タヌキおやじの日々の生活 吉村昭「海の史劇」を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉村昭「海の史劇」を読破!!

海の史劇 (新潮文庫)海の史劇 (新潮文庫)
(1981/05)
吉村 昭

商品詳細を見る


「陸奥爆沈」に続いて、吉村昭作品の「海の史劇」を読み終えた。
日露戦争の日本海海戦を題材にしたノンフィクション小説である。
司馬遼太郎の「坂の上の雲」と一部重複しているところもあるが、面白く読めたと思う。
「坂の上の雲」では、日清戦争から日露戦争までを秋山兄弟と正岡子規を中心にして書かれているが、「海の史劇」では、日本海海戦とその周辺に的を絞って書かれている。
特に、ロシア側の視点によるものが多いのが特徴である。
「坂の上の雲」では、バルチック艦隊(「海の史劇」では、第二太平洋艦隊)がバルチック海、大西洋、喜望峰、インド洋を経由しての日本海までの大回航についてあまり触れられてないのに対して、この小説では、非常に詳細に書かれている。
バルチック艦隊の司令部は、バルチック海、北海、大西洋において、日本海軍の水雷艇の襲撃があると本気で信じていたらしい。
後知恵で考えると、そんな能力が日本海軍にありそうもないのであるが、そのように考えた背景には、日本側の情報撹乱工作があったらしい。
戦争ともなると、心理戦とか情報戦とか色んなコトを駆使して勝とうとするんだね。
また、大回航に際しては、石炭の補給に苦労したらしい。
そりゃそうだよね、普通に考えて、バルチック海から日本海までに来るまでのエネルギー消費量ってバカにならないもの。
ともあれ、空調がない時代に、三十数隻の艦隊を率いて、7ヶ月かけて地球の半分を航海した後に、海戦をするのは一苦労であったであろうと思う。
その一方、日本海軍の勝因とかロシア海軍の敗因とかの言及はない。
そういうことは、色んな本で取り上げられているから、吉村氏は、あえて書かなかったのであろうか?
あと、小村寿太郎とウィッテによる講和会議の様子とかロシア軍の捕虜の扱いとかロシアの敗将たちの運命についても詳細に書かれている。
日本海海戦が終わった段階において、日本の国力は限界に達しつつあったものの、ロシアに知られてはいけないため、日本国民にそのことを発表できない一方、日本国民は、日本軍の連戦連勝で勝利に酔っていて、戦争継続を叫び、講和では、莫大な賠償金と広大な領土を得られると思いこんでいる。
そのよう中で、小村外相は、病気になってしまうほどに神経をすり減らして、講和会議に臨むのであった。
いわば、小村外相は、日本国民とロシアとの板挟みになるのであるが、自分を犠牲にして、国益を優先させる人物がいたことは、そのころの日本の幸運であったであろうと思う。
それと、吉村作品をずっと読み続けて思ったことだが、司馬遼太郎とか塩野七生は、小説を書く対象の人物に惚れ込んで、その人物を魅力的に書くため、読者が小説にのめり込みやすい反面、脚色が多いような気がするのだけれども、吉村昭は、あくまでも人物を客観的に書くため、読者がなかなか小説にのめり込みにくい反面、脚色が少ないような気がする。
吉村昭氏は、人間の諸行の無常を書こうとしているのかなあと思った。
ともあれ、「坂の上の雲」とは、違った視点を得られるという意味で、「坂の上の雲」を読んだ後にお薦めの一冊です。

自分の評価
★★★★☆80点

関連記事
アレクサンドリア図書館
本からの贈り物
ORYZA喫茶室
読書メーター

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

『海の史劇』 吉村昭

しばらくは去年からの流れを受けて 海の史劇 (新潮文庫)(1981/05)吉村 昭商品詳細を見る 前代未聞の大艦隊による太平洋回航をなしとげたロジェストヴェンスキー提督を中心に、日本海海戦、日露戦争を冷...
  • 2012-01-05 19:11
  • アレクサンドリア図書館

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。