タヌキおやじの日々の生活 江戸東京たてもの園(その4)     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江戸東京たてもの園(その4)

江戸東京たてもの園(その3)の続き。

鍵屋(昭和の居酒屋)と子宝湯(昭和の銭湯)。
江戸東京たてもの園 022-01

松山の道後温泉がこんな感じだったな~と。。。。
夏目漱石の坊ちゃんで出てきそうです。
江戸東京たてもの園 022-03

仕立屋。明治~大正。
江戸東京たてもの園 022-04

万徳旅館。江戸~明治。
青梅街道沿いに青梅市西分町にあった旅館。
旅籠とか呼ばれていたんだろか。
まあ、宿泊人のプライバシーとかは全くなさそうです。
そういう時代だったんです。
江戸東京たてもの園 023-01

これは、休憩棟。最近の建物???
江戸東京たてもの園 024-02

右から、大和屋本店(昭和の乾物屋)、植村邸(昭和)。
大和屋本店は、港区白金台にあったそうな。
あのおしゃれな白金台に乾物屋とは。。。時代が変われば、あるものも変わるわけである。
江戸東京たてもの園 025-05

通りの光景。
江戸東京たてもの園 026-01

左から、武居三省堂(昭和の文具店)、花市生花店(昭和)。
時代です。時代。
江戸東京たてもの園 027-01

丸二商店(昭和初期の荒物屋)。
これも、今から見ると、相当、凝った趣向の家屋に見えます。
江戸東京たてもの園 027-02

都電7500形。
江戸東京たてもの園 028

感想
たてもの園、意外な面白スポットであった。
カップルで来てもよし、家族連れで来てもよし、外国の人を観光で連れていくのもよし。
しかし、小金井の辺りは、閑静な住宅街であった。
さすがに、山の手だけあって、埼玉のど田舎とは違う。
大人一人400円。
高いか安いか判断するのは、個人の裁量である。

関連記事
江戸東京たてもの園(その1)
江戸東京たてもの園(その2)
江戸東京たてもの園(その3)
江戸東京たてもの園(その4)
グーグルマップ上で見る博物館施設等

参考


諸施設のインデックス
博物館などのインデックス

ポチっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。