タヌキおやじの日々の生活 城郭シリーズ第6弾『高島城』     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城郭シリーズ第6弾『高島城』

城郭シリーズ第6弾は、高島城である。
長野県諏訪市高島にあった連郭式平城で、別名、諏訪の浮城、もしくは、島崎城だそうである。

歴史はと言うと、ウィキペディアによると、中世、諏訪一帯を支配した諏訪氏は現市街地北方にある茶臼山に高島城を築いて居城としたとある。
そして、1590年に諏訪頼忠が武蔵国奈良梨に転封となり、代わって日根野高吉が、茶臼山にあった旧高島城に入城するとある。

高吉は、1592年から1598年にかけて、現在の地である諏訪湖畔の高島村に新城を築く。その際、織豊系城郭として築城し、石垣を築いて天守も上げたそうな。

1601年、日根野氏は下野国壬生藩に転封となり、譜代大名の諏訪頼水が2万7千石で入封。再び諏訪氏がこの地の領主となり明治維新まで続くこととなったそうである。

諏訪は、甲州街道と中山道の合流地点で要衝の地である。
だから、譜代大名を置くことになったんであろうと推測する。
城の規模はと言うと、2万7千石の居城らしく小さなお城である。
松本城と較べると、やはり小さい。

ともあれ、下は、復元天守閣。
高島城013_convert_20100803211204

ピンボケしてます。すいません。
高島城011_convert_20100803211042

ふもとから。
高島城012_convert_20100803211121

別の角度から。
高島城014_convert_20100803211243

大手門かな??? ちょっとわからないです。
高島城009_convert_20100803210906

同じく。
高島城010_convert_20100803211001

同じく。
高島城016_convert_20100803211325

隅櫓。
高島城007_convert_20100803210742

同じく。
高島城008_convert_20100803210823

単なる塀と石垣。
高島城003_convert_20100803210658

感想

昔は、諏訪湖の浮き城だったらしいが、現在は、干拓で、湖岸が後退してその面影はない。
長野県の御柱祭に行く機会があったら、寄ってみてもよい城であると思う。

参考
信州の城下町を歩く信州の城下町を歩く
(2009/11/01)
川崎 史郎

商品詳細を見る


ポチっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。