タヌキおやじの日々の生活 イギリス語学留学記(六週目)     

イギリス語学留学記(六週目)

イギリス語学留学記(五週目)の続き。

11月9日(日)
今日はどこにも行かずゆっくりする日。
ブログをかいて時間を潰す。
昼頃に昼飯を食いに行き、そのあと、散髪にいく。
外国で散髪するのは、はじめてなので、どうなるかと思ったが、思いのほか、スムーズにいった。
その後、帰ると、ダイアンさんの恋人?が来ていた。
その影響か、今日の夕飯は、ご馳走であった。
こんなんだったら毎日来てくれてもいいのに。

11月10日(月)
今日は我輩の誕生日である。
38歳の高齢となってしまった。
正真正銘のあらふぉーですよ。
朝っぱらから授業。
一限、二限、フィオの授業。授業でも、一応、祝福された。
フェイスブックでも、たくさんの人たちからおめでとうの言葉をいただいた。
ありがたいことです。
しかし、この日はなんか疲れていたので、そうそうに帰宅。
さっさと寝る。

11月11日(火)
今日は11時55分からの授業。
一限目は、サリーの授業。人数が少なかった。
トルコ人が女性、三人。日本人が二人。ロシア人、一人。中国人、二人。リビア人一人。ポルトガル人一人。
ポルトガル人と香港人とトルコ人女性と我輩でアクティビティ。
この後、トルコ人たちについて、飯を食いに行く。
なんか、食った気がしなかった。
この後も、サリーの授業。
トルコ人女性、アルゼンチン人ジョンとアクティビティ。
三限目は、フィオの授業。四限目も、フィオの授業。
これが終わったら、帰宅。
この間に、携帯のデータ通信ができなくなった。
いろいろと試してみるも、ダメであった。
一応、ダイアンさんにホームステイ先のWi-Fiを金を払って使わせてもらう。
その後、就寝。

11月12日(水)
今日は8:45からの授業。
朝は寝坊するし、出ようとしたら傘が壊れて濡れながら駅まで歩くことになるしで、厄日であった。
しかし、授業は何事もなくつつがなく過ごすことができた。
何事も平和が一番だ。
その後、飯を食い、携帯のデータ通信がなぜかできなくなっていたので、携帯の店舗に乗りこむ。
あそこの店員さんに英語ができる人とこいと言われる。
勘弁してくれという感じだ。
仕方がないので、自動販売機でフリーSIMを買うべく、ヒースロー空港へ。
ヒースロー空港に着いてSIMを買って装着しようとしたら、データ通信が復活していた。
間抜けなこと極まりない。まあ、このSIMは、最後の二週間に使うとするか。
やれやれというかんじである。長い時間かけて帰宅。

11月13日(木)
今日は8:45から一限、二限、フィオの授業。
大過なく過ごし、昼飯を食い、大英帝国博物館に行ってみる。
前回は、みんなで来て、あまり見れなかったので、じっくり見たいものを見るためだ。
エトルリアの発掘物の展示が興味深かった。
また、日本、中国、韓国の展示エリアには初めて行った。
日本のエリアでは、日本家屋と甲冑の前に人が集まっていた。
やはり、そこらへんが、欧米人の興味が集まるところなのであろう。
それから、ヒエログリフをモチーフにしたマグカップを購入して帰宅。
参考 大英博物館訪問記

11月14日(金)
今日は、10:20から一般教養みたいな授業。
英語学習法についての講義であった。
さっぱりわからんかった。わからないと、へこむ。
今日は、チャーリングクロス駅のミートパイ屋の店員に怪訝な顔をされるし、昼飯を買ったところで、いろいろと言われるし、凹んでばかりであった。
この退屈な授業を終えると、大英博物館でボケーっと時間を過ごす。
その後、3:30からフィオの授業。
ここでも、フィオの話がわからず、凹む。
一体、自分は少しでも上達しているのかと。
今日は韓国人女性スーの最後の日で有った。
仲が良かった友達が一人一人いなくなっていく。
まあ、気を変えなきゃなあ。
その後、グローブパークス行きの電車に乗り遅れ、右往左往する。
なんとか帰宅。

11月15日(土)
今日は休日。朝遅くに起き、飯を食って、部屋の掃除をする。
その後、いろいろと小作業をやって、一通り終わったので、外出。
取り敢えず、セントポール寺院を目指す。
セントポール大寺院は、でかい。
さすがに、ロンドンを代表する寺院だけある。
参考 セントポール大聖堂訪問記

次にラーメンを食べにピカデリーサーカスに。
久しぶりのラーメンはうまかった。
しかし、店を探すのに苦労した。
次にウエストミンスター大寺院。
ウェストミンスター寺院001
そして、ウェストミンスター宮殿。
ウェストミンスター宮殿002
ウェストミンスター宮殿001
ウエストミンスター宮殿の夜景を撮影した後、ウォータールー駅で来週のボービントン博物館行きのチケットを受け取りに。
少々迷ったが、まあ概ねスムーズにいった。
ロンドンに一ヶ月いるとこういうことは慣れるなあ。
そして、ウォータールーイーストから帰宅。
一ヶ月前は探せなかったイーストが簡単に見つかった。
まあ、これも慣れだろうなあ。

イギリス語学留学記(七週目)に続く。

関連記事
イギリス語学留学記(一週目)
イギリス語学留学記(二週目)
イギリス語学留学記(三週目)
イギリス語学留学記(四週目)
イギリス語学留学記(五週目)
イギリス語学留学記(六週目)
イギリス語学留学記(七週目)
イギリス語学留学記(八週目)
イギリス語学留学記(九週目)
イギリス語学留学記(十週目)
イギリス語学留学記(まとめ)

参考
イギリスの歴史が2時間でわかる本 (KAWADE夢文庫)イギリスの歴史が2時間でわかる本 (KAWADE夢文庫)
(2012/04/17)
歴史の謎を探る会

商品詳細を見る


ポチっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR