タヌキおやじの日々の生活 城郭シリーズ第296弾『萩城(その2)』     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城郭シリーズ第296弾『萩城(その2)』

城郭シリーズ第295弾『萩城(その1)』の続き。

かつての天守閣。
萩城004-2

そして今。
萩城004-3

地図中の④の場所。天守台。
萩城004-4
萩城004-5
萩城004-6
萩城004-7

そして、本丸門で入場料を払って百名城スタンプを押して本丸に入り、地図中の⑤の場所。
城壁の上に登り易くなるように階段状になっている。
萩城005

地図中の⑥の場所。天守台から見た本丸西側。
一番左手にあるのは岡崎櫓跡だと思われる。
萩城006-1

地図中の①の場所。天守台から見た本丸東側。
萩城006-2

二の丸にあった若狭毛利家屋敷の長屋門。
萩城007
この後、萩に一泊する。

感想
まあ、ある意味、関ヶ原で負けて防長二か国に押し込められたというのが、長州人の明治維新のエネルギーになっているわけである。
その関が原で負けたということの象徴ともいえる萩城。
実戦的な城ということだが、関ヶ原で負けて、いつ取り潰されても仕方ないような状況だと、そうもなるわなあと思った。
輝元は、関ヶ原の合戦の時に、ビビッて大坂城でなにもせずにいたが、その後もビビッて防備に力を入れていたわけである。

関連記事
城郭シリーズ第295弾『萩城(その1)』
城郭シリーズ第296弾『萩城(その2)』
グーグルマップ上で見る日本の城郭

参考


日本百名城インデックス
百名城インデックスへ

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。