タヌキおやじの日々の生活 イギリス語学留学記(八週目)     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリス語学留学記(八週目)

イギリス語学留学記(七週目)の続き。

11月23日(日)
今日はゆっくりする日。朝からブログ、勉強、掃除で過ごす。
昼飯は例によって通りのファーストフード店。
あと、シャンプーを買った。
帰ってくると、ダイアンのボーイフレンドが来ていた。
よる飯食って、今日は終わり。

11月24日(月)
今日は午後の一限だけである。
朝は勉強とブログに勤しむ。
昼に学校に向かう。
セインズベリーで例のパスティを購入。あれは、handcrimped steak pastyというらしい。
三時半から授業が始まる。
ベトナム人のウィンデイは来なかった。
隣には、ペルー人のオマールが座る。彼と歓談。
なかなかスペイン語を話す人々とは発音が違いすぎるようだ。
授業は、今日はなんとかという感じだ。
授業が終わると皆さっさと帰ってしまった。
前のクラスとはかなり勝手が違う。
iLabは行かずに帰宅。

11月25日(火)
今日は朝早くからの授業。一限二限とアレクシスの授業。
例によってテンポのはやい授業だ。一限はiLabで、アセスメントテスト。
結構、難しかった。ほとんどできなかったと思う。
二限は、動詞と助詞の授業。これも、なかなか難しい。
三限は、サリーの授業。
日本人男性YM氏とはじめて話す。
彼は日本大手企業の子会社から来たとのこと。
今日は、スーツであった。なんでも、会社の用事があったと。
グループは日本人女性、トルコ人女性ゼネップ、イタリア人男性、アンドレア。
フェイスブックでゼネップと友達になる。
四限目もサリーの授業。
イタリア人とのアクティビティ。メニーイタリアンだ。
これが終わると、YM氏から誘われて軽くカフェで談笑。
いろいろと話す。
そのあと、語学学校に戻ってiLab。
しかし、あまりできず、帰宅。
飯の時に、ダイアンさんと少し話した。
主に買い物について聞いてみた。
セインズベリーローカルとセインズベリーの違いとか、ローカルは各地域に展開しているらしい。
大きな店と小さな店では小さな店のほうが断然値段が高いらしい。
ロンドンの物価は高いというと、昼食はサンドイッチ程度にして、買い物はロンドンではしないようにしろと。
また、お土産に何が良いと聞くと、カップがいいと言っていた。
その後、勉強してシャワー浴びて寝る。メチャクチャ寒かった。

11月26日(水)
今日は一限はiLab。二限は教養みたいなの。
今回は、ワイルドライフを追い求めているイギリス人の話だった。
ペンギンの生態のビデオを撮ったり、オラウータンとかいろいろ。
二限の後は、空き時間があり、例によって博物館で時間を潰し、三限目は、アレクシスの授業。
動詞と助詞の組み合わせについて。これも覚えなきゃどうしようもない。
四限目は、プログレステストの結果が貼り出された。
わけが分からんことに、我が輩の結果は一番か二番であった。
授業についていけてないというのに、ペーパーテストの結果は他の連中よりよいと。
これも、いかに受験勉強の内容が本当の実力につながってないということなんだろうなあ。
まあ、疲れ果てて帰宅。

11月27日(木)
今日は午後からの授業なので、遅くまで寝てしまった。
取り敢えず宿題をやって外に出る。
ラッセルスクエアまで行ってセインズベリーで飯を買って公園で食べて、学校へ行く。
一限目は、例の動詞と助詞の組み合わせで、二限目は、ディスカッションだった。
ジョージ オーウェルの1984を題材にして、監視社会とプライバシーについて語り合えと。
まあ、現代社会において永久に解決しそうもない問題だ。
終わって帰宅。
少し、HN嬢と話し、セインズベリーでは、一度授業で一緒になった日本人の別の女の子と出くわしたので、少し話した。
その後、家に到着。

11月28日(金)
今日は朝早くからの授業。一限、二限と大禍なく過ごす。
今日はトルコ人アフメドが最後だった。
イスラム人男性とある程度一緒にいるのははじめてだったが、かたさを感じる男だった。
人生の中で最も印象的な男であることは間違いない。
その後、日本料理店WAGAMAMAでカツカレーを食った。
ありえない名前の店だ。
まあ、日本のとは違うものの、まあ、良いのかなあと。その後、帰宅。

11月29日(土)
今日は10時に起きてしまった。ボケーっと12時まで過ごす。
まあ、こういう時間も必要だろう。12時半になって外出。
取り敢えずラッセルスクエアを目指す。
このときだと思うが、ラッセルスクエアで馬車を見た。
ラッセルスクエア
セインズベリーで飯を買って公園で食べてサウスケンジントンを目指す。
まず、サイエンス博物館に入る。さすがに、ワットの蒸気機関関係の展示は充実している。
次にビクトリア&アルバート博物館にはいる。
こちらは、少し見ただけで、閉館時間が来てしまった。
また、来なくてはならないだろう。それから、帰宅。
参考 ロンドン科学博物館訪問記

イギリス語学留学記(九週目)に続く。

関連記事
イギリス語学留学記(一週目)
イギリス語学留学記(二週目)
イギリス語学留学記(三週目)
イギリス語学留学記(四週目)
イギリス語学留学記(五週目)
イギリス語学留学記(六週目)
イギリス語学留学記(七週目)
イギリス語学留学記(八週目)
イギリス語学留学記(九週目)
イギリス語学留学記(十週目)
イギリス語学留学記(まとめ)

参考
イギリスの歴史が2時間でわかる本 (KAWADE夢文庫)イギリスの歴史が2時間でわかる本 (KAWADE夢文庫)
(2012/04/17)
歴史の謎を探る会

商品詳細を見る


ポチっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。