タヌキおやじの日々の生活 城郭シリーズ第279弾『鳥取城(その1)』     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城郭シリーズ第279弾『鳥取城(その1)』

山陰百名城巡りをしてきた。
鳥取から萩に至るまでの百名城をのきなみ攻略。
梅雨の季節ということで雨に悩まされながらも決行。
3泊4日、強行軍であった。
はじめに鳥取城。

鳥取城とは、鳥取県鳥取市(旧・因幡国邑美郡)にあった梯郭式平山城および山城。
別名、久松城、久松山城。

歴史(ウィキより引用)
戦国時代中頃に因幡山名氏の山名誠通または但馬山名氏が築城する。
武田高信は誠通の滅亡後、永禄年間には鳥取城を拠点とした。
守護家に対して優勢になった高信は天神山城を攻撃し、名目上の守護・山名豊弘を擁立し下剋上を果たした。
高信はその後も主筋である山名豊国としばしば対立し、安芸の毛利氏と誼を通じるようになる。
1573年に、山中幸盛ら尼子残党と結んだ豊国の攻撃を受け、高信は和議を結び城を明け渡す。
しかし、同年に、吉川元春に攻められ豊国は降伏、毛利豊元が城主となった。
1574年に、再度尼子氏残党に攻められて降伏する。
1575年に、毛利氏の力が鳥取に直接及ぶようになると、尼子残党が鳥取城を退き、豊国が城主に落ち着く。
1580年に、織田方・羽柴秀吉が3か月の籠城戦の末、豊国は和議により信長へ降伏、臣従した。
しかし、同月毛利氏の来訪で再度の降伏、鳥取城は牛尾春重が城将として入った。
1581年3月に、毛利氏の重臣である吉川経家を城主に迎えた。
同年4月、因幡守護・豊国は織田氏へ密使を送るが、織田氏への内通が発覚、豊国は秀吉の下へ出奔する。
秀吉は二度目の鳥取城攻撃をすることとなる。
秀吉は兵糧攻めを実施し、陰徳太平記によると、秀吉は若狭から商船を因幡へと送り込み米を高値で買い占めさせる一方で、河川や海からの毛利勢の兵糧搬入を阻止した。
このとき城には20日分の兵糧しか用意されておらず、この作戦により瞬く間に兵糧は尽き飢餓に陥った。
城主の経家はこの凄惨たる状況に、自決と引き換えに開城した。
秀吉の与力であった宮部継潤が城代として鳥取城に入り、織田勢の山陰攻略の拠点とした。
継潤は九州征伐で功績を挙げ、因幡・但馬のうち5万石を与えられ、鳥取城を本拠として城主となった。
その後、所領は継潤の子の宮部長房が受け継いだ。
1600年に、関ヶ原の戦いで宮部家は西軍に所属し、城主の長房は因幡の外にいたので城代家老や一族の者が留守を守ったが関ヶ原での本戦終了後、東軍の亀井茲矩らに激しく攻められ開城する。
池田長吉(池田氏)が6万石で入り、池田氏によって近世城郭に改修された。
1617年に、さらに池田光政が因幡 伯耆32万5000石の大封で入府、鳥取城も大大名に相応しい規模に拡張された。
その後ふたたび、備前岡山藩に入っていた池田氏(長吉とは別系)と所領の交換が行われて池田光仲が入封、そのまま12代続いて明治維新を迎えた。

分かっているだけで、山中幸盛に2度、吉川元春に2度、豊臣秀吉に2度、と合計6度の降伏や力攻めによる落城があったそうな。
まあ、血で赤く染められた歴史を持つ城といってよいかと。。。
しかし、今では、公園となっていて、そのような感じは受けなかったが。。。

ともあれ、百名城スタンプゲット。
これで、92/100名城攻略達成。
鳥取城スタンプ

現在の鳥取城の地図。
鳥取城000-1

かつてはこうであったと。。。
鳥取城000-2

同じく古図を改訂したもの。
鳥取城000-3

現在の鳥取城山下ノ丸の地図。
鳥取城001-0

地図中の①の場所。
北ノ御門跡。
鳥取城001-1

地図中の②の場所。
鳥取城002-1
鳥取城002-2
鳥取城002-3

久松山。
頂上には山上の丸がある。
鳥取城002-4
鳥取城002-5
その2に続く。

関連記事
城郭シリーズ第279弾『鳥取城(その1)』
城郭シリーズ第280弾『鳥取城(その2)』
城郭シリーズ第281弾『鳥取城(その3)』
城郭シリーズ第282弾『鳥取城(その4)』
城郭シリーズ第283弾『鳥取城(その5)』
グーグルマップ上で見る日本の城郭

参考


日本百名城インデックス
百名城インデックスへ

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。