タヌキおやじの日々の生活 2010年10月     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和田竜「のぼうの城」を読破!!

のぼうの城 上 (小学館文庫)のぼうの城 上 (小学館文庫)
(2010/10/06)
和田 竜

商品詳細を見る
のぼうの城 下 (小学館文庫)のぼうの城 下 (小学館文庫)
(2010/10/06)
和田 竜

商品詳細を見る


これも映画化されるようだ。
主演は、野村萬斎がやるみたいである。

ともあれ、文庫本が出たので即、購入したのである。
そして、トルコ旅行で飛行機に乗ってる間や待ってる間に読んで読み終えてしまった。

時は、戦国時代末期、豊臣秀吉による北条征伐の際の忍城という現在の埼玉県にあった城が舞台である。
忍城は、北条征伐において、ただ一つ落城しなかった城として有名である。
吾輩も、昔、忍城趾に行ったことがあるが、ほとんど何も残っていなかった。

参考(過去の記事)
城郭シリーズ第11弾『忍城』

評判通り、なかなか面白かったと思う。
ただ、司馬遼太郎、吉村昭などと較べると、文章など荒削りな面があるかなと思う。
あと、城の見取り図とかがあって、もっと詳細な戦闘の様子がわかるとマニアは泣いて喜んだと思う。

あらすじはというと、戦国期、天下統一を目指す豊臣秀吉は、北条征伐を開始した。
北条方の支城、忍城は、秀吉の家臣、石田三成が指揮する約二万の軍勢に包囲される。
対する忍城の守兵は、約五百で、守将は、忍城代、成田長親であった。
長親は、領民から木偶の坊から取った「のぼう様」などと呼ばれても泰然としている人物である。
小田原城に籠城する当主、成田氏長からは開城するように指示されていたが、三成軍使者、長束正家の度重なる愚弄に対し、予定を変更し、戦うこととなる。
守兵五百で二万の軍勢にどう立ち向かうのか???という感じである。

主な登場人物として、忍城方に、成田氏長、成田長親、甲斐姫、正木丹波、柴崎和泉、酒巻靱負、豊臣方に、石田三成、大谷吉継、長束正家が登場する。
成田氏長と長束正家がまあ少し悪く書かれている。

石田三成と大谷吉継に関しては、好意的に書かれていると思う。
石田三成に関しては、後に関ヶ原の合戦で敗れたせいで、評判が別れるが、吾輩は、戦下手だったとしても一流の人物であったと思う。
しかし、水攻めをやって失敗したのは、痛かったなあと思うのである。
これによって、戦下手の評判がついたのは、後の関ヶ原の戦いに大きなマイナスの影響を与えているだろうと思う。

成田長親という人物については、あまり知らなかったのだが、忍城を守りきったということでそれなりの人物であったのであろうと推測する。

話は変わるけど、落城しなかった城ということで、城跡に神社を造って、合格祈願の神社ということにしたら、流行るのではないかと思ってしまった。

ともあれ、サイドストーリーとして楽しめる本であると思う。

自分の評価
★★★☆☆70点

関連記事
時代小説県歴史小説村
ミステリ通信 創刊号
初心者のための読書ガイド

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。