タヌキおやじの日々の生活 吉村昭「アメリカ彦蔵」を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉村昭「アメリカ彦蔵」を読破!!

アメリカ彦蔵 (新潮文庫)アメリカ彦蔵 (新潮文庫)
(2001/07)
吉村 昭

商品詳細を見る


吉村昭の「アメリカ彦蔵」を一週間くらいで読み終えた。
本屋で題名をみて、何の本か分からなかったのだが、パラパラっとページをめくってみて幕末の日本の漂流民の話らしいということで、とりあえず買ってみたのであった。
感想はというと、なかなかに面白かった。
幕末の日本人の漂流民の生き様がよく書かれていて興味深かった。

本書の主人公で、題名となっているアメリカ彦蔵とは、幕末に乗船していた船が難破し、アメリカ船に救助され、アメリカで教育を受けた後に、日本に戻ってきて、通訳・貿易商として活躍した人物である。
幼名は彦太郎で、船が難破してから彦蔵と名乗り、アメリカ名をジョセフ・ヒコと名乗り、晩年は、浜田彦蔵と名乗ったようである。
ウィキペディアにも記載がある。
ちなみに下の写真が、その浜田彦蔵氏である。
Joseph_Heco_convert_20100903210351.jpg

本書は、彦蔵を主人公としながらも、様々な幕末の日本の漂流民の生き様を書いている。
幕末ともなると、日本近海に欧米の船が出現するようになったので、難破した船の乗員が救助されることが多くなったようである。
本書では数か所しか登場しなかったが、ジョン・万次郎などは有名な一例であろう。
おそらくそれまでは、助からなかったようなケースでも、欧米船に救助されることによって、本書のようなドラマが展開されることになったようである。

面白いなと思ったのは、アメリカという国が漂流民に教育を受ける機会、大統領に会見させる機会を与えたということである。
当時の日本ではもちろん、今の日本でも、一国の元首が一介の漂流民に会見するということはほぼないのではなかろうか。
人種差別など負の部分はあるとは思うが、その点は、アメリカの長所であるのかなあと思う。

ともあれ、あらすじはというと、嘉永三年、播磨出身で十三歳の彦太郎(のちの彦蔵)は、知人の船に乗って破船・漂流する。
漂流後、アメリカ船に救助された彦蔵らは、幕府の鎖国政策により帰国することができず、やむなく渡米し、アメリカで多くの知人を得る。
そして、洗礼を受けて、アメリカに帰化する。
それから、日本が黒船来航で開国したことをきっかけに、九年ぶりに日本に帰還し、日米外交に奔走する。
そして、明治維新を迎え、日本で生涯を終えるまでが書かれている。
まさに波乱万丈の人生である。

吉村昭氏は、いろんな人物の視点で幕末と明治維新を書いているなあと思った。
前に読んだ「ふぉん・しいほるとの娘」では、シーボルトの娘で混血児であるお稲さんの視点で幕末を書いたし、「天狗争乱」では、天狗党の人々の視点で幕末を書いたし、「彰義隊」では、上野寛永寺山主・輪王寺宮能久親王の視点で幕末を書いた。
どの人も、ものすごく有名な人ではないけど、特殊な立場にいた人ばかりである。
そういうわけで、吉村作品は、様々な視点で物事を見ることの大事さを教えてくれるような気がする。

ともあれ、この本は、漂流民の幕末を知るのによい本であると思う。

自分の評価
★★★☆☆60点

関連記事
Another Morning
けやきのブログ
おおた 葉一郎のしょーと・しょーと・えっせい

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。