タヌキおやじの日々の生活 黒田基樹「真田昌幸―徳川、北条、上杉、羽柴と渡り合い大名にのぼりつめた戦略の全貌」を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒田基樹「真田昌幸―徳川、北条、上杉、羽柴と渡り合い大名にのぼりつめた戦略の全貌」を読破!!


目次
序章 「国衆」から「大名」へ
第一章 武田氏と北条氏の抗争
第二章 真田昌幸の沼田領経営
第三章 天正壬午の乱における真田昌幸
第四章 秀吉・家康の対立のなかの真田昌幸
第五章 秀吉への従属と「沼田領問題」の展開
第六章 「沼田領問題」の帰結と小田原合戦
終章 豊臣大名となった真田氏

管理人が尊敬する武将の一人である真田昌幸。
意外にこの人について書かれた本は少ないと思う。
その点、この本は貴重ではなかろうかと思う。
「表裏比興」の者と秀吉から言われた昌幸であるが、この人の裏切りぶりはかなりすごい。
北条・上杉・徳川に挟まれた状況では、どこかについたり離れたりしないととてもではないが、生き残りながら所領を増やせなかったのであろう。
昌幸はよく知られている通り、武田の家臣であった。
武藤氏の名跡を継いでいたところを長男と次男が長篠の合戦で戦死したので、三男の昌幸が真田家を継ぐことになったのであった。
長篠以降、武田家は衰退の一途をたどるが、その中で昌幸は一人、奮闘した感がある。
この人の戦場は上野国(現群馬県)であり、信濃国東部の戸石城から東へ東へと所領を拡大していった。
北条方の北条氏邦との間で争奪戦になったのが沼田であった。
しかし、武田勝頼としては、本来の主敵である織田・徳川方面ではなく、北条方面に有力武将である昌幸を置いて戦わせたのは致命的な戦略ミスであったとしか言いようがない。
木曾義昌にかえて、この方面を昌幸に任せて、あくまでも北条とは同盟関係を堅持していた方がよかったであろうと管理人は思う。
御館の乱については、上杉領を半分もらうくらいで、あくまでも北条と仲良くしておいた方がよかったのではなかろうかと思うのだが、後知恵と机上の空論であろうか。
昌幸は、武田滅亡後、織田家傘下に入り、本能寺の変後は、上杉、北条、徳川、再び上杉、最終的には秀吉に従属することになる。
ころころと従属先を代えているなあと思うが、ここらへんは昌幸の才覚であろう。
また、そうせざるを得なかったと。。。
長男の信幸を本多忠勝の娘である小松姫と娶わせて徳川寄りにして、次男の信繁を大谷吉継の娘と娶わせて豊臣寄りとしたのは、昌幸の知恵かもしれない。
これは、関ヶ原で真田家が生き残る理由となった。
戦闘とか細かいことは書いていないが、昌幸の全般的な戦略が理解できてよい本であると思う。

自分の評価
★★★☆☆70点

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2017-02-09 19:15
  • #
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。