1400年くらいに渡って、混迷の時代が続いた。
だから、1400年くらい、群雄割拠で戦国時代みたいな感じではなかったのであろうか。
フリードリッヒが生まれる前の状況として、シチリアと南部イタリアは、シチリア王国というのがあった。
これは、イギリスやフランスの歴史にも影響を与えたノルマン人がつくった王国だ。
そして、ローマを含む中部イタリアは法王領であり、北部イタリアは、都市国家などが群雄割拠する状態であった。
そして、フリードリッヒは、神聖ローマ帝国皇帝とシチリア王国の王女の子であり、両国の継承することができる人間であった。
しかし、歴代のローマ法王は、北と南が同じ勢力の手に帰することを嫌がった。
自分の領地が挟み撃ちになるからである。
そのようなわけで、フリードリッヒは、神聖ローマ帝国の継承権を手放した状態でシチリア島において育った。
当時のシチリア島は、古代ローマ帝国消滅後、イスラム人が占領し、その後、フリードリッヒの祖先を含むノルマン人が占領したという状態であった。
ノルマン人は、少数で征服を成し遂げたが、統治するのは少数では難しかったため、イスラム住民を含む領民たちが不満を感じないように寛容な統治を行った。
そのため、多様性のある文化が花開いた。
そのような中で育ったフリードリッヒは、六か国語を話すことができるという国際的な教養を身につけた。
まあ、いろんな人がいる中で育つと、自然とバランス感覚が身につくということもあると思う。
適齢になって、シチリア王国を継承した後に、時の神聖ローマ帝国皇帝が反ローマ法王となったので、ローマ法王から神聖ローマ帝国皇帝の継承を認められ、神聖ローマ帝国の掌握に赴く。
イタリアからドイツに行ったときに手勢は数騎であったというので、ローマ法王の支援があったというものの、ドイツの掌握に成功したのは、フリードリッヒの力量を示していると思う。
そして、神聖ローマ帝国とシチリア王国の地盤を固めて、十字軍遠征を行う。
この時に特異であったのが、かれは、イスラムのスルタンの交渉によってエルサレムを獲得したということだ。
かれが国際感覚が豊かであったことと、現実主義者であったことと、イスラム文化に対して理解があったことがこのような十字軍を成功させた要因であっただろう。
しかし、原理主義者というのは、キリスト教にしろ、イスラム教にしろ、そういったことを許さないのである。
あくまでも、戦いによって血を流すことによって目的を達成しなければならないと。。。
そういうわけで、熱心なキリスト教徒からは、おおよそフリードリッヒは歓迎されなかったらしい。
次に、フリードリッヒが目指したのが、法治によって、官僚と皇帝が治めるゆるやかな専制国家であった。
この人がそのためにつくった憲法みたいなものが、カプア憲章とメルフィ憲章というものであった。
また、ナナミンは、フリードリッヒが政教分離を図ろうとした初めての人であるとする。
このことは、ローマ法王と正面衝突することになり、果ては、彼の死後、彼の帝国が長続きしない理由ともなる。
まあ、時代の先駆者というのは、損をしやすいと。。。
しかし、歴史的評価は高くなると。。。。

塩野七生「皇帝フリードリッヒ二世の生涯」下巻に続く。

自分の評価
★★★★☆70点

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

塩野七生「三つの都の物語」を読破!!

もう少しでお盆休み~

三つの都の物語三つの都の物語
(1999/09)
塩野 七生

商品詳細を見る


「ローマ人の物語」に続いて「三つの都の物語」を再読する。
同じく塩野七生作の「海の都の物語」と混同しそうなので、気をつけたい。
これも、だいぶ昔に買った本であった。たぶん10年以上前のことだと思う。
買った時に、えらい立派な装丁だなと思ったのを覚えている。
が、内容についてはほとんど忘れていた。
架空の人物を実際の史実に登場させた形の歴史小説である。
まあ、「ローマ人の物語」は歴史小説と歴史書の中間くらいといってよいと思うが、本書は完全に歴史小説である。
舞台は、16世紀前半のイタリアであろうか。
シリーズものである「緋色のヴェネツィア」「銀色のフィレンツェ」「黄金のローマ」の三冊をまとめて一冊にしたものであるようだ。
あとがきでナナミンが述べているように、各章の主人公は都市であると。
つまり、ヴェネツィアとフィレンツェとローマである。
本書を読んで改めて思ったが、ナナミンは、歴史書より歴史小説を書く方が得意なのではないかと思った。
小説として構成もしっかりしているし、登場人物が魅力的だし、文章が「ローマ人の物語」と較べてスムーズだ。
主人公が創作された一組の男と女なのだが、当然のごとく、恋愛小説の要素もある。
というかかなりの要素を占めている。
ナナミンは、恋愛小説を書いても、なかなか上手に書くのだなあと思う。
まあ、女性であるナナミンならではの恋愛小説である。
そういう意味で、あくまで男性視点の司馬作品等とは、一線を画しているなあと思った。

ともあれ、あらすじだが、先ず、緋色のヴェネツィア。
16世紀前半、ヴェネツィア共和国は、オスマントルコ、スペイン、神聖ローマ帝国の三強大国に挾撃され、国家存亡の危機に瀕していた。
若きヴェネツィア貴族であるマルコは、元首の庶子であり親友のアルヴィーゼに再会する。
再会した時のアルヴィーゼの姿は乞食のものであった。
マルコは、アルヴィーゼらとともに、イタリアに触手を伸ばす皇帝カルロスからヴェネツィアを守るために奔走する。
そして、マルコの愛人である謎のローマの遊女オリンピア。。。。
ヴェネツィアとコンスタンティノープルを舞台に権謀術数が渦巻く。
次に、銀色のフィレンツェ。
マルコは、公職を離れ、旅に出て、その途中で、共和国滅亡後のフィレンツェに寄る。
そこで、ヴェネツィアで別れた遊女オリンピアと再会したのであった。
そして、フィレンツェを治める暴君である公爵アレッサンドロに逮捕され、無実の罪を着せられて処刑されそうになった宿の主人を助けるために奔走する。
だが、また、ここでも権謀術数が。。。。。
最後に、黄金のローマ。
マルコは、フィレンツェを離れ、オリンピアと共にローマで生活することになる。
ローマは、かつての古代ローマの面影が色濃く残る都市であった。
マルコは、古代ローマの遺跡群を見たり、ミケランジェロや様々な人々に会ったりするうちに、政治を離れて、ローマで一生を送ろうかという気になる。
が。。。。。という感じです。

各作品は、殺人事件が導入となっているが、ミステリーではない。
読み進めて行くうちに、それらの殺人事件と物語との関係が明らかになっていくという構成を取っている。
マルコは、古代ローマの遺跡を見て行くうちに、祖国ヴェネツィアが衰亡していくことに思いを馳せる。
祇園精舎の鐘の音ではないが、衰亡期に入った国や滅亡した国についての哀愁感を感慨深く読むことができる。

愛憎あり、陰謀あり、夢あり、挫折ありの夢中になって読める一冊であると思う。

参考
緋色のヴェネツィア―聖(サン)マルコ殺人事件 (朝日文芸文庫)緋色のヴェネツィア―聖(サン)マルコ殺人事件 (朝日文芸文庫)
(1993/06)
塩野 七生

商品詳細を見る
銀色のフィレンツェ―メディチ家殺人事件 (朝日文芸文庫)銀色のフィレンツェ―メディチ家殺人事件 (朝日文芸文庫)
(1993/10)
塩野 七生

商品詳細を見る
黄金のローマ―法王庁殺人事件 (朝日文芸文庫)黄金のローマ―法王庁殺人事件 (朝日文芸文庫)
(1994/12)
塩野 七生

商品詳細を見る

※単行本は中古品しかないみたいである。文庫本は在庫があるみたいだし、装丁はよくないけど、吾輩としては、こっちがお薦め。

自分の評価
★★★★☆70点

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

塩野七生「ローマ人の物語15-ローマ世界の終焉」を読破!!

野田首相がやばそうである。
文字通り、四面楚歌である。
吾輩も似たような目に合ったことがあるので、後ろ向きになるのもよくわかるが、ここまで来た以上攻め続けて欲しい。

ローマ人の物語 (15) ローマ世界の終焉ローマ人の物語 (15) ローマ世界の終焉
(2006/12)
塩野 七生

商品詳細を見る


ついに最終巻である。
本巻では、紀元395年から紀元476年までのローマ帝国と紀元476年以降ローマ滅亡直後のローマ世界が書かれる。
第一部が、「最後のローマ人」、第二部が、「ローマ帝国の滅亡」、第三部が、「帝国以後」という構成になっている。
ローマ人の諸行と呼べるのは、第一部「最後のローマ人」までであろう。
それ以降は、完全に蛮族に主導権を握られ、主人公は蛮族となり、西ローマ帝国は消滅する。
そして、第三部「帝国以後」では、西ローマ帝国の遺産がいかにして崩壊していったかを書く。
まあ、付録みたいなものであろうと思う。
しかし、この部には、中東や北アフリカにおいて7世紀以降、急速にイスラム化が進んだ原因が書かれているように感じた。

テオドシウス帝が死去した後は、帝国東部を長男アルカディウスに、西部を次男ホノリウスに受け継がれた。
このことは、西ローマ帝国と東ローマ帝国に分裂したことにつながった。
そして、テオドシウス帝から軍事を任されたのが、後世の史家から「最後のローマ人」と呼ばれた「スティリコ」であった。
この人は、父親がゲルマン人で母親がローマ人の半蛮族(セミ・バルバス)であった。
最後のローマ人と呼ばれることになる人物が半蛮族であったことが、一番最後のローマらしいエピソードであったのではなかろうかと思う。
しかし、この人は、末期症状のどの国においても起こるように足を引っ張られ続けたあげく、策謀にかかって刑死する。
どんな国でも末期になると、一人や二人の人材ではどうにもならないのである。

そして、七転八倒したのち、西ローマ帝国は消滅する。
ときは、西暦476年のことである。
首都ローマが陥落の後に滅びたとかではなく、皇帝になるものがいなくて消滅したと。。。。
ちなみに、東ローマ帝国は、西暦1453年まで生き長らえる。
東ローマ帝国の滅亡をもって、ローマ帝国の滅亡とする人もいるみたいだが、ナナミンは、西ローマ帝国の消滅をもって、ローマ帝国の滅亡とするとしている。
なぜなら、ローマは、都市としてのローマがあってはじめてローマであったのだからと。。。。
しかし、系統としてのローマというならば、東ローマ帝国として残ったわけである。
ここらへんは、人それぞれの取り方の違いであろう。
まあ、ナナミンは、おそらく東ローマ帝国に魅力を感じていなくて書く気になれなかったのもあるかもしれない。
ともあれ、西ローマ帝国の最後であるが、ヴェネチア共和国の最後と類似していると感じた。
長期間にわたって、緊張状態を持続させ、努力を続けた後に、ぷっつりと弛緩状態になって、そのままあっけなく最後を迎えたという感じである。
両方とも、本当に最後はあっけないのである。

そして、帝国以後である。
西ローマ帝国消滅以後、イタリア半島は、パクス・バルバリカという蛮族統治下の平和を迎える。
その下で元老院などの組織も引き続き存続する。
しかし、それらローマ帝国の遺産を消滅させ、イタリア半島を疲弊させたのは、再びローマを回復しようとする東ローマ帝国のユスティニアヌス帝であった。
本来、同胞であるはずの東ローマ帝国軍によってイタリア半島が完膚無きまで疲弊させられたのは皮肉としか言いようがない。
東ローマ帝国は、東方ではササン朝ペルシアと骨肉の争いを演じ、イタリア半島や北アフリカでは圧政を敷いた。
なんとなく雰囲気では、イスラム勢力が台頭する下地というものが感じられたような気がした。
そして、ユスティニアヌス帝の死去とそれ以降の歴史を簡単に書いて「ローマ人の物語」を終わらせている。

ローマ帝国が後世に残した影響について考えてみる。
先ず、ルネサンスは、古代ローマの学問・文化を復興させようとしたものであったと思う。
そして、ルネサンスは、西欧が世界に先駆けて産業革命などを起こして、発展する下地になったと我が輩は思う。
また、ユーロも手本をローマ帝国においていると聞いたことがある。
と、現代西欧文明に多大な影響を与えているわけである。

ともあれ、人間の歴史において、多民族を従えた帝国は数多く現れたが、今現在、敗者を同化させるという習慣を持った民族・帝国はローマ帝国以外に現れていないのである。
ナナミン補正がかなり入っているとは思うものの、普遍性とは何か、統治・政治の技術とは、どういうものかを考えさせられるという意味で非常に面白い読み物であった。

関連記事
塩野七生「ローマ亡き後の地中海世界」上巻を読破!!
塩野七生「ローマ亡き後の地中海世界」下巻を読破!!
※ローマ滅亡後の地中海世界を書いた塩野七生の著作。
「ローマ人の物語」の続編と言ってよいと思う。

自分の評価
★★★☆☆65点

前巻の記事
塩野七生「ローマ人の物語14-キリストの勝利」を読破!!
1巻の記事
塩野七生「ローマ人の物語1-ローマは一日にして成らず」を読破!!

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

塩野七生「ローマ人の物語14-キリストの勝利」を読破!!

日によって気温の差が10度くらいあるのか。
えらい気温差である。

ローマ人の物語 (14) キリストの勝利ローマ人の物語 (14) キリストの勝利
(2005/12/27)
塩野 七生

商品詳細を見る


本巻では、紀元337年から紀元395年までのローマ人の諸行が書かれる。
第一部が、「皇帝コンスタンティウス」、第二部が、「皇帝ユリアヌス」、第三部が、「司教アンブロシウス」という構成になっている。
目次を見て、一番始めに感じるのは、第三部の題名が、司教アンブロシウスとなっていることである。
今までは、部の題名は、時の皇帝の名などが付けられることが多かった。
しかし、第三部の時代は、皇帝が、始めは、複数人、後半は、テオドシウスであるにも関わらず、司教の名が題名となっている。
本巻の題名も「キリストの勝利」であり、裏を返して読めば、「ローマ・ギリシア教の神々の敗北」なのである。
そして、キリストの勝利を導いた一人が、司教アンブロシウスなのであった。
キリストの勝利とは、キリスト教がローマ帝国の国教となり、他の宗教を信じることが禁止されたことを意味する。
ナナミンを始め、古代ローマの研究者たちは、ありとあらゆるイフ(IF)について述べる。
あそこで、ああしていれば、キリスト教は、今日のような繁栄はなく、キリスト教とローマギリシアの神々が混在する形になっていたであろうなど。。。である。
しかし、7世紀になって、中東で、同じく一神教のイスラム教が勃興して、爆発的な広まりを見せたことを考えると、キリスト教が広まったことは、必然ではなかったかと思う。
キリスト教が広まったのは、おそらく、帝国の凋落、北方蛮族の侵略などで、将来に対する不安が高まり、世相が暗くなっていたことと関連していると思う。
今日現在でも、新興宗教が信者を獲得する際には、人の恐怖や不安を煽って、その弱みにつけ込むことが多いと思うからだ。
それに、ローマギリシアの神々よりキリスト教の方が、不安を抱える民衆の心に受け入れやすい教義を持っていたことも一因かと思われる。

ともあれ、題名の通りだが、前半の主人公は、コンスタンティウス帝であり、中盤の主人公は、ユリアヌス帝、後半の主人公は、司教アンブロシウスと言ってよいだろうと思う。

先ず、コンスタンティウス帝。
似たような名前なので間違えやすいが、コンスタンティウスは、コンスタンティヌスの次男である。
粛正や処刑、数々の幸運の結果、帝国唯一の皇帝の座を得た。
本巻を読むかぎり、慎重だけれども、視野の狭い人間であったらしい。
考えに考えた末に実行した行動がことごとく裏目に出ているからである。
内戦を起こしたあげく、敗れた敵側のローマ軍の背骨となる人材を処刑したので、ローマ軍は、相当に弱体化してしまった。
まあ、父親のコンスタンティヌスと同様にキリスト教優遇政策をとったので、キリスト教にはよかったが、性格は陽のものではない。

次に、ユリアヌス帝。
この人は、キリスト教に染まっていく帝国において反動的な行動を取った人である。
キリスト教徒からは、背教者と呼ばれている。
ここらへんは、本巻の中で楽しく読めるところなのではないかと思う。
おそらく、ナナミンもこの辺りは、筆が進んだのではないかと。。。
しかし、理想主義者の側面が大きかったのではないかと思う。
もう少し、現実に即して、まあ、長いものには巻かれろ的な考えで物事を進めていたら、もう少し違った展開があったかもしれない。
本巻の中では、最も魅力ある人間に書かれている。
世の中の動きというのは、ただ単純に一方向に進むものではない。
正動(?)と反動を繰り返しながら、収束していくものと考えてよいと思う。
反動の例では、明治維新では、戊辰戦争で賊軍となった人々などが挙げられるのだが、彼らが愚かの一言で片付けられるかというと、そんなに歴史は単純ではない。
世の中は、完全な合理的ではないのだ、中途半端な合理的であると言えよう。

そして、最後に、司教アンブロシウス。
この人は、ローマ生まれのローマ人であった。
ナナミン曰く、狂信的では全くなかったと。。。。政治家であったと。。。。。
狂信的ではない政治家によって、歴史が決定されたというのは、ある意味当然すぎる程に当然だと感じた。

そして、次巻はとうとう、最終巻である。ローマ帝国の終焉が書かれる。

自分の評価
★★★★☆75点

次巻の記事
塩野七生「ローマ人の物語15-ローマ世界の終焉」を読破!!
前巻の記事
塩野七生「ローマ人の物語13-最後の努力」を読破!!
1巻の記事
塩野七生「ローマ人の物語1-ローマは一日にして成らず」を読破!!

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。