タヌキおやじの日々の生活 浅田次郎「お腹召しませ」を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅田次郎「お腹召しませ」を読破!!

衆議院選挙は、自民が圧倒的優勢みたいだ。
まあ、仕方がないのかなあ~

お腹召しませ (中公文庫)お腹召しませ (中公文庫)
(2008/09)
浅田 次郎

商品詳細を見る


「五郎治殿御始末」に続く浅田次郎の時代短編集だそうな。
「五郎治殿御始末」も面白かったが、これもなかなかだった。
だが、美談に仕立て上げすぎてるきらいがある。
まあ、浅田次郎の作風であろう。
人間の真理をつく作品という訳ではないような気がする。

内容(カバー裏側より引用)
『お家を守るため、妻にも娘にも「お腹召しませ」とせっつかれる高津又兵衛が、最後に下した決断は・・・。
武士の本義が薄れた幕末維新期、惑いながらもおのれを貫いた男たちの物語。
表題作ほか全六篇。
中央公論文芸賞・司馬遼太郎賞受賞。』

一編目が、表題作で「お腹召しませ」。
上記のあらすじ。
二編目が、「大手三之御門御与力様失踪事件之顛末」。
長い題名である。
つまるところ、大手三の門の警備に当たる与力が神隠しにあって失踪し、突然、気絶して返ってきた。
その謎は。。。という内容。
三編目が、「安藝守様御難事」。
芸州広島藩主浅野安芸守は、駕籠に素早く乗って閉められるという謎の訓練を施されていた。
藩主が、誰に聞いてもその訓練の目的を明かそうとはせず、安芸守の不安は募るばかりであった。
その顛末は。。。という内容。
四編目が、「女敵討」。
奥州財部藩士吉岡貞次郎は、江戸詰であったが、国元にいる妻が浮気をしたため、女敵討ちをせねばならぬはめになる。
しかし、貞次郎は、考える。自分にも落ち度があったのではないかと。。。。
妻を寂しく一人にしてしまったのではないかと。。。。
五編目が、「江戸残念考」。
慶応四年、鳥羽伏見の戦いの後の混乱の中で、浅田次郎左衛門は、戦支度を始めようとしたり、娘の許婚が帰ってきたりと慌ただしく過ごしていた。
落ち目の江戸幕府において御家人、浅田次郎左衛門の身の振り方とは。。。。
六編目が、「御鷹狩」。
御家人の子弟である檜山新吾と間宮兵九郎と坂部卯之助は、御鷹狩りと称して、夜鷹、遊女を斬りに行く。
官軍に対して何もしない大人たちに対する鬱憤を、官軍の兵たちに身を売っている遊女に向けてはらそうという魂胆であった。
そして。。。。。という内容。
江戸開城の後に、御家人の若者たちが罪もない遊女を御鷹狩りと称して夜な夜な斬ったという話に基づいて浅田次郎が書いたということである。
今、よく起こっている「ホームレス狩り」と同じようなものであろう。
浅田次郎は、美談に仕立て上げているが、おおよそ弱者を狙った卑劣な行為と言っていい。
やるなら官軍の兵隊に対してやるべきであろう。
と今さら言っても仕方がないが。。。。
薩長に負けるわけだよと言いたくなる。

ともあれ、美談に続く美談である。
読んで面白い。
が、ためにはならない。

自分の評価
★★★☆☆60点

関連記事
浅田次郎「五郎治殿御始末」を読破!!

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。