タヌキおやじの日々の生活 航空宇宙関連     

かかみがはら航空宇宙科学博物館(その9)

かかみがはら航空宇宙科学博物館(その8)の続き。

三菱 ハ42-21ル 空冷エンジン。
陸軍重爆の飛龍に搭載されていたエンジンに改良を加えた試作エンジン。
キ91という開発中止に終わった四発重爆に載せる予定であった。
2300馬力というのは、当時の日本の航空エンジンでもかなりの高性能であろう。
各務ヶ原 002-01

ゼロ戦のコックピット。
各務ヶ原 002-02

飛燕のコックピット。
各務ヶ原 002-03

C-1戦術輸送機を改造したSTOL実験機 飛鳥。
これは、結局は空港の拡張によって不必要とされた。
各務ヶ原 003-02

T-2を改良した実験機。
この実験結果は、F-2の開発のために使用されたとかなんとか昔、聞いたような気がする。
各務ヶ原 004-01

F-104スターファイター。
最後の有人戦闘機といわれたが、そうはならなかった。
当時は、ミサイルの性能が飛躍的に上がっていたので、戦闘機が不要になると思われていたのである。
各務ヶ原 005-01

練習機T-1。
戦後日本が開発した初のジェット機ではなかったかと。
各務ヶ原 006-01

T-33シューティングスター。
まあ、戦闘機に乗る前の練習機である。
各務ヶ原 007-01

UF-XS実験用飛行艇。
各務ヶ原 008-01

US-1。
新明和工業の傑作飛行艇である。
二式大艇のDNAを継ぐ機体といってよいだろう。
各務ヶ原 011-02

感想
飛燕が来たのが目新しいところである。
どうやら屋上からは各務ヶ原飛行場が見れるらしいが、気づいたときは外に出ていて時すでに遅しであった。
各務ヶ原は、試作機とか試験機のための飛行場なので撮影とかはやりがいがあるであろう。

関連記事
かかみがはら航空宇宙科学博物館(その1)
かかみがはら航空宇宙科学博物館(その2)
かかみがはら航空宇宙科学博物館(その3)
かかみがはら航空宇宙科学博物館(その4)
かかみがはら航空宇宙科学博物館(その5)
かかみがはら航空宇宙科学博物館(その6)
かかみがはら航空宇宙科学博物館(その7)
かかみがはら航空宇宙科学博物館(その8)
かかみがはら航空宇宙科学博物館(その9)
グーグルマップ上で見る博物館等

参考
世界の航空博物館&航空ショー世界の航空博物館&航空ショー
(1999/05)
三野 正洋、浅井 圭介 他

商品詳細を見る


諸施設のインデックス
博物館などのインデックス
ポチっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

レッドブル2017(その1)

去年幕張で行われたレッドブルレースでエキシビジョンとして飛来したダグラスDC-3。
プラス零式艦上戦闘機52型。

IMG_8565.jpg
IMG_8570.jpg
IMG_8574.jpg
IMG_8577.jpg
IMG_8578.jpg
IMG_8580.jpg
IMG_8581.jpg
IMG_8587.jpg
IMG_8597.jpg
IMG_8598.jpg
その2に続く。

関連記事
レッドブル2017(その1)
レッドブル2017(その2)
レッドブル2017(その3)
レッドブル2017(その4)
グーグルマップ上で見る旧軍施設等

参考

諸施設のインデックス
博物館などのインデックス

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

前間孝則「ホンダジェット―開発リーダーが語る30年の全軌跡」を読破!!


序章 ホンダ航空機事業参入の衝撃
第一章 創業者精神の水脈
第二章 五里霧中の日々
第三章 ハードウェアで世界を変える
第四章 飛翔への道程
終章  グローバル時代の新次元へ

日本において、航空機メーカーが自動車メーカーになった例はたくさんあったが、自動車メーカーが航空機産業に進出したのは、ホンダが初めてであった。
最近、ホンダはビジネスジェットを販売し始めた。
80年代からホンダは地道に航空機とジェットエンジンの研究を始めていたらしい。
20~30年の研究開発期間を経てホンダジェットの販売に至った。
それなりの準備期間があったわけである。
また、それは米国において行われた。
ホンダジェットの特徴は、その構造にある。
主翼の上にジェットエンジンを配置するというのは、非常にエポックメイキングであるとのことであった。
ホンダとしては、空のシビックをイメージしていたとのことだ。
大衆車ならぬ大衆飛行機を目指したということであろうか。
しかし、管理人が考えるのは、航空機メーカーにとって難しいのは、成功を続けるということである。
三菱重工は、昔、ビジネス用双発ターボプロップ機MU-2を765機売って成功したものの、次のビジネスジェット機MU-300では、米国での不景気のあおりを受けて1800億円の赤字を出して失敗し、ビジネス機市場から全面撤退した。
ちなみに、MU-300は、その後、ビーチ・クラフト社に製造販売を移管し、ビーチジェットという名で800機が販売され、米空軍の訓練機にもなったそうである。
要するに、製品としてはよかったものの、販売の仕方が悪かったので失敗したというYS-11と同様の失敗原因が挙げられるわけである。
しかし、ホンダジェットの場合は、ホンダが米国に持っている自動車の販売網を利用したとのことであった。
ホンダの航空機産業進出が真に成功であったかどうかは次のビジネスジェット機で成功するかどうかで判断されるものと思う。
最近、日本においてめっきり少なくなったと思うイノベイティブなチャレンジであり、ぜひ引き続き航空機開発をしてもらいたいと思う。

自分の評価
★★★☆☆70点

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

2016年国際航空宇宙展(その2)

2016年国際航空宇宙展(その1)の続き。

なんのヘリだかわすれました。
入間基地・2016国際航空宇宙展 083

コックピット部分。
入間基地・2016国際航空宇宙展 084

富士重工のヘリ。
入間基地・2016国際航空宇宙展 085

UH-X多用途ヘリコプター。
UH-1とあまり形状が変わらないのが残念な気がする。
入間基地・2016国際航空宇宙展 087

F-35のモックアップ。
航空自衛隊関係の人が多かった。
入間基地・2016国際航空宇宙展 090
入間基地・2016国際航空宇宙展 091
入間基地・2016国際航空宇宙展 092

お~、美しい曲線である。
入間基地・2016国際航空宇宙展 100

コックピット部分。時間帯によっては座席に乗れる時もあったらしい。
入間基地・2016国際航空宇宙展 102
入間基地・2016国際航空宇宙展 103

感想
少々ごちゃごちゃしてたので、わかりづらかった。
業界の人間は、それなりにいろいろあるんだろうと思う。
マニアらしいのも相当数来ていた。
1200円の入場料はお得だと思う。
F-35のモックアップは、イギリスですでに見ていたので特に感動はなかったな~。

関連記事
2016年国際航空宇宙展(その1)
2016年国際航空宇宙展(その2)
グーグルマップ上で見る旧軍施設等

参考

諸施設のインデックス
博物館などのインデックス

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

2016年国際航空宇宙展(その1)

去る日、東京ビックサイトで行われた2016年国際航空宇宙展に行ってきた。
まあ、いろいろあっておもしろかった。

入間基地・2016国際航空宇宙展 105

エアバスのH136だっけか???名前はよく覚えていない。
陸自の次期多用途ヘリコプターUH-Xで敗れたんだっけ???
入間基地・2016国際航空宇宙展 068
入間基地・2016国際航空宇宙展 072

川崎重工のBK117。
カワサキのベストセラー機といってよいだろう。
入間基地・2016国際航空宇宙展 073
入間基地・2016国際航空宇宙展 075

コックピット部。
入間基地・2016国際航空宇宙展 076

うしろから。
入間基地・2016国際航空宇宙展 077

ヤマハのUAV。
1000万円以上するのだそうな。
入間基地・2016国際航空宇宙展 078

どこぞやの巡航ミサイルのモック。
入間基地・2016国際航空宇宙展 079
入間基地・2016国際航空宇宙展 080

イスラエルの軍事メーカーの多用途センサ。
入間基地・2016国際航空宇宙展 081

イスラエルのUSV。
イスラエルは人口が少ないので、無人機に力を入れているものと見える。
入間基地・2016国際航空宇宙展 082
その2に続く。

関連記事
2016年国際航空宇宙展(その1)
2016年国際航空宇宙展(その2)
グーグルマップ上で見る旧軍施設等

参考

諸施設のインデックス
博物館などのインデックス

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR