タヌキおやじの日々の生活 かかみがはら航空宇宙科学博物館(その9)     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かかみがはら航空宇宙科学博物館(その9)

かかみがはら航空宇宙科学博物館(その8)の続き。

三菱 ハ42-21ル 空冷エンジン。
陸軍重爆の飛龍に搭載されていたエンジンに改良を加えた試作エンジン。
キ91という開発中止に終わった四発重爆に載せる予定であった。
2300馬力というのは、当時の日本の航空エンジンでもかなりの高性能であろう。
各務ヶ原 002-01

ゼロ戦のコックピット。
各務ヶ原 002-02

飛燕のコックピット。
各務ヶ原 002-03

C-1戦術輸送機を改造したSTOL実験機 飛鳥。
これは、結局は空港の拡張によって不必要とされた。
各務ヶ原 003-02

T-2を改良した実験機。
この実験結果は、F-2の開発のために使用されたとかなんとか昔、聞いたような気がする。
各務ヶ原 004-01

F-104スターファイター。
最後の有人戦闘機といわれたが、そうはならなかった。
当時は、ミサイルの性能が飛躍的に上がっていたので、戦闘機が不要になると思われていたのである。
各務ヶ原 005-01

練習機T-1。
戦後日本が開発した初のジェット機ではなかったかと。
各務ヶ原 006-01

T-33シューティングスター。
まあ、戦闘機に乗る前の練習機である。
各務ヶ原 007-01

UF-XS実験用飛行艇。
各務ヶ原 008-01

US-1。
新明和工業の傑作飛行艇である。
二式大艇のDNAを継ぐ機体といってよいだろう。
各務ヶ原 011-02

感想
飛燕が来たのが目新しいところである。
どうやら屋上からは各務ヶ原飛行場が見れるらしいが、気づいたときは外に出ていて時すでに遅しであった。
各務ヶ原は、試作機とか試験機のための飛行場なので撮影とかはやりがいがあるであろう。

関連記事
かかみがはら航空宇宙科学博物館(その1)
かかみがはら航空宇宙科学博物館(その2)
かかみがはら航空宇宙科学博物館(その3)
かかみがはら航空宇宙科学博物館(その4)
かかみがはら航空宇宙科学博物館(その5)
かかみがはら航空宇宙科学博物館(その6)
かかみがはら航空宇宙科学博物館(その7)
かかみがはら航空宇宙科学博物館(その8)
かかみがはら航空宇宙科学博物館(その9)
グーグルマップ上で見る博物館等

参考
世界の航空博物館&航空ショー世界の航空博物館&航空ショー
(1999/05)
三野 正洋、浅井 圭介 他

商品詳細を見る


諸施設のインデックス
博物館などのインデックス
ポチっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。