タヌキおやじの日々の生活 国内旅行     

川越に行く!!

昨日、川越に行ってきた。
ちなみに、川越市(かわごえし)は、埼玉県南西部に位置する。
江戸時代には親藩の川越藩の城下町として栄えた都市で、「小江戸」(こえど)の別名を持つ。
城跡・神社・寺院・旧跡・歴史的建造物が多く、文化財の数では関東地方で神奈川県鎌倉市、栃木県日光市に次ぐそうな。
でも、おそらく、埼玉県民ぐらいしか知らないんだろうなと(涙)
蔵造りの街並みを見てきたのである。

こんな感じです。
川越見物 001

同じ建物。
川越見物 002

和菓子屋かな。
川越見物 004

これもかな。
川越見物 005

おぉ、並んでいると、壮観である。
川越見物 007

時の鐘。
川越見物 017

近くで。
川越見物 010

川越市蔵造り資料館。
もともとは、刻み煙草の商家だったらしい。
川越見物 015

資料館の中の建物。
川越見物 014

えぷろん亭という日本料理のお店で食べた昼食。
うましでした。
川越見物 016
この後、お菓子横丁で菓子を食べて、喜多院に行ってお参りをしてから東京に帰ってきた。
川越城は、百名城巡りで行ったので、行かず。

感想

埼玉県には、長瀞と川越ぐらいしか観光名所がないのではなかろうかと思う。
埼玉育ちの人間としては、口惜しいが。。。。
吾輩、長野に住んでいたときに通っていた英会話学校のアメリカ人に、
「サイタマ、ナニモナイ」
と言われたことがあったのだが、確かにその通りである。
しかし、埼玉にもそれなりの良さはあると思う。。。。。たぶん(汗)

関連記事
城郭シリーズ第29弾『川越城』

参考
小江戸川越見て歩き (見て歩きシリーズNEW8)小江戸川越見て歩き (見て歩きシリーズNEW8)
(2009/03/17)
不明

商品詳細を見る


ポチっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

鎌倉に行く!!

昨日は、鎌倉に行ってきた。
実家の車を借りて、埼玉県さいたま市から神奈川県鎌倉市を往復したのだが、まさに苦行の旅であった。

午前8:45、実家を出発。
午前10:00、訳あって、上野駅に東口に寄る。

午前11:00頃、港区品川あたりを通過しているときであった。
信号を通り過ぎようとしていたのだが、ちょうど黄色になって停止線で停まったら急ブレーキになるというタイミングでそのまま赤信号になり、停止線から信号のある場所まで長く、つい赤信号無視をしてしまったのであった。
やばいと思った瞬間、警察官の爽やかげなお兄さんが出てきて捕まってしまった。
結果は、9000円の罰金であった(涙)。
おまけにゴールド免許だったのに。。。。。
その信号は、吾輩が警察に拘留されていた五分間に四台も捕まっていた。
構造的に問題があるのではないかと言いたくなったが、面倒臭くなったので黙っていた。
とにかく、自分の間抜けさにがっくりくる。

午後1:00頃鎌倉到着。鎌倉の渋滞に巻き込まれる。
その後、海沿いを走り、腰越の「しらすや」で昼飯にありつく。
DSC_0039.jpg

生しらす丼定食。なかなかおいしゅうございました。
DSC_0038.jpg

次に鶴ヶ岡八幡宮に向かう。
途中、鳩サブレーの本店によって、土産物をゲット。
鳥居は、三つもあった。
さすが、鶴ヶ岡八幡宮ともなると鳥居の数が多い。
鎌倉20110502 001
鎌倉20110502 002
鎌倉20110502 004
鎌倉20110502 005

去年、倒れて話題になった大銀杏。
再植樹されたもの。
鎌倉20110502 006

大銀杏、もともとはこの位置に立っていたらしい。
鎌倉20110502 008

本殿???というのかな???
鎌倉20110502 009

おみくじを引いたら、吉であった。
後ろでは、中年のおばさんが、大凶を引いたと絶叫していた。
不運なことである。

その後、海を見に、由比ヶ浜に向かう。
相模湾正面。
鎌倉20110502 010

稲村ヶ崎。
鎌倉幕府が滅びるときに、新田義貞が通ったところです。
鎌倉20110502 011

由比ヶ浜左手。
鎌倉20110502 012

午後6時頃、鎌倉を離脱。
また、鎌倉を出るのに渋滞に巻き込まれ、苦労する。
午後9時頃、さいたま市に到着。

三度目の鎌倉なのだが、やはりいいですね。
吾輩、鎌倉と京都には一度、住んでみたい。
でも、休みのたびに観光客でいっぱいになるのは嫌だなあ。

参考
鎌倉、歩きたくなる小路 (集英社be文庫)鎌倉、歩きたくなる小路 (集英社be文庫)
(2004/04/21)
崎 南海子

商品詳細を見る


ポチっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ

東京スカイツリーといふもの

我が家からは東京スカイツリーが見えるのである。

2月19日現在の東京スカイツリー。

東京スカイツリー2

去年の夏頃の東京スカイツリー。

東京スカイツリー 1

ブログのネタに困ったときのスカイツリー頼みである。

参考
図解絵本 東京スカイツリー (単行本)図解絵本 東京スカイツリー (単行本)
(2012/03/24)
モリナガ・ヨウ

商品詳細を見る


ポチっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ

恩山寺・日峰神社 (ひのみねじんじゃ)を制覇!!

先週一週間の吾輩の行動。
3日(月)恩山寺に参拝。
4日(火)日峯神社に参拝。
     21:30徳島駅発の高速バスで徳島を出発
5日(水)6:00浜松町バスターミナル到着
     そのまま出勤

高速バス内ではあんまり寝れなかったので、水曜日、職場では死ぬかと思うほどの眠気と闘いながら、ただパソコンの前に座っていた。

とりあえず、恩山寺と日峯神社の記事でも書こうかと。。。。

恩山寺(おんざんじ)は、徳島県小松島市にある高野山真言宗の寺院である。
四国八十八箇所霊場第十八番札所でもある。
本尊は薬師如来である。

歴史はというと、ウィキペディアによると、寺伝によれば聖武天皇の勅願により行基が開基し、当初は大日山福生院密厳寺と号する女人禁制の道場であったという。
西暦814年(弘仁5年)、空海が本寺で修行していた際に訪問してきた母、玉依御前のために女人解禁の修法を行い迎え入れた。
玉依御前は本寺で出家・剃髪しその髪を奉納したことから、空海が自身の像を刻み現在の寺名に改めたとされる。

1573年~1592年(天正年間)に、長宗我部元親の兵火によって焼失する。
1804年~1830年(文政年間)に、徳島藩主蜂須賀氏の支援を受けて復興、現在の諸堂が建立された。

DSC_0006.jpeg

弘法大師(空海)の像。
ありがたやありがたや
DSC_0005.jpeg

山の上のお堂を仰ぎ見る。
DSC_0008.jpeg

麓のお堂。
正式名称は、不明。
DSC_0015.jpeg

庫裡。お坊様の住居だと思われる。
DSC_0014.jpeg

麓にあった建物。
DSC_0016.jpeg

中はこんな感じに。。。
DSC_0017.jpeg

本堂だと思われる。
DSC_0009.jpeg

鐘楼。
DSC_0013.jpeg

本堂に飾ってあったおそらく薬師如来の絵画。
DSC_0011.jpeg

同じく。
DSC_0012.jpeg

本堂からさらに登ったところに建立中のお堂。
DSC_0010.jpeg

以下、日峯神社。
日峯神社は、徳島県小松島市中田町西山にある神社である。
四国の東門である小松島港の北にそびえ立つ山の頂上にあり、山の高さは約160メートル、周囲は約10キロメートルあり、日峯山というそうだ。

本殿。
DSC_0022.jpeg

日峯山山頂から小松島湾を望む。
水平線の真下に見えるのが、和田島。
DSC_0024.jpeg

この一週間、寒かった。
凍死しそうなぐらいの寒さであった。

参考
四国遍路日記四国遍路日記
(2012/09/13)
種田 山頭火

商品詳細を見る


ポチっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ

桜~

桜花見1

さいたま市の大宮公園に桜の花見に行ってきた。
すこし葉桜だったけど、まだ綺麗であった。

ここで、思い出したのが、中学校の時、一生懸命に覚えた百人一首の一句、

ひさかたの 光のどけき 春の日に
    静心(しづごころ)なく 花の散るらむ

            紀友則

である。
パッと咲いてパッと散る日本人の美学ですな。
でも、人生の方は、パッと咲いてパッと散るのではなくて、しぶとく図太く行きたいものです。

桜花見2
桜花見3

んで、桜を観ながら、もう一つ思い出したのが、この一句

天つ風 雲の通ひ路 吹きとぢよ 
     をとめの姿 しばしとどめむ

                僧正遍昭

こっちは、男のスケベ心を詠んだ詩ですな。
携帯で撮った写真が解像度悪くてすんませんですm(_ _)m

ポチっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR