タヌキおやじの日々の生活 マルコム・ヒスロップ「歴史的古城を読み解く―世界の城郭建築と要塞の謎を理解するビジュアル実用ガイド」を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルコム・ヒスロップ「歴史的古城を読み解く―世界の城郭建築と要塞の謎を理解するビジュアル実用ガイド」を読破!!



内容の紹介
『かつては城は権力の座や、富や社会的地位のシンボルとして注目を集め、国境、道路、経路、川を支配する手段だった。
本書は10~16世紀の時代に注目して、ウェールズのモット&ベイリー式城郭から日本の平城まで世界中を巡り、建築学的参考文献や観光ガイドの役割を果たしている。
本書を読めば城の歴史を紐解き、防衛および住居機能を兼ね備える巨大な建築物を、しばしば厄介な土地に建設するという困難に、中世の建築家たちがいかにして立ち向かったかが理解できるだろう。
本書ではまず城の種類、様式、材料の用語を明確に定義し、その後の各章では、石落しや濠からダンジョン(本丸)やはね橋にいたるまでの独特な建築上の特徴について、こうした解釈がどのように評価されるかを示しながら、すべての城壁に物語があるという重要な手がかりを記す。』
目次
第1章 城の基礎知識
 機能 要塞 住居 設計と建築 城の種類 破壊と再生
第2章 特徴のある特徴
 大塔 城郭 塔と小塔 城壁上 防衛 城門 外堡 居住施設 礼拝堂 牢獄 戸口とポーチ 窓と射眼 水と衛生設備 暖房設備 階段室
大体、日本の城を網羅したので、かつてより興味があったヨーロッパの城郭の本を読んでみた。
中世から大砲が登場するまでのヨーロッパの城郭について軽く説明している。
一例としてノルマン人というゲルマン人の一種族が建設した城郭でモット&ベイリー形式というものがある。
これは日本の戦国時代の城とかなり構造的に近いと思われる。
ノルマン人はノルマンコンクエストという大移動の結果、フランスの沿岸部やイギリスにこの形式の城を造って行った。
そして、このモット&ベイリーは次第に土造りからレンガ造りや石造りの強固なものに造りかえられていった。
戦国時代の城郭の一部が土塁から石垣にかわっていったのと似たようなものであろうか。
見ていると、西欧の城は日本でいう馬出しみたいな建築物を外堡という名前で建造しているが、桝形みたいな建築物はこの本からは見当たらないと判断した。
また、門自体の防御力を塔型にすることによって向上させている。
ヨーロッパの城では、吊り上げ式の橋を多用しているのも日本の城とは異なるであろう。
日本でも吊り上げ式の橋はあることはあるが少ないと感じる。
イラストがほとんどなので、ヨーロッパの城郭初心者にはわかりやすくよいと感じた。

自分の評価
★★★☆☆55点

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。