タヌキおやじの日々の生活 東野圭吾「悪意」を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東野圭吾「悪意」を読破!!

悪意 (講談社文庫)悪意 (講談社文庫)
(2001/01/17)
東野 圭吾

商品詳細を見る


東野圭吾の「悪意」を5日ばかりで読み終えた。
ドラマ化されて話題になった「新参者」と同じ加賀恭一郎シリーズである。
ミステリー小説の構成としては珍しく、はじめに殺人事件があって、あっさり犯人が見つかって、その動機を捜査していくという流れになっている。
いわゆる、「ハウダニット」という種類の推理小説であろう。

動機に犯人がいろいろとトリックを仕掛けているのだが、読んでてしんどかった。
真の動機を調べるために、親友だった犯人と被害者の過去を調べていくのだが、淡々とし過ぎて、物語に躍動感がないような気がする。
それに、トリックが複雑すぎるのと、無理がありすぎるように思える。
この小説、加賀恭一郎シリーズでは、おそらく一番人気がないのではなかろうか。

あらすじとしては、はじめに人気作家・日高邦彦が仕事場で殺され、それを妻の理恵と被害者の幼馴染である野々口修が発見する。
そして、すぐに野々口修が犯人であることが明らかになるのだが、野々口修は、けっして動機を語らないのであった。
加賀恭一郎は、犯人が語らない動機を捜査し始めるというものである。

全体的につまらなかったけど、加賀恭一郎が教師を辞めて、刑事になったエピソードが事件の動機と絡めて書いてあって、シリーズの中では重要な作品ではあるのかなあとも思った。
おそらく、東野圭吾ファンは、特に、加賀恭一郎シリーズファンは、読まねばならない作品であると思う。

自分の評価
★★☆☆☆40点

関連記事
日だまりで読書
よろずことのは
読書好き?
※他ブログでの本書のレビュー
東野圭吾「卒業-雪月花殺人ゲーム」を読破!!
東野圭吾「嘘をもうひとつだけ」を読破!!
東野圭吾「私が彼を殺した」を読破!!
東野圭吾「どちらかが彼女を殺した」を読破!!
※本ブログにおける加賀恭一郎シリーズのレビュー

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 小説ブログへにほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。