タヌキおやじの日々の生活 佐々木譲「警察庁から来た男」を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐々木譲「警察庁から来た男」を読破!!

警察庁から来た男 (ハルキ文庫)警察庁から来た男 (ハルキ文庫)
(2008/05/15)
佐々木 譲

商品詳細を見る


佐々木譲の「警察庁から来た男」を再読する。
再読して初めて知ったのだが、佐々木譲の道警シリーズの第二弾で、映画化された「笑う警官」の続編だそうな。
吾輩、佐々木譲の作品は、本作しか読んだことがないのだが、再読して改めて面白さが分かったような気がする。
まあ、内容はというと、名前からわかるとおり、バリバリの警察物である。
警察庁から派遣された監察官、藤川が、北海道県警内で行われている暴力団との不正癒着をあばいていくという話である。
題名の「警察庁から来た男」が藤川であるわけだ。

あらすじ(カバー裏側より引用)
『北海道警察本部に警察庁から特別監察が入った。
監察官は警察庁のキャリアである藤川警視正。
藤川は、半年前、道警の裏金問題の為に百条委員会でうたった(証言した)津久井刑事に監察の協力を要請した。
一方、札幌大通署の佐伯刑事は、ホテルで部屋荒らしの捜査を進めていた。
被害者は、すすき野の風俗営業店で死んだ男の父親だった。
大通署に再捜査の依頼の為、そのホテルに泊まっていたのだという。
佐伯は、部下の新宮と事故現場に向かうのだが・・・・・。
『笑う警官』に続く道警シリーズ第二弾!』

藤川による監査と佐伯たちによる捜査が並行して別々に行われ、最後で合流し、不正をあばくという構成になっている。
一番始めは、何が問題で何が不正なのかさっぱり分からないのだが、読んでいくうちに次第に状況が飲み込めていくようになっていると思う。
そういう意味では、出だしは低調であるかもしれない。
が、読後感は、非常によいものであった。

話は変わるが、「うたった」とは、内部告発したという意味みたいだ。
本作中で、かつて、うたった警察官の津久井は、閑職に回されていた。
実際の世界でも、昔は、内部告発は、悪とされていて、内部告発した会社員が警察によってその会社に密告されて会社にいられなくなったということもあった。
日本的な組織では、馴れ合いが多くて自浄作用がはたらきにくいという一面があるが、そういう面では最近は、変わってきたのかとも思う。

本作のキャリア、藤川は、最後で体を張って、犯罪者を確保しようとするのだが、現実の世界でもトップではそうであってほしいと思った今日この頃である。

自分の評価
★★★☆☆65点

2012年10月20日改訂。

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。