タヌキおやじの日々の生活 藤沢周平「密謀」上下巻を読破!!     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤沢周平「密謀」上下巻を読破!!

密謀 (上巻) (新潮文庫)密謀 (上巻) (新潮文庫)
(1985/09)
藤沢 周平

商品詳細を見る
密謀 (下) (新潮文庫 (ふ-11-13))密謀 (下巻) (新潮文庫)
(1985/09)
藤沢 周平

商品詳細を見る


藤沢周平の「密謀」を再読する。
直江兼続が主人公の歴史小説だ。
ちなみに、直江兼続(なおえ かねつぐ)とは、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将であり、上杉氏の家老。
まあ、上杉景勝の軍師、参謀的な役割を果たした人である。
上杉謙信亡き後に起こった上杉家の跡目争いである御館の乱では、景勝陣営の勝利に貢献した。
関ヶ原の合戦時における進退を誤って、120万石を20~30万石に厳封されたものの、家を保つことが非常に難しい時代に、上杉家を存続させ、明治維新まで残ることになったのはこの人の功績が大きいであろう。

何年か昔に放映された同じく直江兼続が主人公のNHK大河ドラマ「天地人」は、メロドラマっぽくて、いろいろ能書きが多くてみてられなかったけど、藤沢周平の書く直江兼続は、人間の野望など生々しいところも含めて書かれていて、非常に面白かった。
戦国時代なんて、やるかやられるかの世界だから、「天地人」の直江兼続みたいなことを言ってたら、あっというまに攻め滅ぼされておしまいだと思う。
まあ、歴史小説であるので、フィクションも多々含まれているが、大体の歴史の流れとしては、史実通りなのではないかと思われる。

内容としては、上杉家が、豊臣秀吉に従属するところから、関ヶ原の戦いが終わって、領地を減らされるところまでが書かれる。
吾輩としては、どうせなら、御館の乱から書いてほしかったという思いもある。
御館の乱は、景勝と兼続の主従が二人三脚で乗り切った初めての危機であるからだ。
景勝と兼続の二人が経験した主な戦い、事件は、御館の乱、織田軍の侵攻、関ヶ原の戦いと同時に奥州で起こした戦いではないかと思う。

NHK大河との違いは、民のためとか信義とかそのようなことにはまったく触れず、ただ、上杉家の武威を示すために、上杉家を存続させるために上杉家臣団が頑張っちゃうところである。

上杉は、豊臣秀吉の治世下においては、重要視され、徳川家康の押さえとされ、会津に転封となる。
そして、秀吉に従い続けるのだが、秀吉が没したときは、景勝と兼続は、上杉の上に覆っていた雲に晴れ間ができたような気分になったと。。。。
まあ、家康に対抗したのは、上杉は、独立独歩で行くと、上杉の上に立つものはいらないと、そういう気概であったと。。。
要するに、自分たちが、天下を取るという気があるわけでもなく、秀吉亡き後の混乱の下で領地を増やし、地方に割拠できる実力をつけ、弱い中央政権下で独立独歩でやっていくという目論見であったようだ。
後世の後知恵だが、かなり甘すぎたとしかいいようがない。

おそらく、家康が、会津を前にして反転して関ヶ原に向かったときに追撃しなかったのは、西軍と東軍の戦いが長引くと予想したからであろう。
その間に、比較的弱体な最上義光を攻めて、領土の拡大をはかろうとした。
また、これも後知恵だが、最上義光を攻めたことは、結局、上杉には、何も利することがなかった。
まあ、家康を追撃するか、会津方面に主力を置いて、家康を牽制すべきであったであろう。
そうすれば、家康は関ヶ原には行けなかったであろうから。
関ヶ原の戦いが短期間に終わったのは、上杉の戦略にも原因があると思う。

ともあれ、兼続が使う草の者(忍者)の活躍なども書かれていて、読み応えがある作品となっている。
お勧めです。

自分の評価
★★★★☆80点

関連記事
城郭シリーズ第91弾『春日山城(その1)』
城郭シリーズ第92弾『春日山城(その2)』
※言わずと知れた上杉軍の本拠地。
城郭シリーズ第89弾『新発田城(その1)』
城郭シリーズ第90弾『新発田城(その2)』
※上杉景勝に反旗を翻した新発田重家の居城。

ポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsunootoshigo

Author:tatsunootoshigo
関東育ちの三十路親父です。
今は、関東に住んでいます。
現在、日本百名城攻略中!!
座右の銘は、
「はやきこと風の如く、
 静かなること林の如し、
 攻めること火の如く、
 動かざること山の如し」。
よろしくです。
コメント、トラックバック、相互リンク、大歓迎です。

サイト内検索

日本百名城のインデックス

百名城インデックスへ

百名城以外のインデックス

百名城以外インデックス

博物館などのインデックス

博物館などのインデックス

タヌキおやじの足跡

タヌキおやじの足跡

※本ブログにおける訪問した場所の記事とグーグルマップを関連付けたホームページです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ blogram投票ボタン

広告・宣伝

whiteheights-banner3.jpg

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。