タヌキおやじの日々の生活 岡部ださく「世界の駄っ作機3」を読破!!     

岡部ださく「世界の駄っ作機3」を読破!!



今度は、日本機が追加された。

目次
序 岡部さんのこと 押井守
No.01 一芸は無芸のはじまり カーチスAT-9
No.02 長距離は届かずじまい ミコヤン・グレヴィッチMiG-5
No.03 じゃあ、俺たちってなんだったわけ? ダグラスXSB2D-1/BTD-1デストロイヤー
No.04 楕円の翼は駄作の翼 ポテ671
No.05 無理が通ればフロートが落ちる 川西E5KI高速水上偵察機「紫雲」
No.06 人の作りし運命 ヴァンス・フライングウィング
No.07 思いつきが命取り ロワール・ニューポールLN161
No.08 4カ国タライまわし ヴァルティーP-66ヴァンガード
No.09 空にはばたくクロガネの翼(でもサビだらけ) プティロフSt-2
No.10 鈍すりゃ貧す アームストロング・ホイットワースAW29
No.11 七難あって五人乗りで三方一両損 ベルXFM-1/YFM-1エアラクーダ
No.12 ジュゼッペの不慣れな商売 ベランカXSE-1/-2
No.13 素人のアカハタさ シルヴァンスキーI-220
No.14 雷鳴、轟かずじまい 中島18試局地戦闘機J5N「天雷」
No.15 「性能は契約違反もの」 シュド・ウェストSO8000ナルヴァル
No.16 「何も考えてない」からはじまる デトロイト-ロッキードYP-24
No.17 あ、目の前が暗くなる コンソリデーテッドPB-2A(P-30A)
No.18 あれもこれも、結局なにも 立川キ70
No.19 あられもない姿と飛行特性 ショートSB3
No.20 トマシェヴィッチのセンチ単位の戦闘機 トマシェヴィッチ110
No.21 ソリッドモデルじゃあるまいし 立川飛行機キ106
No.22 「震えが止まらないの・・・」 モラーヌ・ソルニエMS325
No.23 直射日光を避けてください サヴォイア・マルケッティSM85
No.24 すすめ、パイレート・・・しかし! チャンスボートF6Uパイレート
No.25 お、重い カーチスXP-31スイフト
No.26 紅でなし豚でもなし ポテ453
No.27 『ロック駄作記』 ブラックバーン・ロック
No.28 私は思い出す、傑作の後には駄作が来ると。 ヴィッカース・タイプ951~953ヴァンガード
No.29 眺めがよくなっただけ イリューシンIl-20
No.30 先の見えない状態でした バーリナー・ジョイスXFJ-1/-2
No.31 おお、見えんぞ、同志ステルスキー! コズロフPS
No.32 へにゃへにゃ空中戦艦 ブリストル・バグショット
No.33 日独ダブルス、挑戦と敗退 川崎キ5
特別編・・・1 ヴァルキリーは駄作機じゃありません。 XB-70Aヴァルキリー(前編)
特別編・・・2 ああッ、女神さまぁぁ!          XB-70Aヴァルキリー(後編)
あとがき

日本海軍は水上機の開発に熱心であった。
水上機に陸上機以上または並みの性能を持たせようとしたと。。。。
そして、無理に無理を重ねた結果、またもや駄作機が増えたと。。。。
単なる失敗作機とも言えるが。。。。
大戦後期ともなると、制空権を米軍に完全に握られてしまっていたので、海軍は、艦載の水上偵察機に高速性を要求した。
その要求のもとに、開発されたのが、紫雲であった。
だが、所詮、下駄履き機(水上機のこと)に陸上機並みの高速を要求するのが間違っているわけである。
それから、「天雷」。
こちらは、「誉」エンジンの馬力が出ずに、失敗作になった。
このケースは、いろんな試作機で見られる。
このころの日本の試作機の失敗のほとんどが、エンジンがらみだといってよいだろう。
大戦の軍用機の試作機の成否の三分の一から半分くらいがエンジンにかかっていたのではなかろうか。
連合国より数段劣るエンジンで、それ並みの性能を出すべく、日本の軍用機技術者は必死の努力をしていたと。。。
いまのロケット技術者とか宇宙探査機の科学者に通じるものがある。
現在、かれらは、限られた予算で欧米中露と伍する成果を上げようとしているわけである。
器用貧乏というのは日本という国の宿命なのかもしれない。
貧乏なら貧乏なりのやり方をすればいいのだが、良くも悪くも背伸びをしようとしてしまう。

自分の評価
★★★☆☆55点

関連記事
岡部ださく「世界の駄っ作機」
岡部ださく「世界の駄っ作機2」
岡部ださく「世界の駄っ作機3」
岡部ださく「世界の駄っ作機4」
岡部ださく「世界の駄っ作機5」
岡部ださく「世界の駄っ作機6」
岡部ださく「世界の駄っ作機7」
岡部ださく「世界の駄っ作機―番外編」
岡部ださく「世界の駄っ作機―番外編2」

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR