タヌキおやじの日々の生活 歴史関連     

大村大次郎「龍馬の家計簿-元国税調査官が龍馬の金銭資料を徹底監査」を読破!!



目次
第一章 金欠の旅立ち
第二章 幕末浪人ライフとは?
第三章 日本で最初の会社「亀山社中」とは?
第四章 薩長盟約、結婚生活、そして戦争
第五章 海援隊の収支決算
第六章 「日本を洗濯する資金」を調達せよ
第七章 龍馬を悩ませた家庭問題
第八章 死に際に金は持たず

龍馬の家計簿という題名だが、金銭的な内容は薄いと感じた。
しかし、通説で言われる龍馬が常に金に困っていたというのは本書で説明されるように事実であるようだ。
この人は、土佐の脱藩浪人であったので、金蔓が実家ぐらいしかなかった。
そのため、パトロンを薩長土に求めたわけである。
また、志士に好意的な商人というのもいて、彼らは志士に多額の資金を提供してくれた。
幕末の危機をなんとかしてほしいという願望があったようである。
面白いのは、龍馬の亀山社中は、第二次長州征伐の前に長州藩に武器斡旋を行い、判明しているだけで銃が9万2400両、ユニオン号3万7700両、合計13万100両、現在の貨幣価値にすれば60億円以上の取引をしたのだが、ほとんど報酬をもらわなかったとのことであった。意外なことである。
その当時は、「取引仲介してマージンを受け取る」というような仲介ビジネスはまだ一般的ではなかったそうな。
そのようなわけで亀山社中は第二次長州征伐の後に経営危機に陥るのである。
しかし、日本初の会社と呼ばれる亀山社中は、たびたび船を難破等の事故で失ったりして経営危機に陥るものの何とか切り抜けるのである。
龍馬の経営センスみたいなものはよくわからなかったものの、金の重要性については確実に理解していたようだ。
亀山社中は長崎に本拠を構えていたのだが、幕府と開戦となった場合には、長崎奉行所を襲って、そこに蓄えられていた金を確保しろと常々言っていたそうだ。
龍馬の死後だが、実際、幕府との戦いになったとき、海援隊(亀山社中の後身)の隊員は、言いつけ通りに行動して、長崎奉行所と談判して資金を確保している。
一方で、海援隊も龍馬の晩年には、ビジネスが軌道に乗りかけていたようである。
土佐藩に銃を売却したときには、長州藩のときの藩政からか、しっかりとマージンを取って利益を上げている。
また、丹後田辺藩との取引もあり、大商いであったようだ。
そして、仙台藩との取引も話だけはあったが、龍馬の暗殺と戊辰戦争の勃発で立ち消えになったようだ。
興味深いことに、薩摩藩も長州藩も幕府の戦争の際には、偽金作りに手を出している。
これは、龍馬のアドバイスがあったようだ。きれい事だけでないと。。。。
坂本龍馬をビジネス面で論じた作と云うことで、目新しいことは目新しいが少々中身が薄いと感じた。

自分の評価
★★☆☆☆45点

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

黒田基樹「真田昌幸―徳川、北条、上杉、羽柴と渡り合い大名にのぼりつめた戦略の全貌」を読破!!


目次
序章 「国衆」から「大名」へ
第一章 武田氏と北条氏の抗争
第二章 真田昌幸の沼田領経営
第三章 天正壬午の乱における真田昌幸
第四章 秀吉・家康の対立のなかの真田昌幸
第五章 秀吉への従属と「沼田領問題」の展開
第六章 「沼田領問題」の帰結と小田原合戦
終章 豊臣大名となった真田氏

管理人が尊敬する武将の一人である真田昌幸。
意外にこの人について書かれた本は少ないと思う。
その点、この本は貴重ではなかろうかと思う。
「表裏比興」の者と秀吉から言われた昌幸であるが、この人の裏切りぶりはかなりすごい。
北条・上杉・徳川に挟まれた状況では、どこかについたり離れたりしないととてもではないが、生き残りながら所領を増やせなかったのであろう。
昌幸はよく知られている通り、武田の家臣であった。
武藤氏の名跡を継いでいたところを長男と次男が長篠の合戦で戦死したので、三男の昌幸が真田家を継ぐことになったのであった。
長篠以降、武田家は衰退の一途をたどるが、その中で昌幸は一人、奮闘した感がある。
この人の戦場は上野国(現群馬県)であり、信濃国東部の戸石城から東へ東へと所領を拡大していった。
北条方の北条氏邦との間で争奪戦になったのが沼田であった。
しかし、武田勝頼としては、本来の主敵である織田・徳川方面ではなく、北条方面に有力武将である昌幸を置いて戦わせたのは致命的な戦略ミスであったとしか言いようがない。
木曾義昌にかえて、この方面を昌幸に任せて、あくまでも北条とは同盟関係を堅持していた方がよかったであろうと管理人は思う。
御館の乱については、上杉領を半分もらうくらいで、あくまでも北条と仲良くしておいた方がよかったのではなかろうかと思うのだが、後知恵と机上の空論であろうか。
昌幸は、武田滅亡後、織田家傘下に入り、本能寺の変後は、上杉、北条、徳川、再び上杉、最終的には秀吉に従属することになる。
ころころと従属先を代えているなあと思うが、ここらへんは昌幸の才覚であろう。
また、そうせざるを得なかったと。。。
長男の信幸を本多忠勝の娘である小松姫と娶わせて徳川寄りにして、次男の信繁を大谷吉継の娘と娶わせて豊臣寄りとしたのは、昌幸の知恵かもしれない。
これは、関ヶ原で真田家が生き残る理由となった。
戦闘とか細かいことは書いていないが、昌幸の全般的な戦略が理解できてよい本であると思う。

自分の評価
★★★☆☆70点

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

湯浅博「歴史に消えた参謀 吉田茂の軍事顧問 辰巳栄一」を読破!!


あまり世間では知られていないが、戦後の首相吉田茂の軍事顧問であった辰巳栄一中将の伝記といってよいだろうか。
この人は、陸軍大学を出た秀才であったものの、基本的に情報畑を歩み、太平洋戦争における戦場経験としては、最後に中国戦線で師団長を務めただけである。
イギリスの駐在武官を長く勤めていたので、三国同盟には強力に反対していた。
管理人の主観では、ドイツの駐在武官は、ドイツ贔屓になって、三国同盟支持派になり、英米の駐在武官は、反対派になっている印象がある。
この人も、その例にもれずに、三国同盟反対派となっていると。。。
辰巳がイギリス駐在は、1937年から日英開戦までで、1942年7月に交換船で帰国している。
当然、バトルブリテンなども間近で見ており、チャーチルの指導力を高く評価していたようだ。
また、吉田茂をはじめとして日本の英米派と親しくなったのもこのころの辰巳の人脈を広げるのに役立った。
日英開戦までは、チャーチルは、なるべく、日本がイギリスに開戦するのを防ごうとした。
イギリスがドイツ、日本の両方を一度に相手にすることを嫌がったためである。
そのためか、チャーチルは、日本大使館の主催するパーティーなどには積極的に出席している。
イギリスにとって最悪なのは、一国でドイツ、日本を相手にすることであり、最良は、イギリスとアメリカの二国でドイツ、日本を相手にすることであった。
実際そうなったので、イギリス、チャーチルの思惑通りであったと言ってよいだろう。
チャーチルの誤算は、日本軍の戦力を過小評価したことであったが、これは、誤差の範囲であり、挽回不可能なものではなかった。
太平洋戦争における辰巳の行動は、そんなに特筆するものでもないようだ。
本土の東部軍参謀長のあとに、中国戦線での師団長を務めて、敗戦を迎える。
辰巳の真の活躍の場は、戦後にあったといってよいかもしれない。
吉田茂の影の参謀として、GHQと折衝することになったからである。
GHQ占領下の日本では、参謀局民政課(GS)と参謀局二課(G2)の権力争いが激しかったらしい。
GSの方は、弁護士出身が多かったのであろうか、日本で様々な新しい政策を試そうとした。
また、戦争放棄をうたった憲法を日本に押し付けたのもGSであった。
その一方、辰巳や服部卓四郎を評価して、日本に再軍備させ、共産圏からの防波堤に使用とするのが、ウィロビー少将率いるG2であった。
辰巳は、ウィロビーと懇意になり、どちらかというとGSと対立勢力であった。
そして、辰巳のボスの吉田茂は、はじめは、軽軍備として、経済発展を優先させる意見を持ち、辰巳たちの手綱を引く立場であった。
ウィロビーと協力関係にあった辰巳は、日本陸軍出身の河辺虎四郎を長とする河辺機関に所属して、日本における共産勢力の取り締まりを始める。
ウィロビーは、旧日本軍の情報将校を共産勢力の監視のために使い始めたわけである。
その一方、ウィロビーのもとで、戦史の編纂にあたっていたのが、服部らの服部機関であった。
日本の再軍備を主導したのが、服部機関と河辺機関であった。
著者の服部に対する評価は、微妙である。
服部は、ノモンハン事変やガダルカナルで結構、めちゃくちゃなことをやっているからである。
結果として、この本の書き方では、服部機関より河辺機関が主流となって自衛隊の前身である警察予備隊が創設されたらしい。
吉田首相は、服部らをあまり好きではなかったので、辰巳たちの方が有利であったのであろうか。
また、朝鮮戦争が勃発してからは、仁川上陸作戦のために様々な協力をしたらしい。
米軍は、朝鮮半島に関する情報をあまり持っていなかったからである。
そのため、地図の供与や様々な情報の提供といった形で元日本軍人が協力した。
ちなみに、この仁川上陸作戦の際には、海上保安庁に所属する旧海軍の掃海艇が掃海に協力して戦死者が出ていて、そのことも吉田茂の政治決断として記載されている。
この決定にも当然、辰巳が多少なりともかかわっているであろうと思われる。
最後に、吉田首相がしたかったのは、内閣のもとにある情報機関の創設であった。
吉田の構想として、イギリス政府の情報機関が出す情報に基づく政策決定のような政治システムがあったものと思われる。
その結果が、内閣情報室であったが、これは本格的な情報機関になる前に反対にあって、小規模なものにとどまってしまった。
駐英武官を務めた情報畑の一日本軍人が戦後にどのように動いたかを知るうえで、参考になる本かと思う。
読むうえで、出版元が産経新聞出版であるのも考慮しておきたい。

自分の評価
★★★★☆70点

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

黒田基樹「真田信之―真田家を継いだ男の半生」を読破!!


父親の真田昌幸と次男の幸村と較べると、かなり知名度が落ちる長男の信之。
しかし、この信之が一番地味~で一番大切な家を残すという仕事をやったということを説明した本。
昌幸も三男かなんかだったし、幸村(信繁)も次男だし、かなり勝手にやったわけである。
そのような中で、信之の苦労は並大抵ではなかったと思われる。
そのようなわけで、管理人は、信之を非常に評価している次第。

内容の紹介(カバー裏面より引用)
『真田信之の存在は、大坂の陣で華々しい活躍をした弟・信繁の存在の陰に隠れがちであった。
信繁の驚異的な奮闘は真田一族の名声を高めたが、それは江戸時代に真田家の正統が存在していたからこそであった。
戦いから平和への時代転換のなかで、信之はいかにして真田家の存続を図ったのか。
政治的な動向と領国支配の実態を明らかにしつつ、沼田城から上田城に本拠地を移すまでの半生を、史料に基づき丹念に追いかける。』

目次
第一章 関ケ原合戦までの信之
 信之の系譜 信之の元服 信之の二人の妻 信之の初陣 沼田領支配の開始
 豊臣時代の信之 信之の子供たち 関ケ原合戦における信之 上田領の併合
第二章 徳川政権との関係
 徳川政権の成立 家康への嘆願と挫折 徳川氏への取次 徳川氏への取次
 徳川氏関係者との交流 秀忠上洛の供奉 相次ぐ公役負担 法令の遵守 信之の江戸出府
第三章 領国と家臣団の再編成
 難しい信之文書の編年作業 信之の署名の変遷 花押形と印判の変遷 家臣団の再編成
 沼田領と上田領の関係 上田領支配を担当する宿老 上田領支配を担当する宿老 上田領の復興政策
第四章 親しき人々との交流と別れ
 九度山の昌幸・信繁との交流 昌幸への合力金 叔父真田高勝の死去 弟真田信勝の死去
 義父本多忠勝の死去 昌幸の病状悪化と死去 母山之手殿の死去 信之の病気
第五章 領国支配の再編成
 心境の変化か 上田領での新たな所領充行 沼田領支配の変化 沼田領の復興対策
 沼田領の宿・町への復興対策
第六章 大坂の陣における信之
 大坂の陣の勃発 真田信吉・信政の出陣 信繁大阪入城の衝撃 信吉・信政の大阪着陣
 大坂冬の陣の終結 大坂夏の陣の開戦 真田勢の戦功 大坂残党の穿鑿
第七章 沼田城から上田城へ
 続く吾妻地域への対策 「大御所」徳川家康の死 上田領支配への取り組み 上田領支配体制の改編

この人は、かなり長生きしたらしい。
90代まで生きている。当時としては、かなりの長命である。
真田家を取り潰されないようにするために死ぬに死ねなかったのではなかろうかと思う。
この人も生き残りのために様々な手をうっている。
徳川家の旗本になった叔父や兄弟をフル活用したり、正室の小松殿の父親である本多忠勝やその親類と仲良くなったり、徳川家の譜代の家臣と昵懇になったりと。。。
幕府サイドといろんな形で昵懇になることによって御家の安泰を図ったわけである。
武功派の加藤清正とか福島正則には、できない芸当であろう。
そこら辺の細やかさが家康に好かれた原因かと思われる。
この人のやったことの一部に、関ヶ原の戦いの折に荒廃した領土の復興と、昌幸・信繁から譲り受けた家臣団の再編成があった。
また、村から逃散した百姓を元に戻して、耕作させるような施策もあったとのこと。
まあ、政治家としては、信繁より上手だったのではないかと思う。
関ヶ原の敗戦で死罪になりそうになった昌幸・信繁を助けたといわれるが、事実は、はじめから死罪にならないことは確定していて、昌幸の希望としては、流罪にしないでほしいとのことであったらしい。
さすがに、昌幸はふてぶてしい。
昌幸・信繁ほどの華々しさはないが、もうちょっと注目されてもよい武将であることは間違いない。

自分の評価
★★★☆☆55点

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

小和田哲男「名城と合戦の日本史」を読破!!


管理人の人生では一番読んだと思われる戦国時代を含む戦記物。
城にまつわる戦記というところが今までとは少々異なる。

内容の紹介(カバー裏面より引用)
『全国の城にまつわる名将たちの知略秘策のすべて!!
織田信長が最も苦しめられた自然の要塞・長島城。
信長が天下取りを夢見た清州城や謎多き安土城。
明智光秀を討ち、覇者に上りつめた豊臣秀吉が築いた大坂城。
九州平定から朝鮮出兵に及んだ秀吉が最大の拠点とした名護屋城。
徳川方と豊臣方の決戦「関ヶ原の戦い」での、石田三成による幻の大垣城籠城戦や、大坂冬の陣での家康の秘密作戦など。
戦国期から維新までの日本の城にまつわる、武将たちの名戦や戦略が一挙にわかる。』

目次
琉球王国統一戦争
金沢御坊の戦い
有田合戦と銀山城の戦い
北条氏綱、江戸城を奪う
那古野城乗っ取りの真実
籠城側が勝った月山富田城の戦い
二度にわたる来島城の戦い
謎の多い河越夜戦
林城・平瀬城の戦い
桶狭間の戦いと信長方城砦
土佐統一の分水嶺 長浜表の戦い
郡山城を守り抜いた筒井順慶
宇喜多直家の戦国大名化
伊勢長島一向一揆と信長
姉川の戦いから小谷城攻めへ
備中松山城と天正兵乱
三方ヶ原の戦いと浜松城
地蔵嶽城の戦い
「中国大返し」と姫路城
御館の乱と春日山城
鳥取城籠城戦と吉川経家
織田信忠の高遠城攻め
本能寺の変と安土城
虎丸城・引田表の戦い
賤ヶ岳から北庄城へ
小牧・長久手の戦いと陣城
太田城の水攻め
羽柴秀長の四国攻め
戸次川の戦いと鶴賀城
秀吉の九州攻めと北九州の城
肥後国衆一揆と佐々成政
湊騒動の顛末
小田原城3か月の籠城戦
葛西・大崎と佐沼城
佐竹氏の水戸城奪取
城兵皆殺しにあった九戸城
文禄・慶長の役と名護屋城
古今伝授に守られた田辺城
慶長5年の上田城の戦い
幻の大垣城籠城戦
岐阜城最後の戦い
小早川秀秋の佐和山城攻め
長谷堂城の戦い
大坂冬の陣 真田丸の攻防戦
島原の乱と原城
萩城から山口屋形へ
二条城と鳥羽・伏見の戦い
奥羽越列藩同盟と会津戦争
函館戦争と五稜郭
西南戦争の最後 城山の戦い

日本全国の戦いが取り上げられているので、ローカルな攻城戦・籠城戦も含まれている。
豊臣秀吉による東北・九戸氏攻めなんて、管理人は今まで知らなかった。
秀吉による天下統一の最後は、九戸城の城兵皆殺しであったらしい。
秀吉は、無駄に人を殺さないので有名だったので、意外な事実である。
太閤の晩年の残酷さの始まりといってよいかもしれない。
まあ、興味があったら読んでみてもよいかもしれないレベル。

自分の評価
★★★☆☆55点

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR