タヌキおやじの日々の生活 朴天秀「加耶と倭―韓半島と日本列島の考古学」を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朴天秀「加耶と倭―韓半島と日本列島の考古学」を読破!!



どうも過去の日本の植民地支配の歴史からか、議論が少ない古代の任那日本府についての歴史論争について書かれた韓国人学者による著作である。
魏志倭人伝には、邪馬台国など3世紀の日本の記述があり、宋国倭国伝には、倭の五王など5世紀の日本の記述があるが、4世紀は中国が戦乱の最中にあって外国の様子を書物にする余裕がなかったので、正確な日本の歴史が不明であり、『空白の4世紀』と呼ばれている。
空白の4世紀の間に、大和朝廷が成立しているので、この分野の歴史学者たちは必死にこの空白を埋めようと日々研究を行っているわけである。
ただ、まったくこの間の手掛かりがないという訳ではなくて、朝鮮半島にある「好太王碑文」がその一つである。
これと、史料価値が低い日本書紀の記述をもとすると、4世紀末に日本軍が朝鮮半島に攻め入って、百済、新羅を破り、高句麗と戦い、撃退されたということがわかるわけである。
また、加耶と呼ばれる小国家群に一定の影響力を持っていたことも分かっている。
韓国の学者と日本の学者とで論争になっているのが、加耶と呼ばれる小国家群の南に日本の植民地である任那日本府があったかどうかということであるようだ。

本書の内容(カバーより引用)
『・新たな古代韓日交渉史へ
 ・金官加耶と倭
 ・大伽耶と倭
 ・倭人の役割は何か
 ・なぜ倭人の前方後円墳が造られたのか
 ・日本列島の新羅文物
 ・古代韓日交渉をどう見るか』

目次
第一章 古代韓日交渉史を見なおす
 1 古代の韓日交渉史への問題提起 2 古代韓日交渉史研究の新しい地平 3 新たな古代韓日交渉史へ
第二章 加耶と倭―――古代韓日交渉の始まり
 1 金官加耶と倭 2 阿羅加耶と倭 3 小加耶と倭 4 大伽耶と倭
第三章 「任那日本府」はなかった―――百済と倭
 1 在地首長か倭人か―――栄山江流域の前方後円墳
 2 前方後円墳はいつ造られたか
 3 個々の前方後円墳の分析
 4 被葬者はだれか―――栄山江流域と九州地域の関係
 5 なぜ倭人の前方後円墳が造られたのか
第四章 藤ノ木古墳馬具の出自はどこか―――新羅と倭
 1 新羅と倭は敵対的でなかった
 2 日本列島の新羅文物
 3 新羅地域の日本列島文物
 4 頻繁な交渉はなぜ起こったか
終章 古代韓日交渉をどう見るか

当然、韓国人としては、古代に自分の国に宿敵、日本の植民地があったということが受け入れがたいわけである。
そこで、朴氏は、任那日本府は存在しなく、加耶諸国は、アドバイザー的な役割として倭人を受け入れていたとする。
そして、その証拠として、各地に点在する前方後円墳の配置とその建造の推移とその埋葬品の分析を挙げている。
当時は、どういうわけか、加耶諸国、百済、新羅も倭系の役人を抱え、その墓が前方後円墳として残っているということらしい。
また、倭の五王の一人である継体は、日本で育った加耶の王族を朝鮮に送って即位させたりしている。
まあ、要するに、白村江の戦いで敗れるまで、日本はかなりの影響力を朝鮮半島南部に対して保持していたわけである。
そこで、任那日本府という植民地というほどまでの影響力があったかどうかで日本と韓国の学者の間で論争があるわけである。
正直言って、論理の組み立てとか、証拠がどうかとかは分からなかった。
おおよそ、常識から言って、日本の軍勢があっちに駐留したり、日本の官吏があちらにいるという状況から植民地に近い状況ではなかろうかと思うのだが、論争は決定的な証拠が出てくるまで続くものと思う。
これも、邪馬台国の畿内説・九州説と同様であるなと感じた。

自分の評価
★★★☆☆55点

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。