タヌキおやじの日々の生活 ロンドン科学博物館(その2)     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンドン科学博物館(その2)

ロンドン科学博物館(その1)の続き。

Bersey電気タクシー。
1897年。
数十台がタクシーとして使われたらしい。
その後、ピストンエンジン車が主流になり、今になって電気自動車(EV)が注目されているのは現代人がよく知るところ。
ロンドン科学博物館 010

BMWイゼッタ300。
1961年。
ロンドン科学博物館 013

メッサーシュミットKR200デラックス。
1960年。
メッサーシュミットは、敗戦後は戦闘機を作れなくなったので、車作りに手を出したが、これではなあという感じである。
航空機技術者が自動車を作って成功した日本とは対照的である。
ロンドン科学博物館 014

ベスパというスクーター。
ロンドン科学博物館 015

ローバー・ガスタービン車ジェット1。
1950年。
ピストンエンジンではなくてガスタービンを使っていると。
制御と燃料コストの問題で結局、商品化はされなかったらしい。
ロンドン科学博物館 018

レーシングモーターボート。
ミスイングランド。
1929年。
ロンドン科学博物館 020-1

同じく。
ロンドン科学博物館 020-2

フォードT型。
これも有名なクルマだろうと思う。
ロンドン科学博物館 024

フォーデンF1ディーゼルローリー。
1931年。
ロンドン科学博物館 025

パンハード&レヴァッサー。
モーターカー。
1895年。
ロンドン科学博物館 027
ロンドン科学博物館(その3)に続く。

関連記事
ロンドン科学博物館(その1)
ロンドン科学博物館(その2)
ロンドン科学博物館(その3)
グーグルマップ上で見る博物館等

参考
ぶらりあるきロンドンの博物館ぶらりあるきロンドンの博物館
(2006/07)
中村 浩

商品詳細を見る


諸施設のインデックス
博物館などのインデックス
ポチっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。