タヌキおやじの日々の生活 城郭シリーズ第335弾『滝の城(その1)』     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城郭シリーズ第335弾『滝の城(その1)』

先日、滝の城を攻略。
東所沢駅からかなり歩いた。
炎天下のもと、長距離歩いた挙句、迷いまくった。
かなりマイナーな城といってよいだろう。
埼玉県人でも相当なマニアしか知らないと思う。
マニア度から言うと、上の中ぐらいに位置するマニア度が高い城である。
しかし、遺構がよく残っているので、マニアには面白い。
また、地域の催しとして滝の城で武者行列とかやるらしく、わたしも都合がつけば行ってみたいと思った次第。

ここで、この城の説明をしよう。ウィキのぱくりであるが。。。
滝の城(たきのじょう)は、埼玉県所沢市 城に所在した平山城。
別名、本郷城。城の近くに本郷という地名が残っていた。
歴史は、、、
戦国時代には、関東管領上杉氏の家臣で武蔵国守護代 大石氏の滝山城(後に八王子城)の支城であった。
その後、大石定久の代に後北条氏の支配下となり北条氏照の支城になった。
氏照は本拠の滝山から北関東に度々出陣しており、その直線上にあたる滝の城は軍勢集結の拠点になった。
1564年の北条氏による下野への遠征の際にはこの城で陣揃(じんぞろえ)が行われたことが記録されている。
1590年、豊臣秀吉の小田原征伐の際に、豊臣方に城北側の大手方面から急襲され八王子城と共に落城、徳川家康の関東入国の領内整備の頃には廃城となったと推測されている。

まあ、上杉氏家臣の大石氏と後北条氏の城であると。。。。
滝の城の縄張り図。
滝の城 000

地図中の①の場所。
滝の城 001-01
滝の城 001-02
滝の城 001-03
滝の城 001-04
滝の城 001-05
滝の城 001-06

地図中の②の場所。
二の丸への入り口。
滝の城 002

地図中の③の場所。
二の丸から三の丸への入り口。
滝の城 003-00

二の丸と本丸との間の空堀。
滝の城 003-01
その2に続く。

関連記事
城郭シリーズ第335弾『滝の城(その1)』
城郭シリーズ第336弾『滝の城(その2)』
グーグルマップ上で見る日本の城郭

参考


日本百名城インデックス&百名城以外のインデックス
百名城インデックスへ 百名城以外インデックス

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。