タヌキおやじの日々の生活 中冨信夫「NASA極超音速機の挑戦」を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中冨信夫「NASA極超音速機の挑戦」を読破!!

NASA極超音速機の挑戦 (講談社プラスアルファ文庫)NASA極超音速機の挑戦 (講談社プラスアルファ文庫)
(2003/02)
中冨 信夫

商品詳細を見る


アメリカの超音速実験機というと、世界で初めて音速を超えたチャック・イェーガーが搭乗したX-1が有名であろうか。
しかし、本書では、なぜかX-1はほとんど登場せず、半分くらいが、X-15に割かれている。
我輩は、本書を読んではじめてX-15極超音速実験機というのを知った。
まあ、ロケット技術とかジェットエンジンの技術が花開いて、次々に最高速度が塗り替えられていった時代の機体である。

内容の紹介(カバー裏面より引用)
『1958年9月、NASA(米航空宇宙局)が主導する極超音速・高高度研究実験の初号機、X-15型1号機が完成した。
目標は高度6万メートルでマッハ7、最大到達高度は8万メートル以上。
12人のテスト・パイロットたちによる200回にもおよぶ飛行実験が繰り返される。
度重なるトラブル、改良、克服、そして記録更新。
男たちの飽くなき挑戦は続く・・・・。
NASA-X機シリーズの雄であるX-15型ロケット機の全貌を決定版スタイルで一挙に解説する。』

目次
第1章 カラーで見るNASA超音速飛行への挑戦
第2章 X-15、史上最強の超音速機
第3章 ポストX-15計画
第4章 アメリカの初期の超音速輸送機
第5章 新たなるNASAの挑戦
第6章 日本の次世代超音速輸送機

B-29が飛んでいたのが、高度1万メートルだから、X-15はその8倍以上の高度を飛んでいたわけである。
隔世の感がある。
それに最高速度はマッハ7。
マッハ1が1,224 km/hなので、マッハ7は8,5000km/hくらいになるのか。
地球の円周は、40,075kmなので、30分で地球一周できてしまうような速さである。
まあ、その最高速度を出せるのは、一瞬だけみたいだが。。。
F-1グランプリにしろなんにせよそうだが、速さを競うというのは、古来から男の血をたぎらせることなのである。
そんなわけで、アメリカ、NASAも国家の威信をかけて、速度記録に挑んでいたわけだ。
まあ、マッハの世界に挑み続けた男たちの熱いドラマが書かれた本かと思う。

自分の評価
★★★☆☆55点

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。