タヌキおやじの日々の生活 東野圭吾「名探偵の掟」を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東野圭吾「名探偵の掟」を読破!!

名探偵の掟 (講談社文庫)名探偵の掟 (講談社文庫)
(1999/07/15)
東野 圭吾

商品詳細を見る


昔、つまらなくて途中で読むのを挫折したのを読み返してみた。
しかし、やはりつまらなかったかな。
探偵もののパロディみたいな感じである。

あらすじ(カバー裏側より引用)
『完全密室、時刻表トリック、バラバラ死体に童謡殺人。
フーダニットからハウダニットまで、12の難事件に挑む名探偵・天下一大五郎。
すべてのトリックを鮮やかに解き明かした名探偵が辿り着いた、恐るべき「ミステリ界の謎」とは?
本格推理の様々な”お約束”を破った、業界騒然・話題満載の痛快傑作ミステリ。』

推理小説の種類を一通りの網羅しているという感じである。
内容的にはかなりふざけているが。。。。

ちなみに、フーダニットとは、英語の”Whodunit(Who had done it)”で、犯人は誰か。
ハウダニットとは、”Howdunit(How done it)”で、どうやって犯行を成し遂げたか。
それに、ホワイダニット、”Whydunit(Why done it)”、なぜ犯行に至ったか、というのもあるらしい。

はじめ、フーダニットと聞いて、何語かと思ったが、英語だったのだ。

と、本書の感想に戻るが、まあ、金田一耕介シリーズのパロディといってよいだろうと思う。
短編集なのだが、大河原警部という刑事が出てきて、間抜けさを披露したところで、お決まりのパターンで天下一大五郎探偵が登場して、事件を解決すると。。。。
しかし、大河原警部曰く、この役も大変だと。。。。
犯人を当ててはいけないのだからと。。。。

まったくもってふざけてます(笑)

目次を以下に。
プロローグ
第一章 密室宣言 トリックの王様
第二章 意外な犯人 フーダニット
第三章 屋敷を孤立させる理由 閉ざされた空間
第四章 最後の一言 ダイイングメッセージ
第五章 アリバイ宣言 時刻表トリック
第六章 『花のOL湯けむり温泉殺人事件』論 二時間ドラマ
第七章 切断の理由 バラバラ死体
第八章 トリックの正体 ???
第九章 殺すなら今 童謡殺人
第十章 アンフェアの見本 ミステリのルール
第十一章 禁句 首なし死体
第十二章 凶器の話 殺人手段
エピローグ
最後の選択 名探偵のその後

大河原警部が犯人になり、最後は、天下一探偵が犯人になりって、なんでもありって感じではないか。
いくらなんでも滅茶苦茶過ぎやしませんかね。東野さん。

自分の評価
★☆☆☆☆30点

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 小説ブログへにほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。