タヌキおやじの日々の生活 伊坂幸太郎「アヒルと鴨のコインロッカー」を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊坂幸太郎「アヒルと鴨のコインロッカー」を読破!!

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)
(2006/12/21)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


最近、戦争物を読むことが多かったので、バランスを取るために伊坂幸太郎を読むことにしたのだった。
本屋で、一番読みやすそうな感じだった「アヒルと鴨のコインロッカー」である。
導入は、軽快な感じであったが、最後は、かなりダークである。
伊坂幸太郎作品に共通することだけど、あまり考えさせられる内容ではない。
これも共通するんだけど、あり得ない状況というのが書かれている。
また、これも共通するんだけど、主人公は、そこらへんの常識人で、変わった隣人などによって事件に巻き込まれるというストーリーを展開する。

ともあれ、あらすじはというと、
大学入学のために引っ越してきた主人公、「僕(椎名)」は、アパートで「河崎」と出会う。
「河崎」は、「一緒に本屋を襲わないか」と持ちかけてくる。
その目的は、一冊の広辞苑。
はじめは、断るものの成り行きから共犯をすることとなる。
それと並行して、その二年前の河崎と河崎の元恋人「琴美」とブータン人「ドルジ」の三人のストーリーが進んでいく。
というものである。

「終末のフール」は、そこそこ面白かったけど、これはいまいちな様な気がする。
フラットすぎるような気がするのだ。
しかし、話題作りのためには、読んでみてもいいかもしれない。

自分の評価
★★☆☆☆40点

関連記事
みるくうよむ
書評の間
スティルツキン

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。