タヌキおやじの日々の生活 東野圭吾「卒業」を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東野圭吾「卒業」を読破!!

卒業 (講談社文庫)卒業 (講談社文庫)
(1989/05/08)
東野 圭吾

商品詳細を見る


東野圭吾の「卒業」を再読する。
加賀恭一郎シリーズの第一作である。
これは、映像化されているかどうか分からないが、卒論を書くのに、パソコンではなくて、ペンを使っているので相当、古い作品であることは想像できる。
加賀恭一郎シリーズが好きな人は、必読であろう。

内容(カバー裏側より引用)
『七人の大学四年生が秋を迎え、就職、恋愛に忙しい季節。
ある日、祥子が自室で死んだ。
部屋は密室、自殺か、他殺か?
心やさしき大学生名探偵・加賀恭一郎は、祥子が残した日記を手掛りに死の謎を追及する。
しかし、第二の事件はさらに異常なものだった。
茶道の作法の中に秘められた殺人ゲームの真相は!?』

第二の事件は、茶道の作法である雪月花という行事の最中に起こる。
一回目に読んだ時は、雪月花に関するトリックがややこしすぎて、分からなかったが、二回目に読んだ時は、概略、理解できたと思う。
一見、ややこしく感じるが、よく読んでみると理解できないでもない。
七人のうち二人が死ぬのだが(最終的には三人が死ぬ)、基本、二つの事件は、実を言うと独立していて、ゆるく繋がり合っているという感じである。
でも、まあ、読んでいくと、仲間なんてこんなものだよなあと多少、人間不信に陥りそうになる。
最終的には、加賀恭一郎の七人の仲間のうちの三人が死ぬのだが、加賀恭一郎は、何かに祟られているのではないかと思ってしまいそうだ。
加賀恭一郎の原点がここにあると言ってよいと思う。
その後の作品では出てこない、加賀恭一郎の色恋話みたいなものが出てくる。
この人は、このような経緯があったから、この後、ずっと独身なのだなと。。。。

内容としては、そこそこ面白かったと思う。
でも、吾輩としては、もうちょっと、単純なのがいいと感じた(笑)。

自分の評価
★★★☆☆70点

関連記事
東野圭吾「嘘をもうひとつだけ」を読破!!
東野圭吾「私が彼を殺した」を読破!!
東野圭吾「悪意」を読破!!
東野圭吾「どちらかが彼女を殺した」を読破!!
※本ブログにおける加賀恭一郎シリーズのレビュー

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 小説ブログへにほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。