タヌキおやじの日々の生活 二式飛行艇     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二式飛行艇

実家でタンスを漁ってたら、昔の写真が出てきたのでスキャナで取り込んでみた。
10年以上前に大学生の頃に行ったお台場の船の博物館で見た二式飛行艇の写真である。

以下、ウィキペディアからの引用・改変。
二式飛行艇(にしきひこうてい)は、旧日本海軍が第二次世界大戦中に実用化した4発大型飛行艇。
初飛行は1941年(昭和16年)。
通称は二式大艇(にしきたいてい、にしきだいてい)、二式大型飛行艇とも言う。
なお、輸送型は「晴空」と呼ばれていた。
九七式飛行艇の後継機として、同じく川西航空機で生産された。

全タイプ合計167機以上生産されたうち、終戦まで生き残ったのは4機。
その中の第426号機「詫間31号機」がアメリカに引き取られて性能確認試験が実施され、圧倒的な高性能を発揮してアメリカ側を驚かせている。
その後は長らくノーフォーク海軍基地で保管されていたが、1978年6月にアメリカ海軍の経費削減で保管終了の上、「日本で引き取る」、「スクラップ」を日本側で選択することになり、その結果船の科学館にて引き取りを表明、1979年7月に日本に返還され、東京の船の科学館に長らく野外展示されていたが、2004年(平成16年)4月末からは鹿児島県鹿屋市にある海上自衛隊鹿屋航空基地資料館に保管(野外展示)されている。

機首から。
20110429_19.jpg

同じく。
20110429_21.jpg

側面から。
20110429_13.jpg

後部。銃座は、完全に塞がれているようだ。
20110429_15.jpg

側部を近くで。
20110429_16.jpg

プロペラ。火星エンジンを搭載していたと思う。
20110429_17.jpg

機首銃座。
20110429_18.jpg

案内板。
20110429_8.jpg

全体図。
20110429_9.jpg

機首から全体。
20110429_10.jpg

船の博物館の屋上から撮った写真だと思う。
20110429_11.jpg

横側から見た全体。
20110429_12.jpg

感想

お台場は、友達と行ったのだが、高級車ばかりだった。
その中で二式飛行艇は、あまり注目もされずに展示されていたような気がする。
それにしても、鹿児島に行ってしまったのは、残念である。
なにせ、写真をスキャナで取り込んだものなので、画質が悪いのは勘弁してくだされ。

参考
川西二式飛行艇 (エアロ・ディテール)川西二式飛行艇 (エアロ・ディテール)
(2003/03)
野原 茂、飯沼 一雄 他

商品詳細を見る


諸施設のインデックス
博物館などのインデックス

ポチっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメント

おお、これだ。

突然、お邪魔します。
二式飛行艇の写真が見れました。今、鹿屋にあるというのは知っているのですが、まだ見に行けずにいます。
この飛行艇、私のおじいちゃんが操縦していたものです。
小学生の頃に、訳もわからず、おじいちゃんと家族と一緒に船の科学館に行ったのこを覚えていますが、この飛行艇を見るためだったと最近知りました。
写真がみれてうれしいです。
鹿屋に、ぜひ見に行ってみたいと思います。

Re: おお、これだ。

どうも、うさぎさま。

おじいさまは、旧海軍の飛行艇乗りだったのですね。
今でもそうですが、昔はなかなか飛行機乗りになるのは難しく、おじいさまを誇りに思ってよいと思います。
この写真は、10年以上、前のものですが、お役に立ててうれしいです。
世界に一機しか残されていない二式飛行艇だそうです。
私も最近、鹿屋に二式飛行艇が移されたことを知りました。
船の博物館からはだいぶ遠いところですが、ぜひ見に行かれてください。
  • 2011-08-06 23:12
  • URL
  • tatsunootoshigo #-
  • Edit

ありがとうございます。
祖父は、海軍のパイロットでした。
その後聞いた話では、予科練の教官をし、その後川西飛行機のテストパイロットになったという話です。
終戦後は、神戸の家を引き払い、川西飛行機から偵察機(父の話では床に窓があったから、偵察機ではないか?とのこと)で長崎県諫早市の海軍の飛行場に帰ってきたとのことです。
最近、川西飛行機のことや二式飛行艇などをネットで検索していて、お邪魔してしまいました。

Re: タイトルなし

おぉ、テストパイロットを勤めるとは、おじい様は相当な腕前だったと思われます。
テストパイロットは、試作機を操縦するということで事故に遭うことも多く、かなりの腕前を必要とされるそうです。
旧日本軍の軍用機については、管理人もかなりの興味がありまして、各地に残ってるものの写真などを取ったら逐一掲載していくつもりなのでよろしければたびたび訪問してやってくだされ。
  • 2011-08-10 22:01
  • URL
  • tatsunootoshigo #-
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。