タヌキおやじの日々の生活 城郭シリーズ第19弾『ルメリ・ヒサル(その2)』     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城郭シリーズ第19弾『ルメリ・ヒサル(その2)』

城郭シリーズ第18弾『ルメリ・ヒサル(その1)』の続き

地図中の⑥の搭。
北側の塔。
ドルアーガの塔みたいだ。。。。
IMG_1665.jpg

地図中の⑦の搭。
西側の搭。
IMG_1664.jpg

城壁の上からボスポラス海峡を望む。
IMG_1666.jpg

地図中の⑧の搭。
南側の塔。
IMG_1661.jpg

地図中の⑨の場所。
東側の塔。
IMG_1660.jpg

同じく。
IMG_1662.jpg

東側の塔の内部。
IMG_1670.jpg

城内側からみた東側の門。
IMG_1671.jpg

城内にあった19世紀の青銅砲。
IMG_1667.jpg

同じく。
IMG_1669.jpg

城外から見たルメリ・ヒサル。
IMG_1674.jpg

城外にあった大砲。
説明はなかったが、コンスタンティノープル攻略戦の時に使われたウルバンの大砲ではないかと推測する。
IMG_1675.jpg

感想
テオドシウスの城壁は朽ち果ててたけど、ルメリ・ヒサルは保存状態がよかった。
トルコ人は、自分たちが造った物の保存には熱心だけど、それ以外の物には熱心ではないんじゃないのかと思ってしまった。
あまり大きくはない城塞とはいえ、この城を4ヶ月で造ったということにメフメット2世の権力の強さを感じた。
イスタンブールから離れているのでここまで来る観光客はほとんどいなかった。
当然、日本人は全然いなかった。
しかし、城郭マニアには見ごたえのある城である。

前の記事
城郭シリーズ第18弾『ルメリ・ヒサル(その1)』

参考
コンスタンティノープルの陥落 (新潮文庫)コンスタンティノープルの陥落 (新潮文庫)
(1991/04)
塩野 七生

商品詳細を見る


百名城以外の城・砲台跡のインデックス
百名城以外インデックス

ポチっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメント

こんにちわ~^^
大きな城壁ですね~
上からの眺めもいいですし
中も色々と面白そうですww
日本のお城と違ったよさがありますね~(^^
  • 2010-12-18 15:53
  • URL
  • くろ #-
  • Edit

Re: タイトルなし

くろさん、コメントありがとうございます。

そうですね~。
城の規模としてはそんなに広くなかったけど、城壁が高くて登ったときは足がガクガクしました(笑)
中は、大砲がいっぱいありましたよ。
日本のお城とはだいぶ違うなあと思いました。
ほんとにドラクエの世界だなあと思いました。

ではでは、よかったらまたコメントくだされ。
  • 2010-12-18 19:06
  • URL
  • tatsunootoshigo #-
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。