タヌキおやじの日々の生活 太田垣康男「機動戦士ガンダム サンダーボルト」8巻を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太田垣康男「機動戦士ガンダム サンダーボルト」8巻を読破!!



内容の紹介(カバー裏面より引用)
『「一年戦争」におけるサンダーボルト宙域での激戦を生き延びたイオ・フレミングとダリル・ローレンツ。
ふたりの宿命は翌0080年、「地球」へと持ち越された。
カルト教団「南洋同盟」に奪われた「リユース・P・デバイス」を取り戻すことが使命の「サンダーボルト作戦」で、アトラスガンダムを与えられたイオ。
一方、開発者であるカーラ教授への愛から、ジオン残党として小隊を率いてデバイス奪還を目指すダリルは、サイコ・ザクの鍵を握る傷痍軍人の町・リグへと潜入する―――。』

このシリーズが映像化されるということで、だいぶ発刊が遅れた本巻。
初代ガンダム放映から30年以上が経った今でも根強いファンが多いガンダムシリーズ。
バンダイとか関連企業にとっては、確実に売り上げが見込めるコンテンツであろう。
地球でのダリルたちの乗機は、アッガイ。
モビルフォートレス「ゾック」に搭載されたダリル小隊は、南洋同盟の基地を襲撃する。
ジオン残党の上層部は、何千もある南洋同盟の拠点を虱潰しにしようとするが、ことごとくはずれであった。
そこで、ダリルが見た光景は、民間人と南洋同盟の僧侶の凄まじいまでの殺戮であった。

また、ジオン残党上層部の腐敗なども書かれ、敗れた軍隊の残党が一枚岩ではないことがわかる。
そして、業を煮やしたダリルたちは、傷痍軍人が消える町リグに潜入を果たす。
そこで、ダリルたちが見たものは。。。。

おそらく東南アジアの町であろうリグ。
地球の文化に、ダリルらスペースノイドたちが触れるシーンが印象的である。
宗教をはじめとして、食文化に家族文化に風俗文化。。。
宇宙にまで人類の居住範囲が広がった世界では、人類が現代より多様性を広げたというような設定になっているのであろうか。
多様性が広がった一方で、食文化に風俗文化と、人間の根本である部分は変わらないと。。。。
そのような記述が所々にある。
地球の文化がサンダーボルトの地球編のひとつのキーワードであるのかと思う。

自分の評価
★★★☆☆70点

前巻の記事太田垣康男「機動戦士ガンダム サンダーボルト」7巻
初巻の記事太田垣康男「機動戦士ガンダム サンダーボルト」1巻
外伝の記事太田垣康男「機動戦士ガンダム サンダーボルト」外伝

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。