タヌキおやじの日々の生活 前間孝則「ホンダジェット―開発リーダーが語る30年の全軌跡」を読破!!     

前間孝則「ホンダジェット―開発リーダーが語る30年の全軌跡」を読破!!


序章 ホンダ航空機事業参入の衝撃
第一章 創業者精神の水脈
第二章 五里霧中の日々
第三章 ハードウェアで世界を変える
第四章 飛翔への道程
終章  グローバル時代の新次元へ

日本において、航空機メーカーが自動車メーカーになった例はたくさんあったが、自動車メーカーが航空機産業に進出したのは、ホンダが初めてであった。
最近、ホンダはビジネスジェットを販売し始めた。
80年代からホンダは地道に航空機とジェットエンジンの研究を始めていたらしい。
20~30年の研究開発期間を経てホンダジェットの販売に至った。
それなりの準備期間があったわけである。
また、それは米国において行われた。
ホンダジェットの特徴は、その構造にある。
主翼の上にジェットエンジンを配置するというのは、非常にエポックメイキングであるとのことであった。
ホンダとしては、空のシビックをイメージしていたとのことだ。
大衆車ならぬ大衆飛行機を目指したということであろうか。
しかし、管理人が考えるのは、航空機メーカーにとって難しいのは、成功を続けるということである。
三菱重工は、昔、ビジネス用双発ターボプロップ機MU-2を765機売って成功したものの、次のビジネスジェット機MU-300では、米国での不景気のあおりを受けて1800億円の赤字を出して失敗し、ビジネス機市場から全面撤退した。
ちなみに、MU-300は、その後、ビーチ・クラフト社に製造販売を移管し、ビーチジェットという名で800機が販売され、米空軍の訓練機にもなったそうである。
要するに、製品としてはよかったものの、販売の仕方が悪かったので失敗したというYS-11と同様の失敗原因が挙げられるわけである。
しかし、ホンダジェットの場合は、ホンダが米国に持っている自動車の販売網を利用したとのことであった。
ホンダの航空機産業進出が真に成功であったかどうかは次のビジネスジェット機で成功するかどうかで判断されるものと思う。
最近、日本においてめっきり少なくなったと思うイノベイティブなチャレンジであり、ぜひ引き続き航空機開発をしてもらいたいと思う。

自分の評価
★★★☆☆70点

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR