タヌキおやじの日々の生活 小林啓倫「ドローン・ビジネスの衝撃―小型無人飛行機が切り開く新たなマーケット」を読破!!     

小林啓倫「ドローン・ビジネスの衝撃―小型無人飛行機が切り開く新たなマーケット」を読破!!


最近、流行りのドローンビジネス。
自動運転技術などと並んで最近注目を集めている技術分野である。
まあ、技術的には、そんなに難しいわけではなくて、それをどのようにビジネスや生活などに活用するかということなのであろう。
そんなわけで、ドローンビジネスの現状とこれからの展望を書いた本である。
読みやすく、内容は浅いという感想をもった。

内容の紹介(カバーより引用)
『「ドローン」と呼ばれる小型の無人飛行機、
 中でもビジネス向けのドローンがどのように活用されつつあるのか、
 またそれによって私たちの社会がどう変わりつつあるのかを見ていくことである。
 そのためにいま研究されているドローン技術や、
 実際のドローン運用に向けた実証実験など、
 具体的な事例を紹介していく。』

目次
はじめに
第1章 なぜいま「ドローン」か
第2章 多様化するドローン活用
第3章 システムに組み込まれるドローン
第4章 ドローン・ビジネスのバリューチェーン
第5章 ドローンと規制
第6章 空飛ぶロボットとしてのドローン

アマゾンがドローンによる配達サービスを実現しようとしていて、他社も追随しているのは有名である。
日本でも離島や交通不便な過疎地域に物品を配達するときにローコストで有効であると考えられているそうだ。
また、サイの密漁を監視するためにドローンを利用したり、小学生の登校を見送るために利用したりと。。。。
他にもインフラの検査や災害時の日が状況確認のために使われたりすることが想定されている。

最近、アメリカで有名になっているサービスにウーバーというものがあるが、タクシーの配車サービスで、登録すれば、自家用車を持つ一般人でも小遣い稼ぎのためにタクシー業務を行えるそうである。
このようなビジネスをドローンを使って行えないかを著者は提案している。
また、農業、新聞配達、建設現場においても活用できると。。。
建設現場では、ドローンで、建設現場の状況を逐一確認し、情報を収集してそれに基づきながら、作業を進める。
未来の大規模な建設プロジェクトでは、建機と並んでドローンが重要な役割を果たすのかもしれない。
また、ドローンビジネスの企画、準備、運用、保守・点検、後工程について説明する。
まあ、ドローンプロバイダーというのが、ドローンやその他の装置やアプリを貸し出して、どのようにビジネスを展開するかという内容の記事である。
あとは、ドローンの規制や、免許制にすることなどについて書いている。
すでに、ドローンが墜落して人が負傷した事件も発生しており、ドローンの空の道路を作ることも検討されているそうな。
あまり、ドローンビジネスについて想定される弊害については書かれていないが、きっと監視とかにも使われるんだろうなあと推測する。
窮屈な社会にならないように適切な活用をすれば、社会を豊かにしてくれそうなドローンビジネス。
まあ、読む価値のある本かと思う。

自分の評価
★★★☆☆60点

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR