タヌキおやじの日々の生活 Ark Performance「機動戦士ガンダムMSV-R ジョニー・ライデンの帰還(10)」     

Ark Performance「機動戦士ガンダムMSV-R ジョニー・ライデンの帰還(10)」



ジョニー・ライデンの帰還の10巻です。

一話目に出てくる新機体は、とくになし。
ジョニー・ライデンの記憶らしきものがバイオセンサーとサイコミュのはたらきによって呼び覚まされます。
その記憶によると、一年戦争の最後には、キマイラ部隊内部での内紛があり、ヒュー大佐とジョニーの対立があった模様。
ユーマは、ヒュー大佐の命令でジョニーと戦うことになったようです。
謎が明らかになりつつも、新たに謎が出てくるというこの漫画のいつもの流れですかね。
興味ぶかいのは、ヒュー大佐の黒いゲルググ。
ヒュー大佐専用機なのでしょうか。

二話目は、ユーコンクラス。
ガンダムシリーズでは有名な潜水艦です。
ジオン潜水艦の特殊戦部隊というのがでてきます。
なにやら変わった風貌のザクと思われる機体が出てきます。

三話目は、MSM-07Nラムズゴック。
従来のズゴックは、対艦攻撃をクローでする場合に、クローの近くにビーム砲があったために、そのビーム砲が壊れてしまうということが多発したと。。。。
そのため、改良したのが、ラムズゴックということらしい。
頭に衝角を備え付けて、クローを手ではなくて腕の側部に付けたと。。。
でも、連邦軍は、ジオン軍の潜水艦部隊をスルーして、地上兵力のみを撃破したので、あまり意味がなかったとのこと。
ジオン潜水艦特殊戦部隊の大活躍がはじまります。
テミスのラムズゴックと特殊戦部隊のザクみたいなMSがこれから戦闘に入るところでしょうか。

四話目は、特になし。
レッドとイングリッドの交戦が終わり、テミスによるサングレ・アスルの打ち上げが開始されようとします。

五話目は、特になし。
サングレ・アスルの打上げを阻止するために、レッドとヴァースキ(ヤザン)は手を組むことに。

感想
ガンダムシリーズのMSをもうちょっと見たいと思うものの、そうたくさんは出てこないであろうなあとがっかりはしますね。
始めに出てきたフルアーマーガンダムを登場させてほしいところですね。
まあ、設定的に無理かな。

自分の評価
★★★★☆75点

次巻の記事 ジョニー・ライデンの帰還(12)
前巻の記事 ジョニー・ライデンの帰還(9)
1巻の記事 ジョニー・ライデンの帰還(1)

ポチっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR