タヌキおやじの日々の生活 城郭シリーズ第273弾『臼杵城(その2)』     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城郭シリーズ第273弾『臼杵城(その2)』

城郭シリーズ第272弾『臼杵城(その1)』の続き。

地図中の⑤の場所。
会所櫓跡。
臼杵城005

地図中の⑥の場所。
南蛮船と火縄銃と大友宗麟のレリーフ。
臼杵城006-1

フランキ砲。
島津が攻めてきたときはこいつが火を噴いて城を守ったと。
臼杵城006-2

地図中の⑦の場所。
二の丸と本丸を隔てる空堀。
南側。
臼杵城007-1

同じく。
臼杵城007-2

北側の空堀。
一番向こう側のは天守台。
臼杵城007-3

地図中の⑧の場所。
天守台。
いささか勾配が緩いように感じるが、崩れたのを積み直したからであろうか。
臼杵城008-1

かつてはこうであったと。。。
臼杵城008-2

地図中の⑨の場所。
卯寅口門脇櫓(現存建築)。
臼杵城009-1

同じく。
臼杵城009-2
この後、佐伯城に向かう。

感想
まわりが崖になっているので、崩れないようにコンクリートで固めてあって情緒が失われているのだが、これは仕方がないだろうなあと思った。
しかし、現存する櫓二基は、貴重だし、宗麟が築城した城ということで百名城ではないものの大分府内城より歴史的には価値のある城なのではなかろうかとも思った。
正直言って吾輩は、府内城よりこちらの方が好きである。
昔はポルトガル人やスペイン人などがこの辺に来ていたのだろうか。
大友宗麟ゆかりの城ということで、臼杵市のみなさまには、大事にしてほしいと思う。

関連記事
城郭シリーズ第272弾『臼杵城(その1)』
城郭シリーズ第273弾『臼杵城(その2)』
グーグルマップ上で見る日本の城郭

参考
日本名城紀行 九州 沖縄 福岡城 小倉城 岡城 臼杵城 名護屋城 唐津城 熊本城 首里城 KVD-3308 [DVD]日本名城紀行 九州 沖縄 福岡城 小倉城 岡城 臼杵城 名護屋城 唐津城 熊本城 首里城 KVD-3308 [DVD]
(2014/04/25)
不明

商品詳細を見る


百名城以外の城・砲台跡のインデックス
百名城以外インデックス

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。