タヌキおやじの日々の生活 北海道の城     

城郭シリーズ第298弾『根室半島チャシ跡群(その2)』

城郭シリーズ第297弾『根室半島チャシ群(その1)』の続き。

ノッカマフ1号チャシ跡群。
空堀と郭。地図参照。
根室半島 002-4

同じく。
根室半島 002-5

空堀と断崖で囲まれているのが分かる。
根室半島 002-6

同じく。
根室半島 002-7

同じく。
根室半島 002-8

続いて、ノッカマフ2号。
微妙な空堀跡が残る。
根室半島 002-9

中心が郭で周りが微妙な空堀で囲まれている。
根室半島 002-10

こんなふうに円形に空堀があると。。。
根室半島 002-11
根室半島 002-12
根室半島 002-13

感想
蝦夷と呼ばれた北の縄文人は、大和朝廷との戦争に敗れ、海を渡って北海道に逃れ、アイヌ民族と呼ばれるようになった。
対して、本州に残った蝦夷は、和人と同化した。
しかし、最近の調査では、鹿児島、薩摩の人々と、アイヌの人々のDNAは非常に似ているのだそうな。
推測するに、九州北側から弥生人がやってきて、本州を制圧したわけだが、縄文人の血が北辺と南辺に残ったということだろう。
南の縄文人の末裔は、戦国時代と幕末に島津に率いられて、猛威を奮ったが、北の縄文人の末裔は、比較的平和的に過ごした。そのためか戦争技術が発達しなく、和人に支配されることになった。
いろいろと批判はあるが、アイヌの砦跡を百名城に選んだことは、評価したい。
日本人は、単一民族であると言われているが、実はそうではなくて、何種類かの民族が集まってできているという多様性を示すことになるからだ。
その証拠の一つがチャシ跡群なのであると思う。
日本の北東端の地でアイヌの人々がチャシで何を祈っていたのかは、今となっては永遠の謎である。

関連記事
城郭シリーズ第297弾『根室半島チャシ跡群(その1)』
城郭シリーズ第298弾『根室半島チャシ跡群(その2)』
グーグルマップ上で見る日本の城郭

参考


日本百名城インデックス
百名城インデックスへ

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
スポンサーサイト

城郭シリーズ第297弾『根室半島チャシ跡群(その1)』

さる連休、北の大地、北海道に人生二回目の遠征をしてきました。
釧路空港に9時くらいに着いて、それからレンタカーを走らすこと2時間半、根室市の資料館に到着。
北の大地は雄大であった。
去年行ったイギリスの田園風景に似ていたように感じた。
資料館でスタンプをゲットする。
これで、97/100名城攻略完了。
残るは、沖縄の城だけになった。
根室半島チャシ群スタンプ

根室半島チャシ跡群とは、北海道根室市に残されるアイヌ人たちの遺跡だそうな。
16世紀から18世紀にかけて造られた砦であるらしい。
祭祀や見張り場や談判の場として使われることもあったらしい。
このように、根室半島には、チャシ跡群なるものが点在している。
なぜ、北側に集中しているのかを資料館の人に聞けばよかったと後悔している今現在。
根室半島 000

なかでも、整備されているのが、ヲンネモトチャシとノッカマフチャシだということで、それを見に行く。
資料館にあったヲンネモトチャシのジオラマ。
根室半島の先端の納沙布岬の近くにある。
岬の先端を2メートルくらいの堀で区切って郭を作っている。
まあ、籠もれるのは10人くらいであろうか。
井戸がないからあまり長く籠城できないであろう。
根室半島 001-1

地図。先端の平坦面と書いてあるところの右側がチャシ跡である。
根室半島 001-2

東側から見たヲンネモトチャシ。先端部分がチャシ跡。
根室半島 001-3

駐車場に車を止めて多少歩くと、ヲンネモトの標識が。。。。
根室半島 001-4

よくわからないと思うが、地図中の平坦面のところから撮影したチャシ跡。
標識が建っているところがそうである。
チャシ跡と平坦面の間は、わかりにくいが空堀がある。
根室半島 001-5

チャシ跡群にたつ標識。
根室半島 001-6
まあ、戦争をあまりやらなかったアイヌ民族の砦なので、たいそうなものではなかろうと思っていたが実際そうだった。
十分くらい車を走らせてノッカマフチャシに到着。
ここは、もう少し空堀がはっきりした形で残っている。
資料館で見たノッカマフチャシのジオラマ。
手前の二つの連続した廓と奥の離れたところの廓がある。
根室半島 002-1

ノッカマフの地図。
根室半島 002-2
根室半島 002-3
その2に続く。

関連記事
城郭シリーズ第297弾『根室半島チャシ群(その1)』
城郭シリーズ第298弾『根室半島チャシ群(その2)』
グーグルマップ上で見る日本の城郭

参考


日本百名城インデックス
百名城インデックスへ

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

城郭シリーズ第193弾『志苔館(その2)』

城郭シリーズ第192弾『志苔館(その1)』の続き。

地図中の⑤の場所付近。
入口は、二重の堀と土塁で構成されている。
志苔館005-1

本廓の土塁。
志苔館005-2

北側を望む。
志苔館005-3

一番目の土塁の上から見た空堀と二番目の土塁。
志苔館005-4

本廓への入り口。
志苔館005-5

本廓の土塁の上から見た正面の二つの空堀。
志苔館005-6

同じく。
志苔館005-7

地図中の⑥の場所付近。
本廓内である。
向こう側には、函館山が見える。
志苔館006-1

同じく。
志苔館006-2

点々とあるのは、建物の礎石があった場所である。
志苔館006-3

この後、飛行機に乗って東京に帰ってきた。
さすがに、北海道は、景色が雄大だなあと帰ってきて思った。
また、行きたいものである。

感想

函館空港のすぐそばにあるので、時間が余ったら時間を潰すのに最適である。
南朝方の武士が北海道の渡ったというのが本当であったのなら、えらい寒いところに来たものだなあと思う。
アイヌの人たちに落城させられたのことだが、仲良くせいよという感じである。

前の記事
城郭シリーズ第192弾『志苔館(その1)』
関連記事
グーグルマップ上で見る日本の城郭

参考
復元体系日本の城1 北海道・東北 (復元大系 日本の城)復元体系日本の城1 北海道・東北 (復元大系 日本の城)
(1993/03/01)
北野隆

商品詳細を見る


百名城以外の城・砲台跡のインデックス
百名城以外インデックス

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

城郭シリーズ第192弾『志苔館(その1)』

函館山に登った後に、志苔館跡に向かう。
志苔館(しのりたて)は、北海道函館市に所在する中世城館跡。
小林氏によって築かれたとされる道南十二館のひとつだそうな。

現地の案内板によると、北朝に敗れた南朝方の武士が北海道に渡って、この館を築くも、アイヌ人の反乱にあって、落城し、その後、奪還したらしく、ふたたび、小林氏が館主に返り咲き、松前氏に吸収されるまで、この辺りを治めたようなことが書いてあった。
要するに、アイヌの人たちに対してブイブイ言って調子に乗っていたら、返り討ちにあったということだろうか。

志苔館の地図。
志苔館地図

地図中の①の場所。
志苔館001-1

土塁である。
志苔館001-2

同じく。
志苔館001-3

地図中の②の場所付近。
かつての入口らしい。
志苔館002-1

石碑。
志苔館002-2

地図中の③の場所付近。
志苔館003-1

同じく。
志苔館003-2

地図中の④の場所付近。
志苔館004-1

同じく。
志苔館004-2

城郭シリーズ第193弾『志苔館(その2)』に続く。

関連記事
グーグルマップ上で見る日本の城郭

参考
復元体系日本の城1 北海道・東北 (復元大系 日本の城)復元体系日本の城1 北海道・東北 (復元大系 日本の城)
(1993/03/01)
北野隆

商品詳細を見る


百名城以外の城・砲台跡のインデックス
百名城以外インデックス

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

城郭シリーズ第191弾『戸切地陣屋(その2)』

城郭シリーズ第190弾『戸切地陣屋(その1)』の続き。

地図中の⑤の場所付近。
裏門。
戸切地陣屋005-1

地図中の⑥の場所付近。
表門から入ると、馬隠しと呼ばれる土塁がある。
戸切地陣屋006-1

同じく。
戸切地陣屋006-2

表門を城内から見た。
戸切地陣屋006-3

石碑。
戸切地陣屋006-4

地図中の⑦の場所付近。
大砲は、もっぱらここに配置されるようになっていたらしい。
戸切地陣屋007-1

同じく。
戸切地陣屋007-2

地図中の⑧の場所付近。
建物の跡。
戸切地陣屋008-1

同じく。
戸切地陣屋008-2

地図中の⑨の場所付近。
裏門の馬隠し。
戸切地陣屋009-1

感想

まったく有名ではない陣屋だが、行ってみると予想外にしっかりした砦であることが分かる。
一応、稜堡式なんだろうか。
大砲の配置が、函館方面であることを考えると、函館が占領されたときのことを考えて作ったのであろうか。
四稜郭よりは、堅固そうだなあと感じた。

前の記事
城郭シリーズ第190弾『戸切地陣屋(その1)』
関連記事
グーグルマップ上で見る日本の城郭

参考
復元体系日本の城1 北海道・東北 (復元大系 日本の城)復元体系日本の城1 北海道・東北 (復元大系 日本の城)
(1993/03/01)
北野隆

商品詳細を見る


百名城以外の城・砲台跡のインデックス
百名城以外インデックス

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR