タヌキおやじの日々の生活 城郭シリーズ第342弾『小田城(常陸国)その4』     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城郭シリーズ第342弾『小田城(常陸国)その4』

城郭シリーズ第341弾『小田城(常陸国)その3』の続き。

地図の②の場所。庭園跡と宝篋山(ほうきょうさん)。
小田城 008-3

地図の⑥の場所。
本丸西側の土塁上から見た建物群。
小田城 009-1
小田城 009-2

南の土塁上から見た本丸の東部分。
小田城 010-1

北の土塁上から見た本丸の東部分。
小田城 010-2

庭園。
小田城 011-1
小田城 011-2

本丸内から見た北虎口と筑波山。
小田城 012

地図の⑥の場所。
建物があったところは、水路か堀で囲まれている。
小田城 013-1
小田城 013-2

感想
休憩所で休んでいたら、地元の人が声をかけてきて、城のことについていろいろと話した。
建物をもうちょっと増やしたいとのことであった。
その熱意には頭が下がる。
管理人は、門とか櫓を作った方がマニア受けしますよ。
と言ったのだが、そちらはあまり乗り気ではなかったようだ。
このおじいさんに聞いて、ここから土浦までのバスがあることを知る。
グーグルマップの経路検索にも載っていないバスである。
いまどき、グーグルマップに載っていないバスがあるとは。
まあ、関東鉄道バスなのであるが。。。
どういうことなんだろうか?教えてあげた方がいいのであろうか?
ともあれ、この城を支配していた小田氏というのは、鎌倉以来の名門であるらしい。
最後の最後で、佐竹にやられて戦国を生き延びることができなかった。
まあ、北条と佐竹に挟まれて、サバイバルするのは至難の業であろう。

関連記事
城郭シリーズ第339弾『小田城(常陸国)その1』
城郭シリーズ第340弾『小田城(常陸国)その2』
城郭シリーズ第341弾『小田城(常陸国)その3』
城郭シリーズ第342弾『小田城(常陸国)その4』
グーグルマップ上で見る日本の城郭

参考


日本百名城インデックス&百名城以外のインデックス
百名城インデックスへ 百名城以外インデックス

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。