タヌキおやじの日々の生活 伊坂幸太郎「ゴールデンスランバー」を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊坂幸太郎「ゴールデンスランバー」を読破!!

ゴールデンスランバー (新潮文庫)ゴールデンスランバー (新潮文庫)
(2010/11/26)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


更新が滞ってしまった。
久しぶりの伊坂幸太郎作品である。
吾輩は、まだ観てないが、映画化もされた作品である。
伊坂幸太郎作品の例にもれず、普通はありえない状況が書かれている。
感想はというと、まあまあというところかなあ。
主人公が大外刈りという柔道技を使うところがしばしば出てくるんだけど、高校・大学で柔道をやってた身としては、素人がちょっと知り合いから教えてもらったぐらいで大外刈りが決まることなんてないよなあと思ってしまった。
大外刈りとは、一見、単純で簡単そうな技に見えるが、実を言うと非常に奥が深くて難しい技である。
特に、警察官などは、ほとんどの人が柔道やってるから、警察官相手に決まることはないであろうと思った。
でも、小説だからありなのかなとも思った。

あらすじはというと、青柳雅春は、かつて、レイプされそうになったアイドルを助けたことのある宅配ドライバーであった。
そして、仙台で衆人環視の中、総理大臣が暗殺された。
かつて、アイドルを助けた英雄であった青柳は、どういうわけか仕組まれて濡れ衣を着せられ、暗殺犯として追われる身になってしまう。
そして、仙台は、警察によって厳戒態勢が取られる。
主人公、青柳はどう逃げるのかという感じである。

青柳は、逃げる上で、大学時代のもと恋人の樋口晴子にたびたび助けられるんだけど、元カノというのは、元カレが困ってたらどのぐらい助けてくれるものなのだろうかと思った。
まあ、現実としては、ほとんどが助けてくれんだろうなあ。
暗殺犯として追われていたら特にだろう。
そんな状況で青柳を全力で助ける樋口晴子のキャラクターが微笑ましく書かれている。

印象に残った言葉があって、これまた大学時代の友達の森田が青柳を逃がすときにいった言葉である。
「おまえはにげるしかねえってことだ。いいか、青柳、逃げろよ。無様な姿を晒してもいいから、とにかく逃げて、生きろ。人間、生きててなんぼだ」という言葉。

本当に、人間、生きててなんぼだと人生30余年生きてて思う。
生き恥を晒そうが、無様な姿を晒そうが、誇り高く自分らしく生きていたいなあと願う今日この頃です。
それに加えて、楽しく生きられれば最高ですな。

自分の評価
★★☆☆☆50点

関連記事
本を読む女。改訂版
活字中毒日記
書評と映画評のひろば

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。