タヌキおやじの日々の生活 恩山寺・日峰神社 (ひのみねじんじゃ)を制覇!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恩山寺・日峰神社 (ひのみねじんじゃ)を制覇!!

先週一週間の吾輩の行動。
3日(月)恩山寺に参拝。
4日(火)日峯神社に参拝。
     21:30徳島駅発の高速バスで徳島を出発
5日(水)6:00浜松町バスターミナル到着
     そのまま出勤

高速バス内ではあんまり寝れなかったので、水曜日、職場では死ぬかと思うほどの眠気と闘いながら、ただパソコンの前に座っていた。

とりあえず、恩山寺と日峯神社の記事でも書こうかと。。。。

恩山寺(おんざんじ)は、徳島県小松島市にある高野山真言宗の寺院である。
四国八十八箇所霊場第十八番札所でもある。
本尊は薬師如来である。

歴史はというと、ウィキペディアによると、寺伝によれば聖武天皇の勅願により行基が開基し、当初は大日山福生院密厳寺と号する女人禁制の道場であったという。
西暦814年(弘仁5年)、空海が本寺で修行していた際に訪問してきた母、玉依御前のために女人解禁の修法を行い迎え入れた。
玉依御前は本寺で出家・剃髪しその髪を奉納したことから、空海が自身の像を刻み現在の寺名に改めたとされる。

1573年~1592年(天正年間)に、長宗我部元親の兵火によって焼失する。
1804年~1830年(文政年間)に、徳島藩主蜂須賀氏の支援を受けて復興、現在の諸堂が建立された。

DSC_0006.jpeg

弘法大師(空海)の像。
ありがたやありがたや
DSC_0005.jpeg

山の上のお堂を仰ぎ見る。
DSC_0008.jpeg

麓のお堂。
正式名称は、不明。
DSC_0015.jpeg

庫裡。お坊様の住居だと思われる。
DSC_0014.jpeg

麓にあった建物。
DSC_0016.jpeg

中はこんな感じに。。。
DSC_0017.jpeg

本堂だと思われる。
DSC_0009.jpeg

鐘楼。
DSC_0013.jpeg

本堂に飾ってあったおそらく薬師如来の絵画。
DSC_0011.jpeg

同じく。
DSC_0012.jpeg

本堂からさらに登ったところに建立中のお堂。
DSC_0010.jpeg

以下、日峯神社。
日峯神社は、徳島県小松島市中田町西山にある神社である。
四国の東門である小松島港の北にそびえ立つ山の頂上にあり、山の高さは約160メートル、周囲は約10キロメートルあり、日峯山というそうだ。

本殿。
DSC_0022.jpeg

日峯山山頂から小松島湾を望む。
水平線の真下に見えるのが、和田島。
DSC_0024.jpeg

この一週間、寒かった。
凍死しそうなぐらいの寒さであった。

参考
四国遍路日記四国遍路日記
(2012/09/13)
種田 山頭火

商品詳細を見る


ポチっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。