タヌキおやじの日々の生活 城郭シリーズ第352弾『小金城(下総国)』     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城郭シリーズ第352弾『小金城(下総国)』

千葉県の松戸に小金城攻め。
炎天下のもとの城攻めであった。
一部だけが、公園として整備されている。
所在地は、千葉県松戸市大谷口付近。

千葉氏の家老原氏の重臣であった高城氏の居城。
1537年に、高城胤吉によって築かれ、胤吉、胤辰、胤則と3代53年の居城となった。
胤吉は城建設以前には近郊の栗ケ沢城、根木内城を根拠地として構えていたが、小弓公方足利義明の進出に対抗するために大谷口に新城を築城して移った。
1560年代、古河御所を追われた古河公方足利義氏の仮御所の役目と、義氏に敵対する関東管領上杉憲政を擁立して関東へ侵攻した上杉謙信に備えて拡張が行われたものと考えられている。
実際、1566年2月には上杉方に小金城を包囲されたが、籠城して乗り切ることに成功している。
1590年の小田原征伐の際、後北条氏方の高城氏は後北条氏に従い小田原城に篭城し、豊臣氏方の浅野長政らに攻められ開城した。
その後、家康五男・武田信吉が入城するが、信吉は1592年に転封となり、小金城は1593年に廃城となった。

千葉氏の陪臣の城ってことだろうか。
とりあえず、上杉謙信の攻撃を退けたのは評価できる。
ちなみに整備されたのは、城の入り口の金森口だけである。

公園の麓にある碑。上の兜がイカシテマス。
小金城 000-01

金森口はこんな感じであったと。。。
小金城 000-02

現在の地図。上の絵とは90度、角度が異なるので気を付けて見よう。
小金城 000-03

地図中の①の場所。虎口門。
小金城 001-01
小金城 001-02

地図中の②の場所。障子堀。
障子は壊れやすいからかわからなくなっている。
小金城 002-01
小金城 002-02

地図中の③の場所。入り口であろう。
小金城 003-01

土塁が残っている。
小金城 003-02

地図中の④の場所。畝堀。
小金城 004-01

感想
金森口が大谷口歴史公園となっている。
他は、探せば遺構が分かるかもしれない。
まあ、歴史公園だけだったら、すぐに見終わるかと。。。

関連記事
グーグルマップ上で見る日本の城郭

参考


日本百名城インデックス&百名城以外のインデックス
百名城インデックスへ 百名城以外インデックス

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。