タヌキおやじの日々の生活 城郭シリーズ第326弾『首里城(その1)』     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城郭シリーズ第326弾『首里城(その1)』

那覇市に一泊して、朝飯を食べた後、ゆいモノレールで一路、首里城へ。
まあ、沖縄を代表する観光スポットといってよいだろう。

ここで、首里城の歴史のお勉強。
近年の発掘調査から最古の遺構は14世紀末のものと推定される。
三山時代には中山の城として用いられていたことが確認されている。
おそらく、13世紀末から14世紀のグスク造営期に他の沖縄の多くの城同様に成立したものと考えられる。
尚巴志が三山を統一し琉球王朝を立てると、首里城を王家の居城として用いるようになった。
それから、何度か火事で焼失し、最終的には、太平洋戦争でほぼ破壊された。
そして、近年は観光資源として再建が進んでいる。

百名城スタンプゲット。100/100名城攻略達成。
ぱっぱらぱ~ぱっぱっぱっぱ~。
ここまで4年間。
おそらく、200万円近くの大金をかけて、百名城攻略達成である。
長く遠い道のりであった。
首里城スタンプ

首里城の地図。
首里城 000

地図中の①の場所。
久慶門というらしい。立派なもんである。
首里城 001-1
首里城 001-2
首里城 001-3

これが裏側。
首里城 001-4
首里城 001-5

地図中の②の場所。
なにやらこれは現存しているものらしく、文化財に指定されていた。
よく沖縄戦の戦火を生き延びたものだ。
首里城の地下は、海軍の司令部になっていたので、相当激しい砲撃を受けたはずである。
首里城 002

地図中の③の場所。歓会門。
首里城 003-1

シーサー。
首里城 003-2

地図中の④の場所。瑞泉門。
首里城 004
その2に続く。

関連記事
城郭シリーズ第326弾『首里城(その1)』
城郭シリーズ第327弾『首里城(その2)』
グーグルマップ上で見る日本の城郭

参考


日本百名城インデックス&百名城以外のインデックス
百名城インデックスへ 百名城以外インデックス

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。