タヌキおやじの日々の生活 木村英紀「ものつくり敗戦」を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木村英紀「ものつくり敗戦」を読破!!

ものつくり敗戦―「匠の呪縛」が日本を衰退させる </br>(日経プレミアシリーズ)ものつくり敗戦―「匠の呪縛」が日本を衰退させる
(日経プレミアシリーズ)

(2009/03)
木村 英紀

商品詳細を見る


電機産業、自動車産業を含むあらゆる製造業で日本がアジア勢の猛烈な追い上げ(一部は抜かれてるかもしれないけど)を喰らってる今が、日本がどういう道を行くのか国民一人一人が真剣に考えなければならない時なのは言うまでもない。

日本が不得意なのは、「理論」「システム」「ソフトウェア」だというのは、よく言われていることである。
それが現在の日本産業の停滞を招いている一因といえる。
著者は、日本人は、「匠」の技を追求するあまり、「理論」を追求するをおろそかにし、日本特有の二重構造が、「システム」化をすることを不得手としてしまったと本書で述べている。
まあ、技術課題を解決するのはいいが、それまでの過程から「理論」を導き出すことをしないと。。。。
「理論」を導き出さないから、ことなる技術課題に応用することや再現性が低い、つまり、普遍性が低い。
そして、「理論」をもろに使用するのが「ソフトウェア」であり、「システム」においてもろに使用されるのが「ソフトウェア」「理論」なのであろうと思う。
最後の方で述べられているが、「システム」化が不得意な理由として、技術文化の水平展開の不足が挙げられている。
なにも、日本において、縦割りなのは、政治や行政機関や組織だけではないのだ。
技術も縦割りであると。。。。
このことは、戦前から現在に至るまでほとんど変わっていない事実だそうである。

ともあれ、本書のあらすじはというと、
序章として、現在の日本型ものつくりの限界について、
第一章として、産業革命から現在に至るまでの科学と技術の進歩のありようについて、
第二章として、太平洋戦争における技術面における敗因について、
第三章として、戦後の日本の産業のありようについて、
第四章として、忍び寄るものつくり敗戦について、
終章として、どうすべきかについて書かれている。

著者は、工学理論が専門なので、「理論」の重要性を説くが、自分が思うに、「理論」だけでも「匠の技」だけでも駄目で、「理論」と「匠の技」があわさった形が最良なのではないかと思う。
つまりは、「理論」といっても机上の理論では駄目で、経験に裏打ちされた「理論」が必要であると思う。

「理論」「システム」「ソフトウェア」が不得意という弱点を克服する処方箋についても最後の方に書かれているが、理工系で教育を受けたものとして効果については疑問に感じる。
学問をする目的の一つに、世の中の事象の理(ことわり)を知ることが挙げられるが、現在の状況は、学問分野ごとの知識を極めることに集中していて、全学問分野に渡って通じる事象の理について知ること、つまり、各学問の土台となる教養を身につけることをおろそかにしてしまったのではないかと思う。
具体的に述べると、枝の部分に集中して、幹の部分に注意を払わないため、枝を束ねることができない。
つまり、「システム」にすることができない。
幹の部分を重要視しないということは、事象の理を探求することを重要視しないということであり、「理論」を軽んずるということではないかと思う。

今の政治の状況を見るに、こんなことを理解して、その解決策を政策にできる政治家がいるようには思われないけど、少しずつでも改善していかなければならないと思う今日この頃。
文系の人には、すこし難しいかもしれないけど、日本の未来を憂える方には、是非、読んでもらいたい一冊である。

自分の評価
★★★☆☆65点

関連記事
アゴラ
同じ本を買わないためのメモ
成毛眞ブログ

2012年7月13日改訂。

ポチっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。