タヌキおやじの日々の生活 城郭シリーズ第301弾『佐野城』     

城郭シリーズ第301弾『佐野城』

館林城に続いて、佐野城攻略。
館林から佐野に行くのに電車をすごく待った。
佐野城(さのじょう)とは、栃木県佐野市に築かれた平山城。
別名、春日岡城・春日城・姥城(うばがじょう)。

歴史
佐野氏は元々佐野の北部にある唐沢山城を拠点としていた。
1602年に、佐野氏は徳川家康の意向を受けて、唐沢山城を廃して麓に新規に佐野城を築城した。
築城途中の1607年に、城主・佐野信吉は唐沢山城から佐野城に移転して城下町も整備し始めた。
しかし、整備半ばの1614年に突如佐野氏が改易されたために、わずか14年で廃城となった。とある。
信吉むねん!!

こいつは、案内板に載っていた航空写真。
城の形式は連郭式の平山城で、南から三の丸・二の丸・本丸・北出丸と並び、各部分は堀切によって仕切られている。
佐野城 000-01

かつては、城山の周囲に水堀があったらしい。
佐野城 000-02

三ノ丸からみた二の丸の土塁。
佐野城 001-01

石碑。佐野城。
佐野城 001-03

二ノ丸と本丸の間の空堀。
構造としては臼杵城に似ているのだろうか。
佐野城 002-01
佐野城 002-03
佐野城 002-04
佐野城 002-05
佐野城 002-06

廃城時にほとんど破却されているし、そのうえ、公園化されているので往時の面影はほとんどないが、この土の中に遺構がありますよということで、石が置いてある。
佐野城 003

本丸と北出丸の間の橋。
佐野城 004-01

ここもかなり深い空堀になっている。
佐野城 004-02
佐野城 004-03

感想
この日は寒かった。半袖で凍えながら登城した。
いつもは汗だくになりながら攻城するのにこの日ばかりは汗一つかかなかった。
同じ佐野氏の城でも唐沢山城の方が見所はあると思う。
しかし、14年で取り潰しとは佐野氏、無念である。
やはり、権力者(この場合は徳川家康)には、こびへつらっておかねばならないということか。。。

関連記事
城郭シリーズ第299弾『館林城(その1)』
城郭シリーズ第167弾『唐沢山城(その1)』
グーグルマップ上で見る日本の城郭

参考

百名城以外の城・砲台跡のインデックス
百名城以外インデックス

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR