タヌキおやじの日々の生活 江戸東京たてもの園(その2)     

江戸東京たてもの園(その2)

江戸東京たてもの園(その1)の続き。

これも、デ・ラランデ邸。
江戸東京たてもの園 009

旧自証院霊屋。
徳川家光の側室であるお振の方を供養するために建立された霊屋だそうな。
まあ、お墓は粗末でよいと考える管理人。
江戸東京たてもの園 009-01
江戸東京たてもの園 009-02

八王子千人同心組頭の家。
徳川幕府は、甲府から甲州街道沿いの関東への入り口の守りとして八王子千人同心というのを置いたわけである。
案内の人の話によると、はじめは250人で、これは武田の遺臣で構成され、次第に500人、1000人と拡張されたそうな。
この人たちは、半士半農で最下級の武士であった。
そして、トップ(組頭?)のみが、旗本であった。
徳川の家臣に半士半農の武士がいたというのは、ある意味、驚き。
八王子というと、江戸からすぐというイメージがあるが、意外や意外、江戸で咎められていたものが、八王子ではOKで、千人同心の末裔は、幕末に開港論を唱えたり、好き勝手やっていたらしい。
江戸東京たてもの園 010
江戸東京たてもの園 011-02

綱島家住宅。
これも農家の家である。江戸中期。
江戸東京たてもの園 011-01

奄美の高倉。高床式の倉庫だそうな。
すべて萱で覆われている。
あちらは、湿気が多いし、ネズミも多いので、このような高床になったのであろう。
江戸東京たてもの園 012

吉野家。これも農家。江戸後期だそうな。
江戸東京たてもの園 013

高橋是清邸。2・26事件の現場になったそうな。
高橋是清は、蔵相として有名であったが、いろいろと軍部の恨みを買って2・26事件で粛清されてしまったわけである。
惜しい人を亡くしたものである。
江戸東京たてもの園 014-02
江戸東京たてもの園 014-03
その3に続く。

関連記事
江戸東京たてもの園(その1)
江戸東京たてもの園(その2)
江戸東京たてもの園(その3)
江戸東京たてもの園(その4)
グーグルマップ上で見る博物館施設等

参考


諸施設のインデックス
博物館などのインデックス

ポチっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR