タヌキおやじの日々の生活 城郭シリーズ第261弾『リーズ城(その1)』     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城郭シリーズ第261弾『リーズ城(その1)』

語学留学2か月目に入り、余裕ができてきたところで、「地球の歩き方」に載ってたリーズ城に行ってきたのだった。

リーズ城とは、メイドストーンの南東8キロ、イングランドのケントにある城。
美しい城ということでイングランドでは有名だそうな。

歴史(ウィキ英語版を翻訳・改変)
1119年に、ロバート・デ・クレヴァクオーレがノルマン人の本拠として建設する。
このころの、リーズ城は、モット・アンド・ベイリー方式の城郭であったと推定されている。
13世紀には、エドワード1世の手に落ちる。
かれは、お気に入りのレジデンスとして作り変えた。
16世紀には、ヘンリー8世がかれの嫁さんのためにまた作り変えた。
17世紀、18世紀の市民戦争では、城主が議会側についたため、城は戦火を逃れたとある。

リーズ城の地図。
リーズ城地図

地図中の⑪の場所。
昔の遺構らしい。虎口みたいな建造物だったのだろうか。
リーズ城 001-1

城側から城外側へ。虎口の中といってよいのか。
リーズ城 001-2

虎口の中から城外側を望む。
リーズ城 001-3

城外から見た虎口。
リーズ城 001-4

地図中の⑨の場所。
城の正門。
日本流にいうと大手門だろうか。
リーズ城 002

西側から見た城。
リーズ城 003-1

同じく。
大手門の部分である。
これが二の丸に相当すると思われる。
リーズ城 003-2

地図中の⑦の場所。
左側から本丸に相当する部分、二の丸に相当する部分。
工事中なので、本丸と二の丸の境がわかりづらい。
リーズ城 003-3

同じく。
リーズ城 003-4

同じく。
リーズ城 003-5
城郭シリーズ第262弾『リーズ城(その2)』に続く。

関連記事
グーグルマップ上で見る日本の城郭

参考
世界の美しいお城世界の美しいお城
(2012/07)
学研パブリッシング

商品詳細を見る


百名城以外の城・砲台跡のインデックス
百名城以外インデックス

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
スポンサーサイト

コメント

向こうでも城巡りをされてるんですか!
石の文化だからか、城壁がしっかり残っているのがうらやましいですね
  • 2014-12-21 00:47
  • URL
  • 以蔵 #-
  • Edit

Re: タイトルなし

どうも、おひさしぶりです。以蔵さん。

> 向こうでも城巡りをされてるんですか!
もう戻ってきましたが、あちらでも城めぐりしてましたねw

> 石の文化だからか、城壁がしっかり残っているのがうらやましいですね
そうですね。
特にイギリス人は、古い建物をすごく大事にしてますね。
修理しながらなが~く使っていく感じです。
日本人には考えられない凄まじい気の長さです。

以蔵さんのブログは、チェックさせていただいているのですが、また、伺わせていただきますm(_ _)m
ではでは
  • 2014-12-21 09:20
  • URL
  • tatsunootoshigo #-
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。