タヌキおやじの日々の生活 濱嘉之「警視庁情報官 ハニートラップ」を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

濱嘉之「警視庁情報官 ハニートラップ」を読破!!

模試を終えて帰ってきた。
あ~、しんどかった~(汗)

警視庁情報官 ハニートラップ (講談社文庫)警視庁情報官 ハニートラップ (講談社文庫)
(2011/04/15)
濱 嘉之

商品詳細を見る


前回、読んだ「警視庁情報官 シークレットオフィサー」が、なかなか面白かったので、続編ということで購入。
前作は、佐藤優氏推薦だったが、これは、名古屋市長河村たかし氏推薦であった。
「この小説の主人公みたゃあに信念を貫くべし!」とある。

前作は、警視庁内に新たに設けられた情報機関を書いたと言いながら、内容的には、国内の不正を暴くというものであった。
しかし、本作は、日本国内を舞台としたスパイ小説となっている。
警視庁内に設けられた情報機関というよりか、防諜機関といった方が正確であるような気がする。

佐々淳行氏などは、警察の公安で活躍した人として有名だけど、日本はスパイ天国と言われてるほどなので、スパイを取り締まる方も取り締まり甲斐があるであろう。

ともあれ、あらすじはというと、元警視庁情報室室長、黒田純一は、小笠原諸島に警察署長として赴任して、10か月が経っていた。
そこに、警視総監の宮本が巡視に来ることになる。
宮本は、黒田に防衛省から情報漏洩が起きていて問題になっていることを明かす。
そして、情報室を再び設置し、黒田を室長にし、情報漏洩に対して捜査を開始させる。

題名の通り、あらゆるところでハニートラップが出てくるのだが、最後には、こんなところまでに出てくるのか、というところが面白い。

ちなみに、ハニートラップとは、女性スパイが対象男性を誘惑し、性的関係を利用して懐柔するか、これを相手の弱みとして脅迫し機密情報を要求する諜報活動で、人的諜報ヒューミントの一種である。

実際に、警察の公安や内閣情報調査室にいた人が書いた小説なので、リアリティはすごくあると思う。
スパイ活動やそれに対する捜査活動の描写がものすごくリアルである。

ただ、情報漏洩先は、中国なのだが、日本人の自衛官や公安関係者が次々にハニートラップに引っ掛かっていくのを読むのは、面白くないという人もいるかもしれない。

参考記事
濱嘉之「警視庁情報官 シークレットオフィサー」を読破!!
濱嘉之「警視庁情報官 トリックスター」を読破!!
濱嘉之「警視庁情報官 ブラックドナー」を読破!!

自分の評価
★★★☆☆65点

関連記事
かじやんの徒然ラン日記
kanatomikiさんのブログ
いずみっち読書三昧

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。