タヌキおやじの日々の生活 イギリス語学留学記(五週目)     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリス語学留学記(五週目)

イギリス語学留学記(四週目)の続き。

11月2日(日)
今日は休日。久しぶりに何もせずに一日中を過ごす。
まあ、チケットの手配をしたり、ブログを書いたり、宿題をしたりしたけど。
ダイアンさんの来客が多かった。
あの人の良い人なのか分からんが、白人の爺さんだった。
この日の夕飯はすごく良かった。毎日、こうだといいのだが。
のんびりして、一日を過ごす。
下はブロムリーの光景。
ブロムリー005

11月3日(月)
今日は新しいスケジュールテーブルでの始めての授業だ。
8:45から始まるのが週2とかありえない。
一限目、二限目とフィオの授業。何やったか忘れた。
さっさと語学学校を離れてコスフォードへの切符を受け取りにユーストンに行く。
そのあと、帰って飯を食って寝る。

11月4日(火)
一限目、二限目は、サリーの授業。
一限目は、ルッカとオーストリア人のおっさんと。いろいろと話すのに疲れた。
二限目は、リビア人とブラジル人のおっさんと。リビア人は、いいやつであった。
三限、四限目は、フィオの授業。
その後、フリーSIMが期限が迫ってるので、携帯会社の店に行って、いろいろと話をするが、英語力不足で伝わらず。
夜は結局、インターネットが使えなかった。

11月5日(水)
今日は、8時45分からの授業。朝早く眠くてたまらん。
一限、二限目は、過去形、過去進行形?の使い分け。正直、難しい。
このあと、iLab。この場で、宿題を終わらせる。
授業が終わると、飯を食って、携帯の店に行く。
今度は、うまく説明できた。携帯が使えるようになりたすかった。
この後、語学学校に戻ってiLabを解くのに専念。
多少は語学力は上がっているのか?
あんまり上がってないような気が。
切りのよいところで終わりにして帰宅。
しかし、電車を間違え、キャトフォード方面へ。
仕方がないので、歩いてホームステイ先へ。
途中、ガイフォークスデイの花火が盛んに上がっていた。
グーグルマップがあってよかった。まさに神アプリだ。
飯食って就寝。

11月6日(木)
今日も8:45始まり。眠くてたまらん。
一限、二限目とフィオの授業。特筆することはなにもなし。
さっさと帰宅して飯食って就寝。

11月7日(金)
この日は10時20分始まり。
なんか、名前も知らん小説家についての講義だった。
パワポもなく、スピーチだけなので、全くわからんかった。
しょうがなくウィキで調べてアクティビティをやる。
この人が喋るくらいの英語がわからんといかんのだろうなあと思った。
その後、飯を食って、大英図書館に行く。
本はカードが無いと見れないようだ。しかし、勉強とかはできるようなので、新聞で勉強して時間を潰す。
3時半からフィオの授業。この時間が離れているのはなんとかならんのか。
授業はあたりさわりなく終わった。なんか、自分は上達しているのかと疑心が湧いてくる。
大金払って全く上達しませんでしたでは、まったくここまで来た意味が無い。
まあ、気長にやるか。と思い直す。その後、帰宅。
帰宅したらダイアンさんがいないし、帰ってこない。
よって飯が食えない。
食べに行こうか?と考え中。
ダイアンさんが帰ってきた。
飯は作ってもらえるのだろうか。待っているところ。
その後、飯は出てきた。パスタのやつだ。
この後、就寝。

11月8日(土)
朝早く起きてコスフォードに向かう。取り敢えず、ユーストンへ。
迷わず、バージンエクスプレスに乗って、バーミンガムニューストリートへ。
途中、間違えてバーミンガムインターナショナルに降りそうになったが。
他は大丈夫だった。駅から博物館まで少々歩く。雨だったので、悲惨なことになった。
寒いし、風が強いし、たまらんわ。
博物館は、マニアにはたまらん。百式司令部偵察機。五式戦。
ただ、桜花はいたたまれなかった。
帰りも、迷うことなし。
帰りは無銭乗車が可能だったのではなかろうかと。
チケットをチェックされることが一度もなかった。
どうやら、ロンドンから地方に行くときは厳しいが、地方からロンドンに来るときは甘い模様。
そのまま帰宅。一日を終える。
参考 RAF博物館コスフォード訪問記

イギリス語学留学記(六週目)に続く。

関連記事
イギリス語学留学記(一週目)
イギリス語学留学記(二週目)
イギリス語学留学記(三週目)
イギリス語学留学記(四週目)
イギリス語学留学記(五週目)
イギリス語学留学記(六週目)
イギリス語学留学記(七週目)
イギリス語学留学記(八週目)
イギリス語学留学記(九週目)
イギリス語学留学記(十週目)
イギリス語学留学記(まとめ)

参考
イギリスの歴史が2時間でわかる本 (KAWADE夢文庫)イギリスの歴史が2時間でわかる本 (KAWADE夢文庫)
(2012/04/17)
歴史の謎を探る会

商品詳細を見る


ポチっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。