タヌキおやじの日々の生活 別宮暖朗「帝国海軍の勝利と滅亡」を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別宮暖朗「帝国海軍の勝利と滅亡」を読破!!

夏らしくなってきた今日この頃。
でも、去年ほどは、暑くならないのかな?

帝国海軍の勝利と滅亡 (文春新書)帝国海軍の勝利と滅亡 (文春新書)
(2011/03)
別宮 暖朗

商品詳細を見る


書店においてあったので、なんとなく購入。
日清戦争・日露戦争時の海軍大臣・山本権兵衛と、太平洋戦争時の連合艦隊司令長官・山本五十六を比較した内容になっている。
山本権兵衛を賞賛し、山本五十六をこき下ろす内容となっている。
そのせいか、内容比率的に、山本権兵衛に割かれる割合が多くて、山本五十六に割かれる割合が少なかったような気がする。
しかし、そもそも、山本権兵衛と山本五十六とでは、役職が違うし、権限も違うし、敵国も違うし、取り巻く環境も違うし、比較対象になるのかと思った。
比較するのなら、山本権兵衛と嶋田繁太郎か、東郷平八郎と山本五十六にすべきじゃないのか?
それだと、売れないから山本権兵衛と五十六にしたのかという穿った見方をしてしまう。
それに、あまり、著者の頭の中が整理されていない印象と、論理的でない印象を受けた。

先ず、前半は、山本権兵衛について書かれている。
概ね、司馬遼太郎の「坂の上の雲」に書かれている評価と同じであったと思う。
権兵衛は、日清戦争から日露戦争にかけての日本海軍の艦隊をデザインした人であった。
速射砲を多用したこと、艦船の最高速度が統一されるように艦隊を作ったこと、正規の教育を受けていない将校を大量に整理して将校の質を向上させたことなどが評価されている。
しかし、この本には書かれていないけど、吾輩が思うに、下士官から将校になる道が閉ざされている、または、非常に限られている、下士官から将校になっても特務将校と呼ばれて一般将校とは区別される扱いだったことなどは、権兵衛の方針の結果であって、マイナス点ではなかったかと思う。
このことは、兵学校で純粋培養されたエリート将校が狭い視野で作戦指導を行うという結果になった。
また、太平洋戦争時において、熟練パイロットの下士官が経験の浅い将校に指揮されるという事態を招いた。

中盤は、英海軍のフィッシャー提督による軍事革命や第一次世界大戦後の艦艇を制限する条約について書かれ、最後の方に、申し訳程度に、山本五十六について書かれている。
あとがきで、『「二十一世紀の一番愚かな、または騒がせた軍人は誰か」と問われれば、ドイツ陸軍の参謀総長シュリーフェンと山本五十六をあげたい。日本が第一次世界大戦と第二次世界大戦に参戦した原因は、何の事件・衝突のためかといえば、答えは簡単で、ドイツのベルギー侵攻(シュリーフェン)と日本の真珠湾奇襲(山本五十六)のためであった。』と書かれている。
真珠湾奇襲をやらなかったとしたら、普通に初戦から消耗戦になったであろうと吾輩は推測する。
どっちにしろ、第二次世界大戦には参戦しているのである。
山本五十六は、軍人であって政治家ではないのであるから。
ただし、真珠湾奇襲を行ったために、無条件降伏するところまで行かざるを得なかったといえば、そうであるかもしれない。
また、著者は、日本海軍の機動部隊の陣形についても批判している。
米海軍は、対空砲火を強化すべく空母を中心に戦艦・巡洋艦・駆逐艦を配したが、日本海軍はそうではなかったと。。。。
その点は、誰もが同意するところであろう。

吾輩の考えるところからすれば、別宮氏の主張は違うのではないかと思うところが多々あったが、「坂の上の雲」を読んだ後に、もっと日本海軍について知りたいと思う人は読んでみてもいいかなという本である。
ただ、いろいろな本を読んで公平な見方をしたいところである。

自分の評価
★☆☆☆☆20点

ポチっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。