タヌキおやじの日々の生活 吉村昭「三陸海岸大津波」を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉村昭「三陸海岸大津波」を読破!!

今日は、資格試験の一次合格発表日であった。
とりあえず、一次は通った。
次は、論文か。
これを通るのに何年かかるんだろう。

三陸海岸大津波 (文春文庫)三陸海岸大津波 (文春文庫)
(2004/03/12)
吉村 昭

商品詳細を見る


題名通り、三陸海岸に押し寄せた大津波について書かれたノンフィクションである。
東日本大震災が起きて、津波とはどういうものか知りたくなったので購入。

明治二十九年の津波、昭和八年の津波、昭和三十五年のチリ地震津波の三部からなっている。明治二十九年の津波は、死者、二万六千三百六十名、倒壊家屋、九千八百七十九戸。
昭和八年の津波は、二千九百九十五名、四千八百八十五戸。
昭和三十五年の津波は、百五名、一千四百七十四戸、だそうである。
そして、昭和八年の津波の高さは、宮城県、岩手県沿岸で10~20mだそうである。

内容はというと、吉村昭が集めた資料と体験者の話を寄せ集めただけに感じた。
「関東大震災」で感じた筆の冴えが感じられない。
寄せ集めただけなので、ストーリーの流れが感じられないのだ。

しかし、東日本大震災が起きるまでもなく、過去において、津波の悲劇が繰り返されていたということはよく理解できた。

印象に残ったのは、本書の最後で出てくる早野氏の言葉。
「津波は、時世が変わってもなくならない、必ず今後も襲ってくる。
しかし、今の人たちは色々な方法で十分警戒しているから、死ぬ人はめったにないと思う」

後知恵だが、自然の猛威は、時として、人間の想定を超える。
いわゆる「想定外」というやつだ。
東日本大震災の後、この小説を読んで、人間の知恵の限界を感じてしまった。
最後に、3月11日の地震で被害に遭われた皆様に心からお見舞い申し上げます。

自分の評価
★★☆☆☆30点

関連記事
庭仕事ときどき読書
Edward's Feeler
まつの“俺ならこう書く”改め“たまにはこう書く”

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。